観光協会特派員の「大好き!中央区」(特派員:ゆりかもめさん)

ハローラジオシティ、ナビゲーターの福留由夏です。

さて、週の初めの月曜日はおなじみのこのコーナー、

観光協会特派員の「大好き!中央区」をお届けしましたよ~。

このコーナーは中央区観光協会が主催している観光検定に合格して

特派員ブログを書かれている方をお迎えしてお話しを伺っています。

ブログと連動していますのであわせてお楽しみくださいね。

今回の特派員さんはお久しぶりです~!ブログネームゆりかもめさん!!

近況報告の中で、とってもキレイな朝陽のことを語ってくださいました~

私、残念ながら朝陽も夕陽もとんと見れていません・・・

でもゆりかもめさんの情景描写がとっても細やかだったので、

朝陽が光り輝く様子が目に浮かびましたよ~。ありがとうございます!

そして、今回ご紹介いただいたブログ記事はコチラ↓

2011年8月14日付 雁皮紙の榛原 和紙の博物館 です!

日本橋にある老舗和紙店「榛原」といえば、雁皮紙を江戸で最初に売りだしたお店。

やわらかな筆当たりで字がキレイにかけると、名だたる文人たちの間でも評判となりました。

店内には和紙のほかにも結納品やお祝いごとに使う水引が売られていたり、

竹久夢二の一筆箋であったり素敵な絵柄の千代紙ノートなど

懐かしさが感じられるのにオシャレで洗練されたものがたっくさん!

第19回 日本文具大賞 デザイン部門優秀賞を受賞した

オリジナルの「蛇腹便箋」も有名です。

私も柄違いでふたつ持っていますけど、愛用していますよ~

ちょっとした一言を添えるときには1枚で、長い文章をしたためたいときは

何枚か使って・・・と、巻紙のように自由な長さで使えるのが特徴。

最近は「小さな蛇腹便箋」というサイズ違いも発売されたようなので

今度、見にいきたいなと思っています。

そろそろ来年のカレンダーも気になる季節です!

昨年私が訪れたときには売り切れてしまっていた「千代紙カレンダー」、

今年は購入できるかなあ。ゆりかもめさんのお話しを聞いていて

また榛原さんに訪れたくなりました!

ということで、ハロラジナビゲーターは福留由夏でした。

明日も84.0でお待ちしておりま~す!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください