開館2周年!日本橋とやま館/日本橋 NOREN STORY

ハロラジ火曜日。今日のゲストは・・・

☆開館2周年を迎えた日本橋とやま館・館長の山下章子さん

2016年6月4日、日本橋の橋のたもとに開館した日本橋とやま館。
物販だけでなく観光案内サロン、バー、展示スペース、レストランを兼ね備えた総合商業施設として日本橋に開館して2年。

今回その2周年を記念して、アーティストやプロデューサーとコラボした展示、販売が行われています。
「富山シャクヤクと工芸品の饗宴~日本橋とやま館 × 花千代」~6月10日(日)
「日本橋とやま館オリジナル手ぬぐい~日本橋とやま館 × 河原シンスケ × 手ぬぐい専門店かまわぬ」
トヤマバー「富山づくしの卵かけごはんセット」平日限定10食

などなど・・・!どれも見逃せない内容ですよ!ぜひ日本橋とやま館へお出かけくださいね^^

☆日本橋料飲組合プレゼンツ「日本橋 NOREN STORY」
6月は2週にわたって吉野鮨5代目の吉野正敏さんがゲストです!

いよいよ今週末6月8、9、10日に迫った山王祭。
この祭りに20代のころから携わっているという吉野さん。がむしゃらに神輿を担いでいた若い頃を経て、担ぎながら運営をする立場へ、そして今は運営や町との調整など様々な役割を担っています。祭りにかける思いや町との関係などを伺いました。

10日(日)には下町連合渡御が執り行われます。
担ぎ手の方たちを増やし周りからさらに注目されるお祭りにしようという思いで始まったのがこの渡御。茅場町にある摂社をスタートし、午後は中央通りに17基のお神輿が集まり渡御していきます。
見逃せないポイントはやっぱり、日本橋の橋の上。氏子町会が日枝神社と神田明神で別れるこの場所で、神田側の氏子の皆さんが提灯を持ってお出迎え。これは、普段から「仲が良いからできるんだよ!」と吉野さん。

若手からベテランまで力を合わせてがんばります!と気合たっぷりでした。

☆明日から週の後半はJUMIさんにバトンタッチ。
次回、新宮の担当6月11日(月)は収録での放送となります。ご了承くださいませ・・・!
それでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です