Ryntenバイエル~vol.158「MistyEyesを弾こう 7回目」

【河童のひとり言】
ボクは船が好きです。それも、ことさら大きな船が。客船、コンテナ船、軍艦、かつて時代を担ってきた船たちの写真を眺めながら寝るのがボクの日課です。19世紀、20世紀初頭、第2次世界大戦、そして今。船と共に写真に写っている人たちは、そのほとんどが今は亡き人たちです。でも、激動の時代を駆け抜け、今の時代を作ってくれた足跡は、それらの写真に確かに刻まれています。ボク達の足跡は後世に向けて刻まれるのでしょうか。例えば、音として。

【今週のRyntenNews】
『天高く馬肥ゆる秋』…まっただ中に入ってきました。如何お過ごしですか?

「河童のひとり言」で『船』のお話をさせて頂きました。
日本にもあちらこちらの港に海外からの客船などが入ってくるんですが、震災以降キャンセルが続いたりして少し数が少なくなったのは残念ではあります。。。

先日は北海道第一弾のツアーで回っている途中、小樽へ行きました。

小樽は港町。
しかもこれは不思議なロケーションでありまして…。
小樽の駅に降り立つと真っ正面に海に向かう道路がずっと続いております、真っ正面にはカーフェリーが停まっていたんですねえ。
外国船ではないのですが、日本の誇るカーフェリーです。
左右に並ぶビルを圧倒するような大きさでドーンと鎮座していたわけです。
これは船好きの僕にはたまらない光景でしたが、小樽のみならず色んな港町でそんな光景に出くわさないか…と密かに願っている僕であります。

■Ryntenダイアリーです。
北海道ツアーも順調に進んでいます!
北海道は、米、タマネギなどなどまさに秋の収穫の時期。

また、ところどころにそれほど大きくないひまわり畑も。。。
紅葉はぽつりぽつりと見かけますが、例年に比べて遅い気もします。
毎年見ている景色だけど、やっぱりその雄大さは北海道ならでは、ですね。

先週は弟二弾が終わりました。
今回は旭川「Early Times」、美幌「Petit Party」そして北見「Veanus」と回ってきましたが、徐々に寒くなっていきましたねえ。
旭川ではそれほど寒いとは感じませんでしたが、美幌へ行くと急激に気温が下がりお店ではストーブも登場。

もっと驚いたのは、北見ではなんと気温が4℃に…東京だったら「真冬」です。
改めて、やっぱり北海道の人達って凄い!あまりの寒さに商店街で激安売りをしているスーパー?でウインドブレーカーを購入、なんとか寒さを凌ぎました。次回は冬服を持って行かなくてはなりませんね。

さて、そのライブです。
毎年お邪魔している、旭川「Early Times」。このお店で僕が気に入っているのが、小物置き、いい味出してると思いませんか?

毎回毎回、素材が楽しみな打ち上げ。
この時期は鍋が多いのは当たり前ですが、今回は「すき焼き」!でした。
珍しいですよね、打ち上げですき焼きなんて。。。旨かった~。
マスターの野澤さんとツーショット、元ふきのとうの山木さんに似てると思いませんか?

そして美幌「Petit Party」、こちらも毎年お邪魔しています。
ママはまさに北海道美人!

そのせいか?!このお店に集まるお客さんって暖かい人が多いんです。
今回も熱い拍手が飛び交いましたねえ。
リクエストがあった「大地の輝」。
弾いた瞬間、割れんばかりの拍手!嬉しかった!

翌日は美幌峠まで連れて行ってもらい、眼下に広がる屈斜路湖に住んでいる?という「クッシー」君の前で記念撮影。

このご夫婦の息子さんはギターリスト、やはり将来が楽しみな一人でもあるんです。

弟二弾最終日は北見「Veanus」。
マスターの高山さんには今年の2月、流氷を見に網走までつき合ってもらいました。それ以来の再会です。高山さんから「で、流氷の曲は?」と会った瞬間に言われ、返す言葉もなく…。

今回、北見で「Yuary Gitar(ユアリー・ギター)」という名前のギターを制作されている小野さんをご紹介頂き、早速弾いてみることに…。いい音してましたねえ。もちろん本番で弾かせてもらいました。

■スケジュールです。
●北海道ツアー第三弾がスタートします。
・10月10日(月・祝)札幌「渡辺淳一文学館」とてもいい響きのするホールです。
・10月14日(金)網走「Acoustic Bar Cord」初めてお邪魔します、楽しみです。
・10月15日(土)赤平「常照寺」毎年ご住職にはお世話になっています。
・10月16日(日)釧路「立花」こちらも初めてお邪魔しますが、和食のお店です。

・10月22日(土)埼玉・越谷「大野楽器店メンフィス」
お近くの方は覗いてみて下さい。お待ちしております。

■お知らせです。
僕も注目しているギターリスト「ジャスティン・キング」氏が初来日します。ギターファン、必聴です。是非お出かけ下さい。

スケジュールは下記の通りです。
・10月22日(土)東京渋谷「アンコール渋谷」
・10月23日(日)東京曙橋「Back In Town」
・10月29日(土)大阪梅田「三木楽器梅田店」
・10月30日(日)大阪梅田「MIKIミュージックサロン梅田」
(総合問い合わせ)プー横丁 TEL075-231-3835

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「MistyEyesを弾こう」の7回目です。僕のオリジナル曲「MistyEyes」は、アルバム「HeartStrings」に収録されているアンサンブルバージョンと、アルバム「YourSelection」に収録されているソロバージョンがありますが、今回はソロバージョンを取り上げていきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ボクのオリジナル曲「SierraSiesta/シエラ・シスタ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.158「MistyEyesを弾こう 7回目」」への1件のフィードバック

  1. ここのパート当たりからセーハが続いて体力を使い果たした上に次の5小節目から更に難易度が高くなるような気が…。ここら辺りは難しいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です