銀座一丁目で世界で輝くマネキンを制作(株)トーマネ/隅田川沿いは月見の名所です〜

月曜日のハロラジ、担当の新宮志歩です。
今日のゲストは、、、

☆銀座一丁目 株式会社トーマネ
社長室 執行役員岩下沢子さん

元々は日本人形の製作を生業としてきたこちらの会社。戦後、製作品をマネキンへ移行し現在に至ります。見る機会はあってもその制作工程や内容の違いなど、知らないことが多いマネキンの世界!たっぷりとお話を伺いました。

用途、歴史、表現。「あくまでマネキンはクロコです」とおっしゃる岩下さん。ですが、マネキンの記憶をよーく思い出してみると・・・フェイス部分のお化粧が変わったり、スタイル(バスト・ヒップの位置など)が変わったり、実は私たちの生活に密着して時代を表現するものですね。興味深いお話がたくさん!

そんなお話を聞いているとトーマネ制作のマネキンが見たい!と思うものですが、、、上記の発言通り、普段見ているマネキンで確認できる訳ではありません。ショッピング街に並び時代のファッションを身につけたあの子、ちょっと変わったポーズをするこの子・・・実は身の回りで見ているマネキンはトーマネのものかもしれません。想像が膨らみます〜!

☆Lookin’深川
タウン誌深川編集長 片山祐子さん

インタビューの始まりは、8月に行われたお祭りの振り返りから。
富岡八幡宮の二ノ宮渡御、トラックで回った全会場に取材班が行っていたんだとか。その様子はタウン誌深川最新号に掲載されています!

今日の話題は、、、「お月見」。
江戸時代、月見の名所は隅田川と言われていたそうで多くの浮世絵に描かれています。今年の十五夜は今週末、9月10日(土)。片山編集長のおすすめ月見スポットは、相生橋付近!確かに視界がひらけていて、気持ちよ〜く月見が楽しめる場所ですね。

私も楽しんでみようと思います!!

☆明日のハロラジも新宮が担当です!またお付き合いくださいませ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください