コールドプレスジュース 築地果汁創作所/日本橋NOREN STORY うなぎ喜代川

ハローラジオシティ火曜日!今日のゲストは・・・

☆築地場外市場にあるコールドプレスジュースのお店
「築地果汁創作所」 店長の大村理恵さん

スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーで野菜や果物を絞ることで、材料に熱を加えず強い圧力をかけてすりつぶしながら絞るコールドプレスジュース。このお店では、水や砂糖を一切使わない完全無添加のジュースを販売しています。

材料は老舗高級青果店「ハヤシフルーツ」との特別コラボで厳選されたものを使用。材料はもちろん間違いなく良いもの、そして手作業で一本一本こだわって作っているので新鮮で安心なところもうれしいですね。

スタジオには色とりどりのジュースがズラリ!
独特な色をしているのもありますが、どれも本当においしいんです!クセのありそうな野菜も果物の甘さがあるのでとっても飲みやすい。コールドプレスジュースの味に断念したことがある方はぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

ウレシイ特典をいただきました!
「中央エフエムラジオを聴いた!」と店頭で言っていただくと、商品が50%オフで購入できます!
~7月14日(土)まで。この機会にぜひ召し上がってみてくださいね^^

☆日本橋料飲組合プレゼンツ 「日本橋NOREN STORY」
日本橋小網町「うなぎ喜代川」 5代目 渡辺昌弘さん

明治7年 1874年創業したうなぎの老舗。
作家の渡辺淳一さんが通っていたお店で、作品「化身」では舞台にもなったお店です。ほかにも、谷崎潤一郎の「幼少時代」では父と訪れたお店として喜代川の名前が登場しています。

文豪も食べたというこちらのお店のウナギ。現在は近隣の証券会社の方をはじめ、様々な方に愛されています。
小網町で育った渡辺さん。昔はお店の並びに10軒ほど個人商店があったそうですが、今残っているのは喜代川のみ。さみしさの中で、継続していくことの難しさ・喜びを感じながら今日も焼き場に立っていらっしゃいます。凛々しいお姿に感動でした!

☆ハロラジ、明日からはJUMIさんにバトンタッチです。
私はまた来週月曜日に戻ってきます!それでは^^

訂正です。
ラスト曲 「土曜日の夜」/土岐麻子 でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください