懸賞ハンター:くらしま「ところ天」

今日の「さるしばいの中央エフエムから出してます」では、静岡県の「くらしま」さんところてんをピックアップ。入梅して、段々蒸し蒸し感も高まってきた日本の夏。ここは、つるりと「ところ天」ののどごしで清涼感を感じてみてはいかがですか。

倉島さんは、現在5代目。こちらのところてんは、昔ながらの製法を守り、圧力をかけずに、一昼夜かけて固めます。そのため、てんぐさのくさみがなく、弾力のあるところ天が出来上がるそうです。てんぐさは、伊豆稲取海岸で取れたものを使っています。そして、後味にふわっと磯の風味が広がるとのこと。また、しょうゆも出雲の国で木の樽で熟成されたこだわりのものを使っているそうです。くらしまさんのお話を聞いていたら、つるっといきたくなってしまいました。

くらしまさんでは、ところ天の他、こんにゃくも扱っています。番組内では、こんにゃくの体での働きについてもじっくり語っていただきましたが、こんにゃくを食べると、腸のお掃除ができて、体調もよくなりますよ。私の夕食には結構な頻度でこんにゃくが食卓に並びます。今晩のおかずにいかがですか?

Posted by 由起

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください