4月9日公開の映画「ナンネル・モーツァルト~哀しみの旅路」/「銀カレーTOKYO」茅場町店オープン!

ハローラジオシティ、ナビゲーターの福留由夏です。

今日も昼間は暑いくらいのあたたかさ!

ただあいにくの曇り空、南風も強く、明日にかけてお天気下り坂のようです。

でも日曜日は晴れる予報ですよ~

さて、隔週金曜日にお届けしている「アルバトロスのライフイズムービー」のコーナー、

今週も中央区の映画配給会社・アルバトロスの三上昌弘さんと男澤愛さんにご登場いただきました!

   

ご紹介いただいたのは、明日4月9日公開の映画「ナンネル・モーツアルト~哀しみの旅路」です。

──偉大なる天才作曲家モーツアルト、

  その影には、運命に翻弄された姉ナンネルがいた──

類まれなる音楽の才能に恵まれながらも

女性が作曲することなど許されなかった時代に生まれてしまったナンネル。

内に秘められた音楽への情熱、そして王太子ルイ・フェルディナンへの儚い恋心・・・

女性だからという理由で才能を開花できなかったなんて、せつないです。

この映画において特徴となるのは、やはりその音楽!!

現代に残されていないナンネルの曲を想像上で制作したのだとか・・・

困難な課題に挑戦したのは、女性作曲家のマリー・ジャンヌ・セレロです。

彼女の師のひとりは、「イングリッシュ・ペイシェント」で

アカデミー作曲賞を受賞した巨匠ガブリエル・ヤレドだそうですよ~。

もちろん音楽以外にも、ヴェルサイユ宮殿でのロケや豪華な衣装など、

映像の見どころもふんだんに盛り込まれているので、全編を通して興味深い内容となっています。

モーツァルト一家が演奏旅行をしていたというのは知っていましたが、

弟モーツァルトの影で、哀しみの旅路をおくっていたお姉さんがいたなんて知りませんでした。

ナンネルの意志が感じられる力強い眼差しが印象的でした。

さあそして、アルバトロスさんのご好意で、今回もプレゼントをいただきました!!

「ナンネル・モーツァルト ~哀しみの旅路」の劇場観賞券を1組2名様にプレゼントします!

    

応募はメールがvoice(アット)fm840.jp ※アットは@に置き換えてください

FAXは、03-3668-2770までお申し込みくださいませ~

締め切りは4月15日(金)、発表は発送をもってかえさせていただきます。

以上、「アルバトロスのライフイズムービー」をお届けしました~

さて続いてのトークコーナーでご紹介したのは、

本日茅場町にOPNEした「銀カレーTOKYO 茅場町店」です。 

        

中央エフエムからめちゃめちゃ近いです(笑)歩いて5分とかかりません!!

そしてお昼を過ぎた時間帯を狙って訪れたにもかかわらず混み合っていましたよ~

私がオーダーしたのはコチラ↓↓↓

   

「銀座ビーフ」のカレーにオムレツをのせてもらいました~!!!

ルーはもうひとつ「下町ポーク」があり、上に乗せるトッピングは8種類から選べます。

ちなみに、今回お話を伺った銀カレーTOKYO事業部の

植草聖二さんがオススメする組み合わせはというと、

「ライス大盛り、ルー大盛り、オムレツ+チーズ+手仕込みカツのトッピング」だとか!!

   

植草さん!!!乗せ過ぎじゃないですか???

「すでにオープンしている品川のお店では、

トッピングを“全部乗せ”する方もいらっしゃいますよ(笑)」とのことでした。

お腹の空き具合に応じていろいろと変えられるのも楽しいですね。

そしてそして!!!リスナー限定サービスもいただきましたよ~

本日の茅場町店オープン記念として

お会計のときに「中央エフエムを聴いた」とお店の人に伝えると

トッピングを付けた方は50円引きとなります!!

ありがとうございます~!!!皆さまぜひご利用くださいね。

お店の住所と営業時間はコチラ↓↓↓

銀カレーTOKYO 茅場町店

住所:中央区日本橋茅場町3-5-4 ヨシエビル

営業時間:午前10時~午後9時まで

テイクアウトもできますので、近隣のオフィスの方も注目ですね。

ということでハロラジナビゲーターは福留由夏でした。

また来週も84.0でお待ちしておりま~す!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください