「今月の国立映画アーカイブ 」イベントご紹介!*Art Focus @ Tokyo*築地場外市場インフォメーション~!

「今月の国立映画アーカイブ」

毎月、第1金曜日にお送りするこのコーナー。
京橋3丁目にある「国立映画アーカイブ」研究員の方が、往年の数々の映画について上映イベントや企画を通してその魅力をご紹介くださいます。

今日スタジオにお招きしたのは、研究員の大澤 浄さんと碓井 千鶴さんです。

7月はどんな映画イベントがあるのか伺いました。

まず、「夏旅」は夏競馬!日本各地の優駿馬を探しに出かける予定とおっしゃる大澤さん!(^^)!がご紹介くださったのは、

★「国立映画アーカイブ開館記念 日本におけるロシア年2018 ロシア・ソビエト映画祭」
会期:2018年7月10日(火)-8月5日(日)
会場:長瀬記念ホール OZU(2階) 定員:310名(各回入替制・全席自由席)


ロシアで開催中のサッカーW杯。TVでの試合中継でロシアの街や人の今を見ることができてとても興味深いです。今までいろんな意味で「遠い国」だったロシアがW杯をきっかけにちょっと近い存在になった気がします。
そのロシア・ソビエトで製作された映画の国立映画アーカイブコレクションは300本以上とか。
歴史の流れの中で何度も大きく体制が変わり、人々が翻弄される中でも映画製作に関して常に多彩な才能と多様な作品を生み出してきたロシア・ソビエトという国の幅と奥行きに圧倒されてしまいます。

*7月10日(火) 18:30~ 、7月11日(水)19:00~はそれぞれロシア人俳優、監督のご挨拶があります。

「日本におけるロシア年2018 ロシア・ソビエト映画祭」
についての詳細はこちらからチェック
→【HP】http://www.nfaj.go.jp/exhibition/russia201806/
http://www.nfaj.go.jp/wp-content/uploads/sites/5/2018/06/NFAJprogram2018No04.pdf

そして小学生の時に観た映画「E.T」の衝撃?!によって心に刻まれたこの映画の記憶は一生忘れられない。。。とおっしゃる研究員の碓井さんがご紹介くださったのは、

★「2018年の夏休み こども映画館」
開催日:7月27日(金)、28日(土)、8月3日(金)、4日(土) 
全日13:30スタート

幼い頃から思春期にかけての時期に「これまでに体験したことのない何か」に出会うことはその後の人生にまたとない大きな刺激を与えてくれるはず。
子どもたちにとってワクワクの夏休みが始まる7月。
国立映画アーカイブで遭遇する名作映画たちにきっと目を輝かせ、心躍らせて観入るのでしょうね~。
子どもたちが本物のフィルム映画を大きなスクリーンで観るという得難い機会を是非、この夏休みに。
特に、8月3日(金)、4日(土)の2日間は「活弁・演奏付き」で映画が鑑賞できます。

<参加方法>
事前申し込み制(Eメール:kids2018@nfaj.go.jp)
昨日7月5日(木)10:00から申し込みが開始されています。
定員150名に達し次第締め切りですのでお早目のお申し込みを!!

*中学生以下を対象とした映画イベントです(小さいお子さんは保護者同伴で)

→【HP】http://www.nfaj.go.jp/exhibition/kids-cinema2018/
http://www.nfaj.go.jp/wp-content/uploads/sites/5/2018/06/KidsCinema2page.pdf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Art Focus @ Tokyo
アートライターのヒロさんがご紹介くださるアートイベント。
今週ご紹介したのは、、、

太田記念美術館で開催中の「江戸の悪 PARTⅡ」

(1)人はなぜ悪に惹かれるのか?
善悪のどちらかなら、多くの人は善でありたいと思うはずです。しかし誰しもが心うちに悪の部分を秘めているのです。江戸時代の人々も悪の魅力に気づいていました。盗賊や小悪党の芝居が人気を呼び、晒された罪人の姿を見ようと人だかりができ、浮世絵でも悪人は主題になりました。
同展は2015年に開催して大好評だった「江戸の悪」展の第二弾で、展示替えを入れて全220点が出品されます。

(2)悪人をカテゴリー別に紹介
カテゴリーは:盗賊、侠客、浪人、悪僧・の医者、悪の権力者・悪臣、悪女・女伊達、悪の妖術使い、の7つ。残虐なシーンも血みどろの戦いも、恐いもの見たさでついつい凝視してしまい、悪の表情とはこういうものか、と描写の上手さに感心してしまいます。善人が妖刀の魔力で殺傷する場面を描いた月岡芳年「英名二十八衆句 福岡貢」 、八百屋お七を描いた作品等、善人が悪の化身となった様は、「悪」が誰の心にでも潜んでいることを示唆します。ゾッとするけれど、裏に秘められたストーリーを知ると、より興味が湧くと思います。

(3)「悪」の多分野連携展示
同館の働きかけにより、東洋文庫ミュージアム、國學院大學博物館、国立劇場伝統芸能情報館、国立演芸場演芸資料展示室の4箇所で、時期を合わせて「悪」をテーマにした展覧会を開催中です。

◎展覧会インフォメーション
太田記念美術館 http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
2018年7月29日(日)まで 月曜休館(7月16日は開館、翌日休館)
午前10時30分〜午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
一般1000円

会場風景
会場風景
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7月の毎週金曜日のメッセージテーマは。。。
「夏旅!あなたの行きたいところ 教えてください」です。

*夏旅、行きたいところは「奥多摩」です!
滝や森林から、マイナスイオンを吸い取りまくってパワーチャージしたいです。
(トモトモさん)
☆清々しい空気が~、奥多摩の響きがステキ !(^^)!(JUMI)

*JUMIさん こんにちは
私は 残念ながら「未定」です。
6月に 長崎に行ってしまっているので多分、旅は懐事情もあり控え気味に
なります。後輩に聞くと「軽井沢」へ行くとのことでした。
夏も あっという間にきっと過ぎてしまうので何か それっぽいことはしたいです。
そういえば 昨日 スクエアガーデンのスタジオ前京橋駅の入り口の植栽にある
多分 桜の木だとおもうのですがそこで 蝉が 思い切り 鳴いていましたよ。
夏まっさかりですね~。(らいちゃん)
☆ほぉ、すでに長崎にいらしたのですね。羨ましいー!
今度は夏の海か山か、はたまた草原か?!いらっしゃれるといいですねー。(JUMI)

*ジュミさん、こんにちは♪

夏行きたい所は、やっぱり海です!
毎年逗子の材木座海岸に行ってます。去年はパドルボードやりました。
今年は……義理の母を連れて草津温泉に行ってきます。(しょっくさん)
☆しょっくさん!初めまして。メッセージありがとうございます。
材木座でパドルボード、、、ヨッ!!夏男💦 THE NATU~(JUMI)

*ジュミさん、こんにちは(^-^)/中央エフエムで新しく始まった「ウルフマン・ジャック・ショー」、楽しみに聴かせていただいています。
映画の「アメリカン・グラフィティ」が大好きなので、古きよきアメリカを感じながら聴いています。この時代がお好きな方におすすめなのが、「11.22.63」というアメリカのテレビドラマです。
他の方からのおすすめで、最近見てすっかりはまりました。
原作はスティーブン・キングで、1963年11月22日のケネディ大統領暗殺を阻止するために、ある男性がタイムスリップするというお話で、美しいラブストーリーにもなっています。もし旅ができるなら、あの60年代初頭の素朴でキラキラしたアメリカに旅をしてみたいです。(ミルさん)
☆「ウルフマン・ジャック・ショー」、お聴き頂いているんですね!ありがとうございます。
アメリカのテレビドラマ「11.22.63」、これは観てみたいです。どうやって観ればいいですかー?
私の「夏。アメリカ。キラキライメージ」は、、、サンタフェ、、、?!これあくまで私のイメージですけど(苦笑)  (JUMI)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
来週7月9日(月)のハローラジオシティ、ナビゲーターは新宮志歩さん。
北関東の方へプチ旅に出かけていたみたいなんですが。。。
どんな旅だったのか教えて欲しいなー。

私JUMIは、来週7月11日(水)にまたお目にかかります。
皆様、素敵な週末をお過ごしくださいマセ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です