銀座一丁目にオープン!ロシア食品専門店「赤の広場 銀座店」/副住職兼ヒップホッパー!?

月曜日ナビゲーターの新宮志歩です^^
新年度も変わらずご参加、よろしくおねがいいたしまーす!
今日のゲストは、、、

☆ロシア食品専門店 赤の広場 銀座店
ヴィクトリア株式会社 ミヤベ ヴィクトリアさん

2月末に銀座一丁目・昭和通り沿いにオープンしたロシアの食品を取り扱うお店。
15年前にロシアとの貿易をはじめ7年前にネットショップとして小売店を、そして念願の実店舗の第一号店として銀座店がオープンしました。

ロシアの自然派食材やグレードの高い商品、キャビアなども扱っていて、普段遣いからプレゼント探しなど幅広くお買い物が楽しめるお店ですよ~。番組では、一番人気というチョコレートコーティングされたカッテージチーズ【アレクサンドロフのスィローク】と私が購入した【アルメニア風ナス・イマムバヤルディ】をご紹介しました。

お客さんからはこのお店に行けばロシア旅行気分を味わうことができるといった声も届いているんだとか!コロナのもとで行きづらい海外・・・確かにこういった楽しみ方もいいですよねー!

今後、さらに商品の幅が広がるそう!個人的にはロシアのウォッカなども楽しみです。(笑)

☆Lookin’深川
タウン誌深川 片山祐子編集長

今日はラジオならではな!?音楽の話ですよ~と片山さん。
深川エリアには50以上のお寺があり、息子さんたち(副住職)には個性豊かな活動をしている方も多くいらっしゃるんだとか。
そんな方の中から深川・正覚寺の副住職 鈴木智尊さんの活動をご紹介いただきました。

鈴木さんは副住職として活動していながら、ヒップホップのトラックメイカーとして18歳から音楽活動をしています!
同じく下町エリアのアーティストと「Malus&Lyrical WaterSide」として活動中で、2月に2枚目のアルバム「Connectivity」リリース。

東京下町の水辺をイメージした音楽づくりを目指しているとだけあって心地よいリズムやビートが特徴的。私もヒップホップってどうかな・・・と思っていましたが、生活やプレイリストに必ず入れたい音楽~!とお気に入りになりました。

フィーチャーしているアーティストも豪華という、Malus&Lyrical WaterSideの新譜・楽曲はAppleMusicでもお楽しみいただけます!

☆明日のハロラジも新宮が担当です。それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください