Rynten #676 インプレッション ”オリジナル&カバー 聴き比べ” #17

東京〝オリンピック〟〝パラリンピック〟が終わりました。

開催の是非は別として、個人的な感想ですが〝パラリンピック〟の方が感動することが多く競技そのものではなく「ここまで来るのに、ハンディキャップを乗り越えて…その〝努力〟と〝精神的強さ〟は並大抵じゃないんだろうな。それってどこから来ているんだろう。」と、競技や結果より、こちらに涙します。凄い!です。健常者である自分もそこまでたどり着く事は出来ない、ただ感服以外の何者でもありません。メダルやタイムがどうのこうのより、その場に立っている、という事に感動でした。みなさんはいかがだったでしょうか?
お便りをご紹介します。お馴染みの《宮城の中年ライダーさん》からです。
宮『今月2回目のワクチンを打ち秋田へ出かける準備も出来ました!』
R『秋田でのソロライブは、11月の初旬に予定されていますが、今の状況で開催ができるかどうか?微妙なところではありますが、開催する暁にはぜひ足をお運び頂ければ、と思います。』
宮『原発が増え行き着くところ海水のおんdが上昇。これが一つの異常気象を巻き起こし、あるいは、山の手入れが不十分で川に流れ出す土砂などが多く、近くの川など雨上がりの風景を見るとため息が出ます。』
最近多く見かけるのが、山を切り崩し木を全て引き抜きその斜面に〝太陽光発電〟を設置している風景をよく目にしますが、山の保水能力が下がるのは目に見えて明らか。そこで水害・土砂崩れなどが起こる。その時の〝責任〟を追求する法律は日本にあるのでしょうか?〝法治国家〟と言われながら、法整備はなかなか進んでいない様に感じます。

【 M1】〝La Foret Bleue〟〜アルバム〝New Vistas〟より

【Rynten Impression】ー オリジナル&カヴァー聴き比べ ー Vol.17 今年8月24日に死去した〝The Rolling Stones〟のドラマー〝 Charlie Watts(チャーリー・ワッツ)〟を偲んでと題し 〜その1 をお届けします。〝 Charlie Watts〟は〝The Rolling Stones〟のドラマーとしても有名ですが、並行してJazzドラマーとしての即メンもあり、経歴からするとこちらの活動が古い様です。本人曰く「Jazzドラマーがたまたま〝The Rolling Stones〟でドラムを叩いてる」。〝 Charlie Watts〟のユニットもあり来日公演もありました。国内外問わず人望が熱かったようです。
・Satisfaction / The Rolling Stones:1965年リリース。オリジナル。初めて世界的に大ヒットした曲であり〝Keith Richards(キース・リチャード)〟がソングライターとして不動となる地点でもありましたが、このアレンジは気に入らなかったとか。
・Satisfaction / Otis Redding:1965年リリース3枚目アルバムに収録。〝Keith Richardsはこんなアレンジを望んでいた!
・Ruby Tuesday / The Rolling Stones:1967年シングルリリースし大ヒット。オリジナル。〝Satisfaction〟とは違い、ソフトな曲調ですがこれも〝The Rolling Stones〟の持ち味です。色になっているのは〝Brian Jones(ブライアン・ジョーンズ)〟のリコーダー。もう一つはコントラバス?かチェロか?〝Keith Richards〟が弾き〝Bill Wyman(ビル・ワイマン)〟がおさえる、という二人羽織のようなことをしていた、という話を聞いた事があります。
・Ruby Tuesday / Rod Stewart(ロッド・スチュアート):1993年アルバム〝 Lead Vocalist〟に収録。やはり〝Rod Stewart〟がこの曲に合ってる気がします。

【Key of R】
今日の生演奏は、南米生まれ《花祭り》をお届けします。いつの時代の曲なのか?断定出来る年号は表されていませんが、元々のタイトルは〝Humahuaqueño(ウマウアケーニョ)〟。日本語に訳すと〝ウマウアカ渓谷の人びと〟となるのでしょうか。この〝ウマウアカ渓谷〟とは〝ウマウアカ〟という町があり、渓谷が観光地となっていて、アルゼンチンではありますが殆んどボリビアとの国境に近い場所でもあります。アルゼンチンの大多数である種族とはまた違う独特の種族の人たちが住み、その大半はボリビアであったりペルーであったりしますから、そちらの方の曲だと思われていますが、厳密に辿るとアルゼンチンという事になります。作曲が〝Edmundo Zaldívar(エドムンド・サルディバール )〟というクレジットがありますが、本当に彼が書いたのか?昔から歌われていた曲を譜面にしたのか?が定かではありませんし、はっきりしていません。ちなみに、この日本語タイトル〝花祭り〟というのは、この曲がフランスに渡り、シャンソンとして紹介された時にフランス語でこのタイトルがついていました。それを日本で直訳した経緯がある様です。とてもご機嫌な曲です。
(Youtube先での再生になります。)

【Rynten Live】
・9月18日(土)福岡朝倉「音茶」
※福岡県の緊急事態宣言発出により、無観客・ライブ生配信のみとなりました。
19:00より 配信チケットはこちら
https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/90011?fbclid=IwAR3NBm_GTPoPbSwZrVnco5ntXGT8zos3SEGNa20i2Mt0iM07ULEdlhDkuwU
(問)同 TEL 0946-52-3672
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・10月29日(金)東京『Back In Town」
19:30スタート ライブチャージ3,850円(要ドリンクとフード)
ゲスト:白井京子(アナウンサー)
(問)同 TEL 03-3353-4655
http://backintown.jp/index.php?z=062401

・11月6日(土)秋田「カフェ・ブルージユ」
http://www.cafebrugge.com
(問)秋田アコースティッククラブ三田村 TEL 090-1828-6384

・11月20日(土)岡崎倫典コンサートwith谷本光@旭川文化会館小ホール
ゲスト 谷本光
18:30スタート 3,000円 全席自由
(問&主催)旭川トライアル公演実行委員会:TEL 0166-47-0051

・11月23日(祝・火)@大阪河内長野「百年邑」
※ソーシャルディスタスにより定員半数の20名限定
16:00スタート 前4,000円 当4,500円(オーダー別途)
(問)同 TEL 0721-56-1107
http://hyakunenmura.com

・12月19日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
ゲスト:南かおり(MCタレント)
(問)同 TEL 0742-26-7444
https://flower6.jp/index.html

●ギターセミナー開催
・9月19日(日)音茶
全プライベートレッスン、50分 8,800円(税込)
(問)同 TEL 0946-52-3672
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・12月18日(土)大阪八尾「F2音楽教室」
全プライベートレッスン 50分 11,000円(消費税込)
(問)同 TEL 072-923-8112
<フリーダイヤル> TEL 0120-448-112
営業 10:00〜23:00 日曜・祝日休
https://f2music.com/special01/index.html

●プレミア・アーカイブチケット@福岡朝倉「音茶」販売 twicas のお知らせ
それぞれ 2,500円
・2021年7月17日@福岡朝倉「音茶16周年〜バースデイライブ」編
https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/71809
・2021年4月29日(木祝)「昭和の日 アコースティックライブ」編
https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/54373
・2021年2月6日(土)「バレンタインコンサート」 編
https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/44907
・2020年12月19日(土)「クリスマスイブイブライブ」編
https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/39589

●アルバム参加
境 長生(さかい・ちょうせい)「40周年記念アルバム〝In Or Out〟」収録楽曲〝ほんとうのこと〟に参加しました。10月21日発売

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ
譜面集【New Vistas】発売!
2021年3月20日 KMP出版より 2,500円+税
AMAZONで販売中。


10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です