藤原新也さんの個展「死ぬな生きろ」銀座・永井画廊で31日まで開催

ハローラジオシティ、ナビゲーターの福留由夏です。

今日は電車の中で半袖になっている男の人を見かけました。

(手にはダウンジャケットを抱えていましたが・・・)

朝晩は冷え込みますが日中はポカポカ陽気復活!!

昨日は東京でソメイヨシノの開花も発表されましたし、

少しずつあたたかい話題が増えてきています。

さてさて、本日のハロラジでご登場いただいたのは、

「開運!なんでも鑑定団」で鑑定士としても活躍していらっしゃいます

銀座・永井画廊の永井龍之介さんです!

   

現在開催中の藤原新也さんの個展、

「死ぬな生きろ」についてお話を伺ってきました。

   

実はこの個展は3月1日から18日までの開催を予定していたのですが、

震災の影響で一時開催中止を余儀なくされていました。

「永井画廊が始まって以来、会期中に中止となったのは初めて」と永井さん。

その後、藤原新也さんと話し合い、今だからこそ多くの人に必要とされる、

届けられるメッセージもあるのではないかと、会期を31日まで延長して再開。

延長期間の収益の一部は義援金にあてることにしたといいます。

今この時期に「死ぬな生きろ」という言葉を聞くと、皆さん思うところがあるのではないでしょうか。

私自身、今回の震災前と震災後では死生観が変わりました。

そんな時に、藤原新也さんの88点もの書と写真によって語りかけられる

「死ぬな生きろ」というメッセージ。

自然も人も動物も、美しくて、愛しくて、はかないもの。

藤原さん独自の優しさとあたたかみのある目線で捉えられたシーンと言葉は、

ひとつひとつ、じんわりと心にしみわたります。

   

1階、3階、4階、5階と永井画廊さんの4つのフロアすべてを使い、

四国で撮影した88点の写真と書が展示されています。

        

左は永井さんが一番印象に残っているという「命」の作品。

そして右は、定食屋さんのサンプルを写したユーモアあふれる作品です。

藤原さんの奥深さ、人間味が作品からとても伝わってきます。   

     

【藤原新也 個展「死ぬな生きろ」】

会期:~3月31日(木)まで

会場:永井画廊

住所:中央区銀座4-10-6 

※都営浅草線東銀座駅A2出口より30秒

TEL:03-3547-9930

会場では震災の義援金を受け付ける募金箱が設置されているほか、

感想を書き残せるノートも置かれています。

残りわずかな会期ですが、私ももう一度足を運びたいと思っています。

ということで、ハロラジナビゲーターは福留由夏でした。

明日も84.0でお待ちしておりま~す! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください