サークル・ナウ! ゲスト:ダンスサークル「スタート」代表 荻 敏明さん


サークル・ナウ! 今日は築地社会教育会館で活動している社交ダンスサークル「スタート」の代表 荻 敏明さんにお話を伺いました。

荻さんは、学生の頃に社交ダンスをしたことがあり、本格的には、お仕事の現役を退いてから始められ、16年になるとのこと。お年を伺って、実にびっくり! お若い秘訣は、やはり素敵な音楽と社交ダンスのおかげでしょうか。

「スタート」さんは、毎週金曜日の午後7時〜8:30まで築地社会教育会館でレッスンを行っています。ご指導下さる先生のもと、前半はモダンダンスと呼ばれるワルツやタンゴ、後半は、ラテンダンスのルンバやチャチャチャの練習です。今、人数は16人で、男性6人、女性10人で活動しています。

社交ダンスをされている方は、姿勢がシャキっと伸びた方が多く、かっこいいですね。ステップの前に、姿勢、ウォークを身につけるのが基本とのこと。

私も身近な方で、社交ダンスにすっかりハマってしまった先輩がいます。本当に華やかなドレスを着てワルツを踊ってらしたのですが、表情から身のこなしまで生き生きとしていたのが、印象的でした。音楽に合わせて踊るのは、気分も高揚して、若さを保つ秘訣かもしれませんね。

「スタート」さんでは、50〜80代の方が所属していますが、発足した7年前はみなさん全くの初心者から始めたそうです。それが今ではかなりレベルアップしているとのこと。正に継続は力なりですね。初めての男性は、うまく上手にできない恥ずかしさから挫折してしまう方もいらっしゃるそうですが、その壁を乗り越えると、素晴らしいダンス生活が待っているかも。女性は華やかなドレスが着たいという気持ちから、がんばる方が多いそうです。男性陣、負けていられないですよー。

「スタート」さんでは、体験や見学も行っていますので、気軽に築地社会教育会館まで足を運んでみて下さいね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください