レバノンで作られたこだわりのオリーブオイル「大塚オリーブファーム」大塚不破土さん

7月最初のハロラジ、今日のゲストは・・・

☆大塚オリーブファーム 代表取締役大塚不破土さん

レバノンの農園で採ったオリーブを8時間以内に自社工場で絞る大塚オリーブファームのオリーブオイル。

1978年、内戦の真っただ中にあった母国レバノンから日本へ留学生としてやってきた不破土さん。たまたま留学生募集に空きがあったのがキッカケになったそうで、「僕はラッキーボーイ!」「人生はご縁」と語っていました。当時の母国に対する気持ちや日本での思い出から目頭が熱くなるシーンも。

日本の皆さんに何かおいしいもので恩返しをしたい!と思った不破土さんは、レバノン発祥の「オリーブ」に注目。こだわりのオリーブオイルを日本に届けて10年になります。
不破土さんのつくるオリーブオイルは、絶対に35度以上で加熱しないで!とのこと。というのも作る工程では石臼を使用し35度以下で圧搾している(コールドプレス)もの。調理で加熱してしまうと酸化してしまうんだそうです。

オレイン酸、ビタミンE、ビタミンA、ポリフェノールなどを多く含むオリーブオイルは、健康にうれしい効果が期待できる食材。不破土さんがいうには、オリーブオイルを毎朝スプーン一杯飲むと健康でいられるよ!とのことです。果実が新鮮なうちに搾ったオリーブオイル、えぐみも臭みもピリッとする感じもなく、スーッとのどに通っていく味でした。

有楽町・東京交通会館で開催されている「交通会館マルシェ」でほぼ毎週末試食販売会を行っています。
そのほか、ネット販売、Amazon、事務所への電話 0120-82-41921(月~金 10時~18時 土日祝休み)で購入ができますよ!気になった方はぜひ!

http://www.fuado.com/

不破土さん、ありがとうございました!

☆明日も新宮が担当です。おたのしみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です