Ryntenゲスト #544 山木康世さん 後半

3月に入りました。いかがお過ごしですか?

暖かくなりました。徐々にコートが消え、分厚い装いがだんだんと薄くなっていく。。。と、そんな楽しみもありますが、一番感じるのは電車やバスの混み具合が変わってきた事。同じ数の人が乗っていても密度が薄くなってる気がします。そのあたりからも「いい季節がやってきたな。」と思います。

お便りをご紹介します。久々に〝宮城の中年ライダーさん〟から。
宮『年明けより体調を崩し、そこに腰痛がプラスされ寝ても起きても痛みと苦しみから逃れられない状況です。』
Rynten『しばらくお便りがなかったのですが、そういう事だったんですね。腰が善くなったかどうかは、分かりませんがお待ちしておりました!』
宮『早く治さねば、と気持ちだけ焦っている今日この頃です。3月の韓国ツアー、昨今の政治の情勢では不安な事がいっぱいありますが、サポートメンバーがしっかりフォローして頂けると思いますので、音楽を通して冷え切った世相に光を灯して頂ければな、と考えております。』
Rynten『世相はどうあれ、情勢がどうあれ、僕の韓国の友人たちは本当にいい人たちばかりです。個人個人に立ち返ってみれば、そういった事が頭を過ぎる余地はない程です。日本で友達同士付き合うのと全く変わりはありませんので、ご安心下さい。』

TAKさんから宮城の中年ライダーさんの腰痛に関してアンサーメールを頂いています。
T『腰が悪いとの事。お尻を鍛えて下さい。もちろん腰痛が治ってから。バイクに乗るのでお尻を鍛えると、姿勢が安定して走りが楽になりますよ。』
Rynten『という事は、TAKさんもバイクに乗られるのでしょうか?メールありがとうございました。』

■Ryntenゲスト《山木康世さん
【ゲスト:山木康世さん(元ふきのとう)】

先週に引き続き〝山木康世さん〟にお越し頂きました。前回と同じく、昨年36年ぶりにソニーからセルフプロデュースしリリースした、アルバム《黄昏のビール》から《ギターは僕の友達》を聴きながら。

倫『バリエーションを感じるアルバムです。』
山『僕は色んな事に興味がある人間。「ギター1本で人生を送ってきて勿体なかったな、ギターを隅に置いてもっとやりたい事がいっぱいあったな」と。』
倫『ギター以外の楽器もやりたかった?』
山『30歳の頃、キーボードやベースなど買い込んだけど限界を感じた。』
倫『山木さんのピアノやキーボードを弾いてる姿は想像出来ない。(笑)』

僕らの出会いは…
山『倫典と出会ったのもギターが縁。ラジオの公録で二郎さんのバックでギター弾いてた。マネージャーに「後ろの細い人と演りたい!」って言ったんだよね。ソロも始めたふきのとうの頃。』
倫『山木さんも細かった!』
山『二人ともえんぴつ(笑)。で、大阪、福岡、鹿児島とか行った。夜明けまで呑んで30代のよき思い出。』

そうなんです。あの頃は平気で明け方まで呑んでましたねえ。今はもう出来ない(苦笑)。

ここで1曲。〝黄昏のビール〟から《松浦武四郎》

山木さんは北海道出身。この〝松浦武四郎〟さんは、北海道を語る時外せない、歴史上の人物です。
山『僕ら小学生の時習った。でもこちらに来たら「誰ですかそれ?隣のおじさん?」みたいな話になってギャフンと。』
二人で(爆)

この松浦武四郎さんは、北海道の命名者。アイヌの言葉を日本語に置き換えたりした方です。例えば、〇〇別や〇〇幌という地名が多い。〝別〟というのは〝川〟という意味なんですね。

北海道では、〇〇別川というのがよく目にします。例えば〝忠別川〟や〝湧別川〟など。これは、〇〇川川と言ってる様なものだと思うんです。マウント富士山って言ってるのと同じですよね。

倫『山木さんは地元北海道を愛しているんだな、と伝わりますよね。』
山『若い時は、東京指向、中央指向、全国区指向で故郷を置き去りにしてる訳ではないけど「帰ったらいつかやろう!」と思ってても帰れない、そんな人はたくさんいる。私も東京にいるので向こうの人以上に故郷を感じてる。「ふるさとは遠きにありて思うもの」は50代60代になって初めて思う。20代30代じゃ無理。』

山木さんのそんなふるさとへの思い、亡くなったご両親への思いもアルバムに散りばめられています。

話は逸れますが、山木さんのHPに〝鯖の水煮〟のことが書かれていました。体に良いそうです。デンマーク産が美味いんだとか。

山『随分前から体に良いと聞いてて近くのコンビニに行ったら、100円前後で種類もいっぱいあった。でも日本の水煮は本当に水煮。』
倫『水っぽい?』
山『身も粉砕されて口に入れても鯖の大きな塊がない。脂っ気もない。生臭さもない。それが良いのか悪いのか?はわからない。デンマーク産を食べたら干物を食べてるくらいの味がある。』
倫『値段は?』
山『倍近い。でも買い込んだ。』

山木さんは話がとても豊富です。次から次へと話題がつきません。豆腐の話や果ては認知症の話からボケ防止策まで延々と続きました。
そして時間が。。。

最後に同じくアルバム〝黄昏のビール〟から《ウエイティングサークル》を聴きながらお別れしました。

収録を終えて。
2週に渡ってお迎えした〝山木康世さん〟。2年ぶりにお越し頂きましたが、毎度のこと話し始めたら終わらない。僕個人としても、もっと沢山の話がしたかったな、と思っています。
《黄昏ビール》名盤です。ぜひ、お耳に触れます様にオススメのアルバムに加えたいと思います。

山木さん、また遊びに来てくださいね。そして呑みましょう!

【山木康世 Live Library 2019 ~黄昏のビール~ 】
• 3月01日(金)埼玉桶川「Vein(ヴェイン)」
• 3月02日(土)栃木宇都宮「Fellows(フェローズ)」
• 3月03日(日)群馬前橋「音処きしん」
• 3月16日(土)渋谷「震災復興支援チャリティーコンサートシェアリング」@スペース・ゼロ
• 3月17日(日)東京青梅「サウンドコレクション吉澤」
• 3月21日(木)千葉柏「柏スタジオWUU」
• 3月22日(金)名古屋「ロックス栄」
• 3月23日(土)愛知春日井「カフェ・カレドニア」
• 3月24日(日)愛知豊橋市「AVANTI」
• 4月13日(土)東京練馬「江古田マーキー」昼夜二部制
• 4月21日(日)福岡「PUBLIC BAR Bassic」
• 4月23日(火)熊本「LIVE & DINING 酔ing -Swing」
• 4月24日(水)鹿児「Live HEAVEN」
• 4月25日(木)福岡広川町「韓国料理世宗(セジョン)」
• 4月27日(土)佐賀嬉野「一粒茶屋すいしゃ」
• 4月28日(日)福岡小倉「フォークビレッジ」

詳細、その他のスケジュールはこちらから
http://www.yamaki-club.com/index.html

■Ryntenダイアリ
【音茶〜少し遅れのバレンタインコンサート〜@福岡朝倉】
今年最初の〝音茶〟ライブ。思ってた以上に暖かく雨が降ったり止んだり、の空模様でしたがライブ中は雨も止んだのはよかったけど少し肌寒かったなあ。

前日に入った僕らは、いつもの居酒屋でちょっと過ぎたけど、音茶ママのお誕生会も兼ねて乾杯!

さて、ライブは。。。
オープニングはいつもの〝櫻井憲一郎さん〟と〝ザ・もー〟。

どちらも楽しいステージです。
お客さんは少なかったけど、暖かい空間でした〜。
僕のステージで、ミカちゃんに「Thanks My Dear」を歌ってもらいました。
この曲は、シンガーソングライターの〝池田聡さん〟が歌詞をつけて歌ってくれています。もちろん、CD化されています。そのカバーなんです。

打ち上げも盛り上がりました。
〝ミカちゃんショー〟がなかったのは残念だったけど、結局はミカちゃんが話題をさらってる…(笑)

マスコット犬の〝かんたろー〟も元気いっぱい。この写真は打ち上げのおすそ分けをもらって、お腹がいっぱい(苦笑)。

迷い猫の〝にゃー〟はさらに元気いっぱい。とにかく忙しく動き回ってる…。すっかり、音茶の家族の一員になってました。良かった!良かった!

東京に戻る日、福岡空港に向かう途中、やはり〝キリンビアーファーム〟に立ち寄り、「お疲れ様でした!」と乾杯。やはりここに寄らないと帰れません(笑)。

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・4月5日(金)東京「Back In Town」
 19:30スタート 料金3,780円(要1ドリンクと1フード)
 TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・4月14日(日)大阪河内長野「百年邑」
 17:00スタート 前3,500円 当4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL/FAX 0721-56-1107
http://hyakunenmura.com

・4月16日(火)長野飯田市「いろは亭」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円
 (問)同 TEL 0265-52-0168

・4月27日(土)宮崎高鍋「Dolphy」

・4月29日(祝月)福岡朝倉「音茶」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・4月30日(祝火)大分「エフサウンドカフェ」ゲストには〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一さん〟が出演!
 19:00スタート 料金3,000円(ドリンク別)
 TEL097-551-5380

・5月2日(祝木)奈良「ビバリーヒルズ」ゲストに伍々慧さんが出演します。
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク+1フード=1,000円別途)
(問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/
・5月3日(祝金)三重四日市「ガリバー」
・5月5日(日)広島「もぐらガーデン」
・5月6日(祝月)広島「ジュゲム」ギタークリニック

●韓国公演
 3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」17:00スタート
 3月17日(日)光州市『 Asia Culture Center 」17:00スタート
 ご予約はこちらから
http://cafe.naver.com/fingerstyle (for Korean)
isl2004@naver.com (for Foreigners)

●イベント出演
・フィンガーピッキングデイ〜ギターの祭典〜
 3月30日(土)神奈川横浜・赤レンガ倉庫
 12:30スタート 前3,300円 当3,500円
(問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641 平日10:00~18:00
http://moridaira.jp/posts/fpd2018-ticket-onsale

・東京ハンドクラフトフェス2019@すみだ産業会館サンライズホール
 JR錦糸町南口下車正面
 日程:5月18日(土)&19日(日)
 出演日:岡崎倫典は18日(土)17:20〜18:00を予定しています。
 料金:一日券1,300円2日間通し券2,000円 いずれも税込
https://handcraftguitar.jp

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されます。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

2 thoughts on “Ryntenゲスト #544 山木康世さん 後半”

  1.  先週、ユーチューブで音楽を聴いていた時のこと「着信音」がなり山本康世さんとの演奏がアップされたという案内が表示されました。8回視聴とありました。んん・・、すぐ確認したのにもう8回も再生されていると残念な気持ちと、ファンの中でも9番目に聴けたといううれしい気持ちと複雑な感じで拝聴しました。その日のラジオミューさんのサイマル放送で山本さんがゲストだったのでもう映像と一緒に見たよとひとりにんまりしながら拝聴しました(笑)これも、ユーチューブでいつも再生しているのでお勧めで表示されたんだと感慨深かったです。
     さて、腰痛はだいぶ良くなりました。部活でバスケをしていて体力に自信がありましたが、20代でぎっくり腰をして、それ以来数年に一度かなりきつめの腰痛が再発しています。そろそろ、中年ライダーから老年ライダーに改名するのも近づいてきました。(涙)

  2. >>TAKさんもバイクに乗られるのでしょうか?

    いやいや、せいぜいチャリンコ。ただのお節介です。
    ところで池田聡さんがカバーしているんですか。聴いてみます。以前から歌詞つけたらいけるなと思っていました。巷に流れてほしいな。YouYubeで池田さんの弾き語りの映像を見ましたが、カッコイイ。ギターうまいですね。ぜひコラボ期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です