ゲスト:櫻井哲夫さんPart.2~Vol.71

【河童のひとり言】
年が明けたと思ったら、あれよあれよと2月になりました。なかなか明るい話の聞こえないこの頃ですが、これを悲観と見るか楽観と見るかは個人の心持次第でしょう。「バサラ(婆娑羅)」と言う言葉、ご存知でしょうか?南北朝時代に生まれた言葉のようですが、権威に反発し、奢侈な振る舞いを好む美意識とされています。混沌とした世相を嘲るという精神のようですが、こんな時代だからこそ、むしろ「生き方の美学」なんてのを学ぶには“いい時代”だと思います。

【今週のRyntenニュース】
2月、如月、に入りました。月が明けると弥生、と言ってももともとは旧暦区切っていったものだとは思いますが、 単に○月というのではなく、季節を繁栄した様な言葉で月を表現していく日本の文化を大事にしたい部分でもあります。

また、バサラ(婆娑羅)…この響きがいい。
もともとはサンスクリット語から出たようですが、英語とは言わないまでも外国語から出た日本語、すごくいい響きを 持っています。
「えっ、日本語だったの?」という言葉もあります。
例えば「スバル」、日本独特の和製英語とは違う節回し。
色んな事を想像させる、かき立てる…そんな日本語が沢山あります。

生き方の美学とは…武士の世界に繋がって行くかも知れません。
武士の時代に遡るまではいきませんが、大好きな男性がいます。
もう亡くなりましたが、生き方の美学に僕個人として一番参考になる方…白洲次郎さん、そしてその奥さんの正子さん。

日本の戦後を立て直した影の立役者と言っていいでしょう。
本当に自分自身を貫いた人、そういう意味では僕の中で最高のところに位置する方です。

今週も櫻井さんに出演して頂きました。

音楽のルーツやこれからの事など、話したい事がたくさん有り過ぎて時間が足らなかった…また来て下さいね。
櫻井さんもカシオペアのギターリストの野呂さんとのユニット「ペガサス」のツアーが始まります。
体に気をつけて行って来て下さい。
そして、また「FAR EAST」演りましょうね。

先週に引き続き、「ペガサス」ライブツアーの後半のスケジュールのお知らせです。
(日程/会場/問い合わせ)
4/1(木)/出雲 APOLLO / TEL; 0853-23-1531
4/2(金)/鳥取 川一銀座倶楽部 / TEL; 0857-21-7500
4/4(日)/三島 AFTERBEAT / TEL; 055-973-3973
4/9(金)/京都 RAG / TEL; 075-241-0446
4/10(土)/名古屋 BLUENOTE / TEL; 052-961-6311
4/12(月) /東京 STB139 / TEL; 03-5474-0139
4/14(水) /札幌 宮越屋珈琲ホールステアーズエスプレッソバー / TEL;
011-242-2252
4/18(日) /鶴ヶ島 HALLE / TEL; 049-287-1037

(1月末現在のスケジュールです、詳細は櫻井さんのサイトで確認されるか、会場へ直接お問い合わせください。)

さて、先週は東京も雪が降りました。
かなり積もりましたが、幸いな事に朝には雨に変わっていたせいか大きな混乱はなかったようです。

僕は、と言えば毎度お世話になっている福岡は朝倉にある「音茶」から京都「都雅都雅」、初登場の浜松は「なんでモール」までの小ツアーに行ってきました。
毎日寒かったですね。
朝倉ではライブ前に「大刀洗(たちあらい)平和記念館」に連れて行ってもらいました。

名前のとおり、戦時中の様子や特攻隊員からの手紙などが展示してあり、文字通り『「戦争の悲惨さ」を語り継いで行こう』という記念館です。
特攻隊員の殆どはこの「大刀洗基地」で訓練させられ、最終地の鹿児島・鹿屋へ向かいそして飛び立って行ったそうです。
この人達のお陰で今の平和がある事、忘れてはいけませんね。

音茶で初めて、地元のアコースティックギターリストの「崎山さん」にお手伝い頂きました。
なかなか楽しかったですね。

京都「都雅都雅」は年2回のペースでやらせて頂いています。
去年の夏に比べて少しお客さんが少なかった様に思いますが、ライブ中は大人しい皆さんですが、いつもながら拍手は本当に熱かったですね。

初上陸の「なんでモール」は、地元の市街から少し離れていて「お客さんがくるのかな?」と心配でしたが、名古屋方面からも来て下さった方々もいて、満杯でした。会場は大いに盛り上がっていましたね。

「音楽はあまり聴かないし、今日は何にも知らないで来たけど、来てよかったよ。こういう音楽があるとは知らなかった、感動した!」と声をかけられ嬉しかったなあ。是非また来て下さいね。

今週のスケジュールです。
2/11 高知「B.B.CAFE」
2/12 笠岡「萌」
2/13 福山「カブロ」…ギターセミナーです。
是非覗いてみて下さい。

www.rynten.com

【Ryntenバイエル】
今週は先週に引き続き、櫻井哲夫さんをゲストに迎えましたので、Ryntenバイエルはお休みです。

今回の番外編は、僕のオリジナル楽曲「See You …」。昨年、発表したアルバム「Yourselection」。ベスト盤的な位置づけのアルバムですが、この曲だけ新しく書き下ろしたものです。Standard tuning、capo:3で弾いています。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「ゲスト:櫻井哲夫さんPart.2~Vol.71」への1件のフィードバック

  1. こんにちは。

    2008年、FAR EAST IMOツアー。倫典さんの6弦ギターと櫻井さんの6弦ベース。この二台の楽器が紡ぎ出す音楽。普段のソロステージでの演奏とは違った音を楽しませていただきました。

    この時友人を二人連れて行ったのですが、その内の一人はステージを見るまで「ギターとベース二本だけで音楽成り立つの?」と半信半疑でしたが、Liveを見終えた後「すごい、すごい」の連発で大喜びしていたのを思い出しました。

    又是非 FAR EAST の音楽を楽しませて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です