京橋1丁目『京橋彩区』で「ビジネス」と「アート」のシナジーを学ぶ!✿お花のお話「C’mon A Kamon」✿トーマスの『ともてなし』ラーニング

京橋1丁目『京橋彩区』で「ビジネス」と「アート」のシナジーを学ぶ!

新たな“街”に生まれ変わりつつある京橋1丁目「京橋彩区」
昨年来この注目エリアについて関係者の方にお話を伺っていますが、
今日は永坂産業の野崎さん、アート・アンド・ロジック株式会社 代表の増村さん、をスタジオにお迎えしてお話を伺いました。


京橋彩区で昨年から開催なさっている「芸術文化講座」。
コロナ禍の現在は、リモートでYoutubeによるライブ配信形式でのオンライン講座を開催中です。
『ビジネスにおけるアートの効用、効果に関するお話とゲストの方との対談』を
テーマに5月から3回シリーズで開催。
増村さんとゲストの方がリモート対談形式で「ビジネス」と「アート」の繋がり、有用性などを語り合うこの講座が大変好評です。

今後の開催予定とテーマは
第2回目・7月15日「ビジネスの現場におけるアートと事業創発」
第3回目・8月19日「アートと食:経営にはアートが必要」

詳細・聴講のお申し込みは京橋彩区HPから
https://www.kyobashi-saiku.tokyo/pdf/KyobashiSaiku_Event_PDF_200608.pdf

ビジネスとアートはどう繋がるのか?
そこから生まれる新しい価値観とは?
いろいろなことを考えさせられる講座です。
是非、オンラインにてご参加ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
お花のお話「C’mon A Kamon」
水曜日と言えば!「お花のお話 C’mon A Kamon」
今日のお花はコチラ

詳しくはFacebookページへ!

https://www.facebook.com/KAMON.FLOWERGATE
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
トーマスの『ともてなし』ラーニング

もうすっかりおなじみになりましたこのコーナー。
日常生活で出会う様々な場面で、ちょっとした英会話フレーズを覚えておくと、海外の方ともそこから繋がりが生まれたりするはず!
ということで今のうちラジオで、ハロラジで、分かりやすく、すぐ使える英語フレーズをレッスンして、この機会にGood コミュニケーションを取れるようになっちゃおう!というこのコーナー。
教えてくださるTeacherはー!
Tomo Thomas Thayne(トモ・トーマス・セイン)さんです。


今日の『ともてなしフレーズ』は・・・
「目的地に行く方法を伝える、尋ねる」

トーマスさんの優しい声かけから始まる英語フレーズ。
『Oh, am~』ですよ(^O^)/
*Oh, am… how can I get(to the station, to the office)( there, here ).
(目的地への行き方を尋ねるフレーズ)

そして、「このように行ったらいいですよ」と教えてあげる時に、
『need』というとても簡単な動詞で表現しても相手に通じるということにちょっとビックリ!中学生の時に習った単語で十分通じる!ということを実感です。
*You need to (go by train)(get on the ~~ line/train/bus)(use plat form 数字).
(目的地への移動手段を尋ねるフレーズ)

私達が思っているほど、難しい単語や文法は必要ないようですね。
自信を持って英会話を楽しみましょう!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以前、6月の「協働ステーションNAVI」コーナーでご紹介した、中央区「まちの笑顔」プロジェクト。
中央区の町会が募集していた歌声リレー動画「上を向いて歩こう」プロジェクトの動画が公開されました。
楽しそうで素晴らしい完成度!
協働ステーション中央のスタッフの皆さんも笑顔の写真で参加しています。
現在、公開されてるYOUTUBEはコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=FuikniC5FRo

知り合いの方が参加なさっているかもー?!ですよ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日7月9日(木)のハロラジ。
銀座蔦屋書店「本とアートとcoffeeと」コーナー。
そして観光協会特派員の「大好き中央区」には
ブログネーム「ワインとチーズ」さんがご登場!
築地場外市場インフォメーションコーナーもあります。
どうぞお楽しみに!

明日のメッセージテーマ「あなたの願い事」教えてください。
メッセージ宛先: voice@fm840.jp
あなたからのメッセージをお待ちしています

ではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください