Ryntenバイエル #331 Without Youを弾こう 2

東京の電車に乗って車内を眺めますと…ゴッツイコートに身を包み襟を立てシートに座っている人は、その分、窮屈そうです。
夏の服であればゆったりですが、ギューギュー詰めですね。
先日、驚きました!何を…?
シート両側全員スマホを抱えていました。ただ一人の例外もなく…片側7人、両サイドで14人全員が、です。「依存症」とよく言われますが、それが当たり前の世の中になっている気がします。
〝歩きスマホ〟も多いですね。“公共広告機構”でも「やめましょう!危ないです!」と言っても増える一方です。“マナー”…世の中を嘆く己がおかしいのか?
「もっと世の中に迎合すべき」とは言わないまでも「ついて行かなければならないのか?」と時々ふと頭を過る事があります。

世の中、どうなっていくんでしょうか?
aw150131

お便りをご紹介します。
・TAKさんから『右手をもっと意識しよう。』
ーそうなんです。みなさん、左手ばかり気にされているんですが、右手がいかに大事か…。左利きの方は逆になる訳ですが。〝ドライブ感〟という事も非常に記されています。確かにそのあたりが“スマホ”の話ではありませんが、薄れてきている時代になっている様な感じがします。
・AMさんから『毎週楽しみに元気をもらっています。今年も倫典さんのギターを聴いて辛い時も吹き飛ばしちゃいます。』
ーお役に立てて光栄です。
・KMさんから『各地でのライブを楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。私も心待ちにしています。』
ー嬉しいです。こんなおたより頂きますと、実にライブもやりがいがありますね。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の2回めです。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、「Chaplin in New Shoes」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【スタジオMライブ@江南】
ほぼ2年ぶりのライブになりましょうか?
前回はあのギターの神様〝石川鷹彦〟さんとのジョイントライブでお世話になったんですが、あまりのお客さんの多さに別な場所を借りて、となったため、このスタジオではなかったんです。
after Live@Studio M

着くや否や、早速名物の“きしめん”を戴き、リハーサル。
今回もたくさんの方々に来て頂きました!嬉しかったなあ。
ライブではフォルヒも登場。相変わらず、いい音してました~!
終演後にスタッフみんなで記念撮影。
事務をやられていらっしゃる女性の方とも初めてツーショット。
場所を変えて打ち上げ。焼き鳥が美味しかった!
Stuff`@Studio M Uchiage@Studio M

で、今回の 霊峰富士。綺麗でしたねえ。
Today's Mt,FUJI

●ライブスケジュールです。
・2月7日(土)高知「Bee Station」http://www.beestation.jp/index.html
・2月8日(日)香川高松「黒船屋」http://bisyu.com/kurofuneya/
・2月15日(日)大阪河内長野「百年邑」http://hyakunenmura.com
・2月20日(金)岡山笠岡「萌」http://cafedemoe.com/moeinfo.htm
・3月6日(金)東京「バックインタウン」http://homepage3.nifty.com/backintown/
・3月14日(土)群馬中之条町「ふるさとセンター つむじ」http://tsu-mu-ji.com
・3月15日(日)群馬高崎「青春の詩」http://members3.jcom.home.ne.jp/seisyun2011/
■ギターセミナー
・2月21日(土)22日(日)広島福山「バー・カブロ」
http://www.bar-caboulot.com/news.html

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #331 Without Youを弾こう 2」への2件のフィードバック

  1. 数年前から、チャンネル登録させて頂いていますが、初めてコメントさせていただきます。
    仕事をしている時に、行き詰まり落ち込んだ時、辛い時など素敵な演奏を拝聴しています。
    こんなにキレイに、そしてシンプル(無駄なく)に奏でることができたらな…と日々練習に励む日々です。
    You Tubeなどではアタックなどを使ったパーカッシブな演奏をしている方をよく見かけますが、どうも演奏者の満足(複雑にしすぎてしまう)に終始しているような印象を受けるのです。
    普段、ギターという楽器で表現をする時にどのような事を注意、意識されているのか、曲のアレンジ(チューニング、キーの設定)においてここは外せないポリシーである等、ギターや音楽についてのお考えをぜひ動画でお聞かせいただければ嬉しいです。
    まだまだですが、ギター頑張りますので、今後ともお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です