取材:蒲鉾・はんぺん・おでんの老舗 神茂 代表取締役 井上卓さん/「大好き!中央区」特派員:三日月さん

ど~も!アッコです♪
クリスマスはどのように過ごしましたか?
我が家はプレゼントを用意するものの・・
靴下にプレゼントが入ってないと大泣きされました。。
慌てて靴下に無理やりおもちゃを押し込め渡すとにっこり。
変なところにこだわりを持つオチビさん。弱りました。

さて、今日ははんぺんで有名な日本橋の老舗「神茂」さんにお邪魔してきました♪
お話を代表取締役の井上卓さんに伺いました。

ずいぶん前から気になっていて、今年の冬には絶対取材するぞ~と意気込んでいたお店です。
皆さまもご存じ!神茂さんのはんぺんは絶品です!!
早速、田舎の母にも送りました(笑)絶賛していました!!
 

神茂さんのはんぺんは、なぜこんなに美味しいのか!?
それは、こだわりにあります。
はんぺんの材料となる鮫は宮城県の気仙沼から毎日直接仕入れ、
日本橋のお店の地下にある工場で、職人さんたちが丁寧にさばきます。
血合いを取り除き、身の良い部分だけを使い、すり上げていきます。
そのあと、もう一度濾します。
”二度濾し”これが、あのふわふわとろける食感を生み出すのです!
真っ白な雪のような美しくてなめらかなはんぺんはこのようにして作られています。

はんぺんは1日1500枚ほど、ピーク時には4000枚作るということで
冬場は職人さんの手が休まる日はありません。。ありがとう!職人さん。

そして、井上社長はアイデアマンであります!
社長におでんの具材の話を聞いて、大変面白かったです。
おでんは、その土地によって味が違います。
中に入る具も違う。
定番の具材はもちろんのこと、新しい具材も開発する。
商品ができるまでの試行錯誤は様々。
井上社長は全国を旅して食べ歩き、こんな商品はどうか?と
日々考えておられます。
 

アイデア商品のひとつが、調理済おでん。
老舗のお店で調理済みのパックを出してよいものか迷われたそうですが
商品として販売したところ大ヒット!年間、なんと7万食も売れています。
其の二も登場しました!其の二は関東おでん独特の具を集めています♪

主婦のアッコとしては、この調理済おでん、超~~~~助かります。
老舗の味をお手軽に楽しめるとあって、その日の我が家はもちろんこちらの「おでん」!
美味しかった~~~~★☆

現在はお正月商品に様変わりしておりますので、ご注意を!
おでんの具材は年明けから揃います。
お正月商品はお早めにお買い求めくださ~い。

神茂
場所:日本橋室町1-11-8
年末年始の営業:年内31日まで営業、年始は5日から。

☆観光協会特派員の「大好き!中央区」☆

毎週月曜日は観光協会特派員の「大好き!中央区」
このコーナーは中央区観光協会さんが主催されている
中央区観光検定に合格されて特派員ブログを書かれている方を
ゲストにお迎えし、中央区の話題をお届けしています。
特派員の方のブログと連動していますので、
ぜひ、中央区観光協会特派員ブログとあわせてご覧ください。

今日お特派員は三日月さんでした♪

まずは近況報告から。
銀座でウクレレを習い始めた三日月さん。
レッスンも楽しみつつ、その後の銀ぶらも楽しまれています♪
いいですね~☆彡

そして本日ご紹介するブログは2009年12月24日付「大掃除におすすめの便利グッズ」です。

この時期必聴ですぞ~。
なんと!三日月さん、私の分まで買ってきてくださいました。
ありがとうございますうううう。

その名も「ガリガリ君」、正式名称は「がんこだわし」だそうです。
人形町商店街のレンタルスペースに年に数回出店されている
燕三条の藤山商店さんで購入されました。
1個300円!
(写真上ががんこたわし、下はべったら市で見つけられた、なんと100円のブラシ。これも役立ちそう♪。)


三日月さんがお母様へのプレゼントとして数年前に依頼したプロのお掃除の方から
こっそりと教えてもらったそうです。プロの間では通称「ガリガリ君」と呼ばれています。
そのガリガリ君!いい仕事をしてくれます♪
傷をつけずに汚れを一掃☆☆☆
大掃除しながら、おもわず「おお~~~っ」と叫んでしまいました(笑)
三日月さんは、便利グッズの手助けもあり、なんと掃除時間はたったの10分!
お見事です!

三日月さん!貴重なお話をありがとうございました~!
 

明日は今年最後のハロラジ♪アッコがお伝えします(^^)

posted by アッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください