Ryntenバイエル~vol.234「基本を振り返ろう(スケールレッスン編2)」

【河童のひとり言】
新政権になってからあれよあれよと株価も上がり、景気への期待も上がる中、やってきましたこの時期「サラリーマン川柳」。「「辞めてやる!」会社にいいね!と返される」。時流に合わせてフェイスブックをやれば、ここでも会社に覗かれている。今年も変わらず、お父さんの悲哀が感じられます。でもね、自営業だって大変なんですよっ!! 「 節約も 音符飛ばせば 手抜きと言われ(字余り) 」。お父さん、ギター弾きだって大変なお仕事なんです。
aw130323_02 aw130323_01

つい最近またまた、年を重ねてしまいました。○十代最後の一年を迎えました。
如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《サラリーマン川柳》。
見ていて、聞いて笑ってしまう、ほのぼのとしてしまう、そんな川柳も多いのですが、ご紹介した『辞めてやる。会社に“いいね。”と返される。』なんて言うのは、ちょっと切なさを…というよりも“切ない川柳”が増えてきている今日この頃です。
毎年、僕の仕事関係の会社から“サラリーマン川柳”ではないんですけが、“川柳”のカレンダーが送られてきます。
どちらかと言うと“下ネタ”系が多いんですけどね。
でも、それを見ているとやっぱり笑ってしまうものあり、何回みても考えさせられるものあり…と短い、何文字だけの世界だけど、日本語の奥深さを感じさせられます。
最近では携帯やタブレットといったものと、やたらと会話しているお父さんも多い様ですが、それだけ家に“居場所がないのでは?”“会話する相手がいないのでは?”と気もしながら拝見しております。
また、ロボットを組み立てて、その『ロボットと話をしよう!』なんて商品も出て来たり…。
時代は刻々と変わって行きつつあるようです。

■おたよコーナー
・iroujjoさんから番外編の《Bayside Resort》へ『Lovery!』と一言。
ー『有り難うございます。』
・いつも頂いているTakさんから『《青春の輝き》に挑戦中。ツヤをだしたい。』。
ー『有り難うございます。頑張って下さい。』

■ライブスケジュールです。
・3月29日(金)東京「バックインタウン」今回は“土屋・大魔王・祐介”氏にお手伝い頂きます。
・4月6日(土)大阪「三木楽器梅田店」インストアーライブです。
・4月7日(日)京都「都雅都雅」春バージョンでお届けします。
・4月11日(木)茨城・水戸「ガールトーク」2年ぶりでしょうか?マスターとママに会うのが楽しみです。
・4月13日(土)横浜赤れんが倉庫「フィンガーピッキングデイ」今年も審査員・ゲストで出演します。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■お知らせです。
・『Laurence Juber / Masa Sumide Tour 2013 ~ソロ・ギター・トリビュート・トゥ・ザ・ビートルズ~』の日本公演があります。
 “Laurence Juber”氏は、元ポール・マッカートニー&ウィングスのギターリスト。
 ビートルズの名曲の数々をソロ・ギターで奏でる、というスペシャルコンサートです。
 この機会に是非お出かけしみてはいかがでしょうか?
 4月9日(火)&10日(水)東京「バックインタウン」
 4月12日(金)大阪「am HALL」
 4月13日(土)京都「磔磔」
 4月14日(日)名古屋「CARY’S」
 
 今回のツアー告知です。
 http://www.youtube.com/watch?v=lXsLyJ5jNjs

 “Laurence Juber”氏、ご本人からのメッセージです。
 ビートルズの曲「Drive My Car」もソロ・ギターで弾いています。
 http://www.youtube.com/watch?v=s0gwWQcmwVc&feature=share

・僕も参加した、《チョン・スンハ》君のニューアルバム『ザ・デュエッツ』のCD国内盤がプー横丁のインディ・レーベル“Slice
of Life Records”より発売されました。こちらも宜しくです。
 http://shop.poohyokocho.com/

chirashi

■Ryntenダイアリーです。
一年ぶりの鳥取米子と市内でのライブ。
米子「アズティックラフズ」、お客さんが例年より少なかったけど、盛り上げてもらいました!
お店のドアーには桜模様の僕のポスターがこんなに!
Aztic

嬉しかったなあ。
打ち上げも楽しかったですよ。
初めて米子の仲間と記念撮影。
yonago

翌日、鳥取に向かう道中、噂の?「はわい」の道の駅。。。寒かった!
hawai

そして、こんな景色の見える喫茶店でランチ。
lunch

ライブ会場である《ルルカフェ》。
みなさんとは、一年ぶりの再会です。
入口脇に、昨年にはなかった“楽屋”と“庭”があってビックリ。
庭はこの日のためにアレンジしてくださったそうです。
有り難い事です!
rurucafe garden

オープニングには、山陰を拠点に活動する《安来(やすぎ)のおじ》こと《野口アツシさん》。
“安来のおじ”はラジオパーソナリティーやTVコマーシャルなどの顔、“野口アツシ”はシンガーソングライターの顔なんだとか…。
会場では、“安来のおじ”コーナーが大受けでした。
with noguchi-san

2人のセッションもまた楽しかった!
また一緒に演りたいなあ。。。
で、お店のスタッフと。
rurucafe staff

これはPAスタッフと主催者の面々。
PAstaff

翌日のオフ日は《そば道場》なる…“そば打ち”に連れていってもらいました。
自分で打ったそばを食べるんです。
ちゃんと先生までいるんですよ。次回は一緒に写真を撮らなくちゃ。
soba-dojo3

打っているときは、お腹もすいてるし、かなりの力仕事だし、時間もかかるし…で大変だったけど、終わってみれば、すごく楽しかった。何よりも“自分で打った蕎麦”が美味しかったんです!
また行きたい!
soba

夜には、“ふぐ刺し”や釣ってきたばかりの“イワナ・鮎・ヤマベ”をいただきました。
これもまた、美味なり!
fugu-sashi

こうして鳥取でのオフは終わりました。
今年もお世話になった方々と。
tottri no yoru

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「基本を振り返ろう~スケールレッスン編」の2回目です。「いくら練習しても、自分が取り組んでいる楽曲が弾きこなせい」、そんなお悩みをいただくことがあります。テクニックはあっても基本がおろそかになっている方を、見受けることがあります。ここで今一度、基本を振り返ってみましょう。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ボクのオリジナル曲「雲の上の小さな島」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です