「心の手を繋ぎませんか」7月6日明石小で開催!/タウン誌深川・3人制のプロチームが江東区に!

☆東京青年会議所 中央区委員会の秋元啓佑さん

わんぱく相撲や区長選討論会など、区内で様々なイベントを企画・運営している東京青年会議所・中央区委員会の皆さん。
今日は、今週末に開催されるイベントをご紹介いただきました。

「心の手を繋ぎませんか」 
7月6日(土)13時半~15時半 中央区立明石小学校

一緒に障がいを学び、困っている人に「心の手」を差し伸べられる人になろう!!
このメッセージにもあるように、まったく異なる3種類の体験を通じて、障がい者と健常者の「心のバリアフリー」を目指すというものです。

会場では、ユニバーサルボッチャブース、点字・手話ブース、障碍者雇用紹介ブース(隣のレインボーハウス明石)を体験。3つのコーナーをグループごとに30分ほどの時間制で回遊していきます。

来年はパラリンピックも開催されます。こういったイベントをきっかけに様々な方の生活や日常を知り、触れ合う体験をされてみてはいかがでしょうか。

☆Lookin 深川 タウン誌深川 片山編集長

「タウン誌深川」最新号 7-8月が発行されました!

2020五輪までおよそ1年。今回の特集は、江東区内のオリンピック関連情報!深川、江東区エリアではどんな場所が競技場等関連施設になっているのでしょうか。

その中で注目は、東京大会から正式種目となった3×3 3人制バスケットボール。なんといっても江東区にはプロチーム「江東フェニックス」があるということで、選手のインタビューも掲載されています。

詳しくはぜひ「タウン誌深川」最新号をチェック!

☆明日も新宮が担当です^^それでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください