Rynten #518 インプレッション『アレサ・フランクリン 追悼特集 Pt.1』/バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.6』

ついに9月に入りました。残すところ、あと3分の1。早いものですね。いかがお過ごしでしょうか?

7月の豪雨により、多くの地域が被害に見舞われました。その中でも被害が大きかった岡山の〝真備町〟。8月上旬、専門家の方々(河川工学とでも言うのでしょうか)や国会議員の方々が視察に訪れました。そこで、〝人災〟と言う部分がクローズアップされました。例えば、災害の恐れがある場合、事前に放流する際は国交省が指示を出すわけですが、それもなかった。結局、その緊急放水が水害に繋がったのではないか?あるいは、〝ダム工事〟が優先されたが為に〝堤防工事〟がおろそかになったのが原因となった、と指摘されていました。また、川の中州には大きな木々が生えていましたが、それらが押し流され〝堤防決壊〟に繋がった、のと意見もありましたが、災害直後、国の命令でそれらの木々が切られてしまいました。〝証拠隠滅〟?…そんな部分が浮き彫りになってきました。今後〝責任追及〟はあるのでしょうか?それとも、これまで同様「なかった事」として消えていくのでしょうか?

■Ryntenインプレッション
今週は、「アレサ・フランクリン 追悼特集 Pt.1」と題してお届けしました。
#0:Respect
#1:Chain Of Fools
#2:(You Make Me Feel) Like A Natural Woman

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、中島美嘉さんの「雪の華」の6回目です。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
https://youtu.be/-WomA0i80pc

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「BaysideResort」です。ぜひ、お聴きください。
https://youtu.be/aocD72SlA0Y

■Ryntenダイアリ
【押尾コータローライブ@BanBooBon・滋賀甲賀やまなみ工房】
2年ぶりの押尾くんとのライブ。楽しみにしていました。
忍者で有名な甲賀市にある大きな施設〝やまなみ工房〟。〝BanBooBon〟はその敷地内にあります。

ここに通われている皆さんは、絵を書いたり、陶芸、粘土細工、などなど自由に時間を使ってます。
作られた作品の数々を見せて頂きましたが、どれも凄いんです。まさに、感性のみの世界。海外では高く評価され売買もされているそうです。
作品を見ながら「俺って一体何やってるんだ?!」「今まで何やってきたんだ?!」と落ち込みました(苦笑)。
これらのデザインも生徒さんが描いたものです。

そして、BanBooBonのロゴも生徒さんが描かれました。

前日はリハーサル。BanBooBonのホール内にも生徒さんの絵画が飾られていました。

生徒さんの一人が感性のみで描かれた、押尾くんと僕の絵。描かれた方の感性のみで表現されています。感動でした!

リハーサル終了後は、隠れ家的な居酒屋で「よろしく~!」の乾杯。お料理が美味しかったなあ。

ライブ当日。お店のカウンターはこんな風に。

工房の送迎バスも。

会場は満杯のお客様。工房スタッフの皆さんは全員立って、の鑑賞でしたねえ。忙しい中、前日のリハーサルから駆けつけてくれた、押尾くんのPAオペレーターの〝片石さん〟。素晴らしい音!さすがでした。

ライブが終わり、サイン会も終わりひとときの休息。

僕らだけでなくスタッフも生徒さんの描かれたTシャツをいただき、本番にはみんなで着用しました。

Tシャツも売れしてましたねえ。
あっと言う間のライブでしたが、久しぶりの押尾くんとのセッション楽しかった!!!

【ラジオ出演@押尾コータローの押しても弾いても】
押尾くんのラジオに出演させて頂いたのは、3年ぶりでしょうか?
この日のセッションは僕のオリジナルで〝Misy Eys〟。

収録が終わってから連れて行ってもらった焼肉屋さん。これがまた美味かった!

【ビバリーヒルズ with 押尾コータロー】

奈良ビバリーヒルズライブ2018、今度はゲストが押尾くんです。
ウイークデイにも関わらず、早々にSOLD OUTとなりました。有難いことです。
ビバリーヒルズでの押尾くんとのライブも2年ぶりですね。

写真はリハーサル風景です。

とてもノリのいいお客さんでしたねえ。僕も押尾くんも絶好調。喋りが止まらない…(苦笑)。ファンの方はもちろんたくさん来られましたが、押尾くんのライブも僕のライブも初めて、と言う方もかなり多かった様です。
暑い中でのサイン会も押尾くんに手伝ってもらいました~。

そして、いつものおでん屋さん〝竹の館〟で「お疲れ様でした!」

後ろ髪を引かれつつ、「また~!」と別れました。
押尾くんとの2days、楽しかった!!!

■Ryntenライブ
■ソロライブ
・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」
 19:00スタート 4,000円(1ドリンク付)
(問)同 大谷 TEL 0857-29-8085 又は 森本 TEL 090-7372-5236
http://rurumusic.ocnk.net/product/713

・9月9日(日)鳥取県東伯郡「TINY KITCHEN
Smooth(タイニーキッチンスムース)
 17:30 O.A. 16:40~ 4,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL 0858-41-1153 又は 米田 TEL 090-1180-9461 http://t-k-smooth.jp

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「~西日本震災復興支援ライブ~」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
 19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
 チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・10月6日(土)横浜「イギリス館」
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/british-house/
 14:00スタート 前3,500円 当4,000円
 ※未就学児の入場はご遠慮下さい。
 チケット:ローソン、イープラス:http://eplus.jp、サウンドポート
(予約と問)サウンドポート TEL 045-243-9999
info@soundport.co.jp

・10月13日(土)岐阜高山「ピッキン」
 19:00スタート 3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL TEL 0577-34-6684
http://j47.jp/pikkin/

・10月14日(日)三重志摩「プルーフ」
 20:00スタート 3,000円(ドリンク別)
 (問)TEL 0599-43-1872
http://proof.main.jp

・11月3日(土)秋田ポートタワーセリオン「ポートシアター」
 詳細未定

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
 ~アコースティックギターと朗読の夕べ~
 9月28日(金)広島「Live Cafe Jive」
 20:00スタート 4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■ギター教室発表会
10月20日(土)「バックインタウン」
 15:00スタート 2,000円(要1ドリンクと1フード)
 (問)info@rynten.com

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

One thought on “Rynten #518 インプレッション『アレサ・フランクリン 追悼特集 Pt.1』/バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.6』”

  1.  今週は、音楽もさることながらブログ内の写真に大きな関心をもって拝見いたしました。押尾コータローさんとのライブ会場、「押尾コータローライブ@BanBooBon」の「やまなみ工房」さんの紹介写真に目を奪われました。小生も障がい者就労支援施設B型で働いていますが、利用者さんの作品が「海外でも高く評価されて売買もされている」との事。利用者さんの制作力と、海外にも紹介できるその発信力の高さに感銘しました。来年は、鈴鹿8耐(バイクレース)に参加したいと思っていますが、その際「四日市:ガリバーさん、奈良:ビバリーヒルズさん」を訪れたいと思っていましたが、やまなみ工房さんには是非訪れたいと思いました。
     ん~、そんなに連休とれるかな・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です