教えてオハナ &「フレンチシェフ スペシャリテ倶楽部 特別ディナー」@シェ イノ

教えてオハナ

今回も健ナビ薬樹薬局人形町店の薬剤師の野村大祐さんと、管理栄養士の米谷ひかりさんに教えていただきます。

今日のテーマは「食中毒」。
このジメっとして気温の高い季節にはとても気になるテーマです。
最近アニキサスによる食中毒がかなり話題となっています。皆さん気を付けてはいるけれど、予防がしずらいものでもあります。毎年、梅雨のころから夏にかけては食中毒が増える時期ということで、当たったらとっても困る「食中毒」についてお二人に詳しくお話を伺いました。

食中毒の原因は「細菌」と「ウイルス」の主に2つ。
それぞれに特徴があり、発症する環境が実は性質は全く違うのだそうです。

「細菌」は高温多湿を好むのでまさにこの時期!
「ウイルス」は乾燥、低温を好むので比較的冬場に多く発症するケースが多いとのこと。2つの違いを知りませんでしたが、こうして教えて頂くとはっきりしますね。
家庭での食品保存の際のヒントも沢山いただきましたよ。

管理栄養士の米谷さんからは
食中毒を予防するための3原則を教えていただきました。
菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」
これは家庭で実践できる大切なことですね!

傷んでいる食品(傷んでいる、ネバネバしている、酸っぱい匂いがする)が食中毒を引き起こすというよりもーー、
実は細菌は目に見えないので、最初から食品に食中毒菌が付いている、ということを前提で調理をすることが重要とのこと!
ええっーー!これは今までになかった発想でした。
なるほどー、そういうことですか。
「食中毒」を防ぐ工夫、いろいろチャレンジしてみます。

<健ナビ薬樹薬局人形町店 開催イベント>
「ラクラク筋トレ講座 ~賢くダイエット~」
7月22日(土) 15:00-15:30
お申込み:03-5643-5287

+++++++++++++++++++++++++++++++
第2回「フレンチシェフ スペシャリテ倶楽部 特別ディナー」開催決定!

今回開催される場所は中央区京橋の「グランメゾン シェ イノ」
8月27日(日)のディナー開催決定です。

今回の特別ディナーもその多彩なメニューは秀逸、ひたすら「美味美食」の一言に尽きる素晴らしさです。

有楽町の超有名店「アピシウス」初代総料理長、故高橋シェフのスペシャリテを、お弟子さんであり現在銀座2丁目にお店を構える「KAIRADA」のオーナー皆良田シェフが再現。
シェ・イノの古賀シェフの仔羊のパイ包み焼き「マリアカラス」が味わえたり、また若手シェフの中から、ジビエファンならご存知の室田シェフが腕を振るってくださるという盛りだくさんです。
さらに「ラタトゥイユ」の恩田シェフ、日比谷公園の中にある「南部亭」の釜谷シェフ、六本木「トレフ ミヤモト」の宮本シェフのスペシェリテも楽しめるという超豪華版!
それぞれのシェフの最高のパフォーマンスがここ京橋で一度に味わえるなんて凄いことですよねー。

「フレンチシェフ スペシャリテ倶楽部 特別ディナー」
開催日時:8月27日(日) 18:00~
開催場所:京橋「シェ イノ」

席に限りがありますので、ご予約はお早めに。

    予約受付はトレフ ミヤモトのみ(他店舗では行っておりません)

予約先 トレフ ミヤモト 03-5772-7755

詳細についてはコチラから

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1482136605232225&set=a.110955365683696.18497.100003077003180&type=3&theater

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
明日、6月28日(水)のメッセージテーマは、、、
「涼しさを演出するものといえば何ですか?」教えてください

高温多湿のこの季節を涼やかに乗り切る工夫、教えてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください