『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』@Ginza Sony Park*協働ステーションNAVI

『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』@Ginza Sony Park

開催期間:3月8日(金)~4月7日(日)
開催場所:Ginza Sony Park 地下2階~3階

スタジオにGinza Sony Parkから林原さんをお迎えし、昨年8月にOPEN以来、6つ目の企画となる『TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』についてお話を伺いました。

2009年以来、他のエリアで開催されてきたこのTOKYO ART BOOK FAIR。
今回ここ銀座で、しかも4月7日(日)までという長期1か月という期間で開催されるのは初の試みとのこと。
Ginza Sony Parkの地下2階、3階フロアを使って、今日3月8日17:00~始まります。
週末(金~日曜日)ごとに出展者が変わるアートブック販売では個性的なアートブックが並びその数の多さに迷ってしまうほど。これが毎週末ごと計5回あるのですから、これは毎週通いたくなります。
「ART BOOK」と一言で言っても本当に多種多様な画集があるわけで、これまでの自分の想像を越えたART BOOKに出会えるのでは?

林原さんからのご紹介の中で、私が是非、体験したいと思ったのが、、、
『Art Book Vending Machine(アートブック販売機)』(平日のみ)
長さ12mのアートブック販売機で3月11日から稼働!
ブース出展者から10冊ずつ集めた約1500冊を超えるアートブックストックの中から、購入希望者が選んだキーワードに紐づく1冊が受け取り口から出てくる!というユニークなマシン。これ、どういう仕組みなんでしょう??

他にも丁度春休みに入る時期に、親子で参加できる「ワークショップ」も用意されています。
お申し込みなどはコチラから→ Peatix: https://tabf-ginza.peatix.com
TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition詳細はコチラから
https://www.ginzasonypark.jp/program/010/
出展者一覧: https://tokyoartbookfair.com/ge_exhibitors/

期間中は日替わりでカレーの販売もあり10店舗のカレー屋さんが出店。
味比べに通うのも一計かとo(^▽^)o

日頃、アートブックと接点がない方も、この機会に入場無料のイベントをあれこれお楽しみください。
さらに地下1階インフォメーションでGinza Map vol.1をGETして春の銀座をお散歩も!
::::::::::::::::::::::::::::::::::
協働ステーションNAVI

日本橋小伝馬町にある協働ステーション中央のチーフコーディネーター、杉原さんがご登場!

今日ご紹介下さったのは
十思カフェ vol.93
「銀座から福島の復興を 仕組み で支える」
~お酒と再生可能エネルギーによる地域再生の取組み~

2006年から始まった「銀座ミツバチプロジェクト」。大都会ではちみつ作りを続けていらっしゃる田中淳夫さん。
銀座の養蜂からさらに一歩進んで、農業生産を通じて地域の痛みを知り、地域を元気にするプロジェクトに着手。
福島市初の農地による太陽光発電「ソーラーシェアリング」。その再生可能エネルギーで収益を生みながら、農地で栽培した酒米でお酒を作り、銀座で販売するというプロジェクト。
再生エネルギーと農業の再生、被災地の復興、美味しいお酒をみんなで楽しむ。
この循環は凄いですねー。

田中さんを突き動かす原動力は何でしょう?
そのお話を伺ってみたいです。

「銀座から福島の復興を 仕組み で支える」
~お酒と再生可能エネルギーによる地域再生の取組み~
開催日時:3月19日(火) 19:00-21:00
開催場所:協働ステーション中央
ゲスト:田中淳夫さん
申込み:03-3666-4761

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
来週3月11日〈月〉のハローラジオシティ
ナビゲーターは新宮志歩さんにバトンタッチ。

どんな話題、ゲストさんがご登場なさるか?
どうぞお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください