Ryntenバイエル~vol.154「MistyEyesを弾こう 4回目」

【河童のひとり言】
秋の気配を徐々に感じさせるこの季節。今年、関東ではあまり花火を見る機会はありませんでした。それだけに偶然行った町で花火の打ちあがるのを見ると何とも言えない気持ちが湧いたものです。
「花火のようにのぼりつめ 花火のようにきえました 花火のようにうつつなう はかなく消える恋」
でした。竹久夢二の「花火」という詩ですが、打ちあがる花火の中に、「鎮魂」という言葉を強く感じる今年の夏でした。

【今週のRyntenNews】
今年も暑さや雨、数々の記録を塗り替えた日本の自然、そしてそれらが去って秋が深まりつつあります。
如何お過ごしでしょうか?

今年の東京の花火は中止になったものが多かったですね。
震災の影響かと思われますが、隅田川の花火は7月の終わりに開催予定でしたが、約1ヶ月遅れて実施されました。

『河童にひとり言』の『花火』…。
「鎮魂」という言葉を強く感じるという話をしました。
花火も観ていて色々なものを感じさせる絵図らです。

僕は花火を直に見るチャンスはありませんが、映像で観たりした時、一番に思い起こすのが山下画伯である『山下清さん』。
特に長岡の花火はお好きだったようです。
同じく『河童のひとり言』から『竹久夢二』さんの花火をご紹介しましたが、亡くなられてもう40年経ちます。
山下清・竹久夢二…お二人の非常に似通った点…人気・実力も高く僕も大好きなんですが、今一歩評価されていない感があります。
外国では日本以上に評価されていると思うのですが。。。
これも日本の不思議!なのでしょうか?

■Ryntenダイアリーです。

この台風で被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復興を願っています。

先週は福岡朝倉、三重志摩へ行ってきましたが、またまた大型台風に見舞われました。
幸いにも台風直撃は免れましたが、風雨が強くて…。
ライブ前日、羽田から福岡へ向かう時にも多少の揺れはあったのもの、無事に到着。
ただ、ライブ当日は羽田からの便がほとんどが欠航でした。間一髪?!
福岡は多少風が強く、スコールの様な雨が降った程度でした。

音茶でのライブには、かなりの頻度でオープニングをしてくれる、櫻井憲一郎さん。
初めて一緒に写真を撮りました。暖かい唄を歌う好青年です。

マスコットの「カリン」と「ランちゃん」も元気一杯。

打ち上げも大いに盛り上がりました!

その翌日早朝の新幹線で移動。
音茶のマスターと地元で活躍するおなじみ、4,5様が眠い目をこすりながら、送ってくれました。
東海地方は暴風雨。
志摩ライブの主催者の方々、音茶のマスターにも「大丈夫ですか?」と気遣いの連絡を頂きながら会場に到着。
「こんな時にお客さんは来てくれるのか…」と一抹の不安を抱えながら開演。

会場にはたくさんの方々が来てくれました。ただ家から出られない方も多かったとか。。。
被害に合われていない事を願うばかりです。
ゲストで来てくれた「竹内いちろ君」とのセッションも楽しかった!

主催してくれた泊(とまり)さんが差し入れしてくれた、「アワビ」、締めには「ところてん」も登場。

因みに写真の泊さんは「ところてん」屋さんを営んでいます。今年の夏は暑かったせいか、かなり忙しかったとか。
お近くの方は是非ご賞味あれ!

先週半ば、僕の大先輩である「杉田二郎さん」のラジオ番組にゲスト出演しました。
久しぶりに二郎さんの唄にギターを弾かせてもらいました、楽しかったですねえ。

番組終了後は「納涼会」にお誘い頂き、スタッフのみなさんとビアーガーデンへ。
この日は暑くもなく湿度も低くて、凄く気持ちよかった~。

二次会は二郎さんがよく行くという六本木のお店へ。
久しぶりに一緒に呑みました!本当に楽しかった!

一つ書きたかった事が。。。
僕のblogにもかなりの頻度で登場した、福岡福間海岸の元「サーフサイド」・現大分湯布院「Club Yufuin」のマスコット猫「タマ」。
先月亡くなったんです。

その少し前あたりから具合が悪かったので、幾度となく電話を入れていていたのですが。。。
丁度お盆の時でした、マスターから電話が来たのは…。
僕がタマに初めて会ったのは6才、亡くなった時は12才。
サーフ時代、リハーサルの時に必ずギターケースの中で寝ていたなあ。
ライブ中にステージを横切ったり…マイペースだったタマ。
短い間だったけど楽しかったよ。また、いつか会おうね。

■スケジュールです。
●今年も秋の北海道ツアーが始まりますが、今年は第一陣、二陣、大三陣と分かれています。お近くでのライブの時には是非足をお運び下さい。お待ちしております。
★先ずは9月北海道ツアーから
・9月17日(土)滝川「三浦華園」年に一度ライブをやらせてもらっています。今年も開催します。
・9月18日(日)小樽「一匹長屋」小樽の老舗です。レトロな創りが好きですね。
・9月19日(祝・月)札幌「かやの茶屋」初めてお邪魔するレストランです。お食事を楽しみながら聴いてみて下さい。
・9月29日(木)旭川「アーリータイムス」山木康世さん似のマスター、会うのも楽しみです。
そして北海道から戻り…
・9月24日(土)群馬・高崎「ドン・ロス」高崎公演にゲストで出演します。
・9月25日(日)京都「都雅都雅」恒例の京都ライブです。秋の京都…なかなかいいものですよ、観光を兼ねて是非いらして下さい。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「MistyEyesを弾こう」の4回目です。僕のオリジナル曲「MistyEyes」は、アルバム「HeartStrings」に収録されているアンサンブルバージョンと、アルバム「YourSelection」に収録されているソロバージョンがありますが、今回はソロバージョンを取り上げていきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ボクのオリジナル曲「Thanks My Dear」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.154「MistyEyesを弾こう 4回目」」への1件のフィードバック

  1. 岡崎 倫典さんへ  

    志摩のライブに行けなくて、すみません!
    とっても楽しみにしてたのに、台風で行けなくなってしまって残念です。w。(:.o゚з゚o:.).:∵
    6月14日に学校の音楽室で足の指を~骨折~して、大変でした。
    11月のライブは絶対行きます!(^U^)
    Thanks my Dearを、弾いてくれて、ありがとうございました。うれしかったです。
    弾けるようにがんばりますっ!(> o <)   
    ~♡いつか☆~ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です