Ryntenバイエル~vol.238「ハナミズキを弾こう 3回目」

【河童のひとり言】
某テレビ局のプロデューサーが「口パクは受け入れません」とつぶやいたことが議論を沸かせているとの記事を見ました。そう言えば最近テレビで音楽番組ってのはめっきり減りましたよね。“口パク”の背景には、アイドルの歌が下手すぎるとか、生歌だと音響の費用がかかりすぎるとかそれぞれお家事情というのがあるようです。音楽番組がいつしか「聞くもの」から「見せるもの」に重心を置いた結果だと思うのですが、ボクは音楽業界の低迷って、そういう意識の低下にも原因があると思うんですよね。
aw130420_01 aw130420_02

4月も間もなく終わろうとしています。“五月”に入りますね。“桜”の時期は終わりましたが、いろんな花の開花が軒並み続き、今《バイエル》でもレッスン中の“ハナミズキ”も季節を迎えています。如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《口パク》のお話。『歌がヘタ』…今に始まった話ではないし、『生歌だと音響の費用がかかり過ぎる』…これとて今に始まった事ではありません。
“口パク”に賛否両論はあるかと思います、が、海の向こうでも“オバマ大統領就任式”での“ビヨンセ”。そして記憶に新しい“北京オリンピックの開会式”。
もっと古い話に僕の記憶を辿りますと、1970年代初頭にあった“ソウルトレイン”という番組。殆どが“口パク”で、まだまだ歌が続いているのに唄っている人の口が閉じている映像が流れていました。
その時代から“口パク”というのはかなりの“市民権”を得ていたみたいです。まあ、ここで“良し悪し”の云々は言いませんが、少なくとも歌番組離れはかなりのスピードを持って進行している様でもあります。

■おたよりコーナー
・Kimi Macさんから《雲の上の小さな島》にいただきました。
『やさしい気分にさせていただきました。』
ー有り難うございます。今後とも宜しくお願いします。

■ライブスケジュールです。
・4月27日(土)福岡・朝倉「音茶」
・4月28日(日)福岡・小倉「フォークヴィレッッジ」
・4月29日(祝・月)大分「サウンドカフェ F」
・5月1日(水)~3日(木)島根県隠岐「音つなぎアコースティックコンサート」に参加します。
・5月5日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月6日(祝・月)広島「ジェイズバー」
・5月17日(金)宮崎・高鍋「ドルフィー」
・5月18日(土)福岡・津屋崎「サーフナイン」
・5月19日(日)宮崎・延岡「KANAYA」

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Ryntenダイアリーです。
先週は水戸、横浜と行って来ました。

水戸「ガールトーク」は2年ぶりでしょうか?
マスターもママも元気そうで良かった!
今回もたくさんの人たちが来てくれました。
嬉しかったなあ。
ライブも盛り上がりました。
その“ガールトーク”、僕らが行った時に、入口ドアーの塗装工事をしていました。
ドアーを見ていたら…家具だったんです、ドアーが。。。びっくり!
ドアー

で改めて店内を見渡すと凄い!
お店の看板を筆頭に天井のライ…などなど素晴らしいものばかり。
Girl TALK 天井のライト

毎回花を飾ってくれます。華やかになりますね。
ゆり

今回マスターとママと写真を撮るのを忘れてしまいました。
次回は必ず!

翌日は水戸から横浜へ前日入り。
毎年開催されている『フィンガーピッキングデイ』、今年もゲスト出演させてもらいました。
こんな大きなイベントに毎年呼んで頂けてホントに有り難い事です。
この日は当然の事ながら、打田君とボブ・ブロズマンさん達と合流。『よろしくお願いします!』と恒例の乾杯。
偶然通った“八重桜”の通り、最後の桜、ですね。
八重桜

コンテスト当日、この日もいい天気でした!
いい天気

僕の教室からも2人が全国大会に出場。
「よくぞ勝ち抜いてきたなあ。」というのが実感です。
コンテスト

うち1人は「アコースティックギターブック賞」を受賞。
この瞬間は、まさに親の気持ちでした。
表彰式

優勝は、大阪大会でも優勝した“金藤”くん。彼はこれで3度目の挑戦なんだそうです。
昨年の全国大会では惜しくも準優勝でした。
素晴らしいですね!おめでとう金藤君!
優勝

今年のスペシャルゲストは“ボブ・ブロズマン”さん。彼のステージはいつ観てもパワフル。
ゲスト全員でのセッション、楽しかった!
FPD全員

帰り際ゲストみんなで記念撮影。
FPD打ち上げ

翌日、東京に戻ったわけですが、その足で、先日僕のラジオにゲスト出演してくれた“TWO TONE’S”のグループ《THE JAYWALK》コンサートに行ってきました。
もちろん“TWO TONE’S”コーナーもありましたよ!
会場は熱気ムンムン、やはり女性が80%くらいはいたのではないかと。。。
THE JAYWALK
ついでにサインももらいました…。。。『for RYNTEN』という文字が見えますか?
終演後は楽屋にお邪魔し、記念撮影。
with 知久さん、田切さん with浅川さん

楽しいコンサートでした。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、一青窈さんの「ハナミズキ」3回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 永遠のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、喜納昌吉さんのカバー曲「花」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.238「ハナミズキを弾こう 3回目」」への1件のフィードバック

  1. お世話になります。
    (A),(A’) partの2小節目Am~Am7になる部分の質問です。中指4弦2f、薬指3弦2fを押さえ、小指が6弦3fとなりますがその先、薬指を一旦離してまた3弦2fを押さえる運指が困難です。良きご指示を頂けますと幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です