ゲスト:日本橋めぐりの会 代表 川崎晴喜さん

ど~も!アッコです♪
今日は番組でホクロ占いをご紹介しました。
「ホクロ七星」が顔にあるわたくし(笑)
今年はいいことあるかな~?

さて、今日はゲストに日本橋めぐりの会代表の川崎晴喜さんをお迎えしました。

以前からお噂はたくさんお聞きしており、一度取材をしたいと思っていた方です。
新年にぴったりのにぎやかなトークとなりました♪

日本橋に行けば川崎さんに出会える!というぐらい、
毎日、日本橋界隈を走っていらっしゃいます(笑)
川崎さんは、老舗リレーツアーを企画・運営され、日本橋活性化に一役買っています。
生まれは四国愛媛、学生の頃は関西暮らしということで
日本橋とのご縁は、ご自身で結ばれたと言っても過言ではないほど。
歌川広重の大ファンで、惚れ込むうちに江戸文化の研究に没頭され、
「日本橋に本社を置く」という理由で野村証券にお勤めでした。
会社勤めの頃から、日本橋の老舗に足を運び日本橋めぐりなるツアーを企画。
企画するものの、最初はツアーに賛同してくれる老舗は少なく、参加者も集まらず
苦労もありましたが、現在ではなんと!倍率50倍。3月まで予約でいっぱいです。
参加のお申し込みは日本橋めぐりの会HPまで。

今日は特に、時間があっという間に過ぎていったような気がします。
わたくし、アッコの心に響いた川崎晴喜語録!
「商いの店は、飽きさせない店にしなければなりません」
「大旦那さんが外務担当、女将さんは財務担当、番頭さんは内務担当。
やっぱり大旦那さんがいるからこそ老舗が残るのではないかと思います」
「日本橋では50(歳)ははなったれ。私はまだまだです」
 

などなど。日本橋の旦那衆との顔と顔を付き合わせて信用を築く「お付き合い文化」を
継承されているお一人だからこそのひとことが沢山聞けました!

 

今年は日本橋架橋100年!
記念イベントも多く開催されます。
まずは、「バーサス日本橋」
江戸の歌川広重VS平成の若手日本画家が橋の絵で対決します!!
同じ橋を時代を経て書き比べる。天国から歌川広重さんも見に来るかも?

そして「想いを伝える日本橋和紙絵本展」
川崎さんが書き貯めていた詩に、若き画家さんによって絵が添えられ、
その詩を若き書家さんが文字として表現し、絵本にする。
文・画・書・音・和紙の饗宴です。

◆バーサス日本橋◆
会期:2月7日(月)~12日(土)
時間:10時~18時(初日は12時~、最終日は~16時)
入場料:無料
場所:小津ギャラリー
◆想いを伝える日本橋和紙絵本展◆
会期:2月21日(月)~26日(土)
時間:10時~18時(初日は12時~、最終日は~16時)
入場料:無料
場所:小津ギャラリー

川崎さんとお話ししていると、どんどん夢が膨らみます!
日本橋の魅力をどのように、どんな形で、どんな人と発信していくか。
想いが人も街も動かすんだな~と感じました。
私もがんばるぞ~!

明日は由夏さんがご案内します~(^^)お楽しみに!

posed by アッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください