Rynten #623 インプレッション ”ギターインストのルーツを辿る旅 #3 / Bert Jansch(バート・ヤンシュ)”

台風のシーズンですね。災害が無いことを祈っています。如何お過ごしでしょうか?

〝秋深し 隣は何をする人ぞ〟秋にまつわる話は多いですね。
家に閉じこもる時間が例年より多い秋になりそうです。僕自身も例年に比べると、家にいる時間がかなり多いです。仕事の合間合間にインターネットサーフィンをよくやっています。僕がアクセスするテーマは〝艦船〟〝航空機〟〝交通取り締まり〟なーんていうのも。〝宇宙〟の問題、〝遺跡〟なども面白いです。
そんな中、よく覗くのは「この漢字はどう読むのか?」のコーナー。たくさんあります。一度見たから、と言って覚えられるものではありませんが、非常に印象に残ってる漢字があります。《賓(ひん)》という文字。〝迎賓館〟〝賓客〟などの〝賓〟。一文字では〝まろうど〟と読むそうです。意味は「滅多に訪れない客」だそうです。日本語の奥深さを感じさせられますねえ。例えば、〝若人(わこうど)〟と同じ様に、かつては漢字2文字だった可能性もありますが、僕自身、まだ調べがついておりません。
ところで、この〝賓〟、これに〝氵〟をつけると〝横濱〟の〝濱〟と昔の漢字になります。漢字自体は昔からあったと思いますが「海を渡ってやって来る、珍しいお客さん」と、その港の横に広がる街と考える。まさにピッタリな字ではないでしょうか!一語一語が持つ漢字の奥深さ、そんなネットページでした。
「この一文字が入った曲をいつか創りたい!」と思います。どんなタイトルになるか?はわかりませんが。

【Rynten Impression】
今週も「ギターインストのルーツを辿る旅」と題し、そのvol.3。先々週の〝Bert Jansch(バートヤンシュ)〟先週の〝John Renbourn(ジョン・レンボーン)〟両巨頭が作ったグループ《Pentangle)(ペンタングル)》をお送りします。
・Bells:2010年リマスターアルバム〝Sweet Chaild〟より
・Three Dances Madley:1968年〝Sweet Child〟より〝 Brentzel Gay〟 〝La Rotta〟〝The Earle of Salisbury〟
・Waltz:2010年リマスター〝Sweet Child〟より メンバー:Bert Jansch、John Renbourn、Bass:Danny Thompson、Drum:Terry Cox、Vocal:Jacky McShee)
・Way Behind Sun:1968年〝Sweet Child〟より

【Key Of R】
今週は僕のオリジナル曲《Bayside Resort》。この楽曲は真夏、というより真夏を通り過ぎた〝晩夏〟〝晩秋〟の季節。例年よく目にする「兵どもが夢の跡」夏の賑わい残像が漂う浜辺…僕が描く〝Bayside Resort〟のイメージです。奇しくも、僕が5月にリリースしたアルバム《New Vistas》の中に、海外のカバー楽曲《samba de verao(Summer Samba)》を収録しました。その楽曲をカバーされた〝Walter Waderley(ワルター・ワンダレイ)〟というブラジルのオルガニスト奏者のプロモーションビデオがあります。固定映像ですが、ビーチパラソルが折りたたまれ、ヤシのきが浜辺に数本立ち並び、遠くには小高い山が見える、そんなビーチの写真。これは僕が思っていたSummer Sambaのイメージと裏返し・反転していました。チャンスがありましたら、ぜひ観て頂きたいと思います。

【Rynten ライブ】
●Ryntenライブ
コロナウイルス感染防止・ソーシャルディスタンスを取るため、各会場とも人数を制限しての開催となります。体調の悪い方や熱のある方はお控え下さいますよう、お願い申し上げます。また、状況により時間の変更や延期・中止になる場合もあります。ご容赦下さい。
★ライブ
・9月12日(土)奈良・ビバリーヒルズ「〜ベストセレクション〜」
 25名限定での開催となります。
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー=1,000円)
 有料生配信あり:3,000円 購入はこちらから→https://tiget.net/events/102014
 アーカイブのみの視聴販売あり。ビバリーヒルズHP「ご予約」から→http://flower6.jp/
 いずれも、9月26日(土)23:00まで動画がご覧になれます。
 (問)同 TEL 0742-26-7444

・9月19日(土)福岡朝倉「音茶〜復興支援ライブ〜」
 今回も20名限定での開催となります。
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要 1ドリンク)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・10月2日(金)東京「Back In Town」
 定員の半数〝35名〟での開催となります。今現在の開場/開演時間は通常通りです。
 19:30スタート 3,850円(要1フードと1ドリンクオーダー)
 (問)同 TEL 03-3353-4655
http://backintown.jp/index.php?z=114001

・10月10日(土)鳥取米子「BEXX」後日動画配信あり(有料)
 18:30スタート 
 一般:前 3,500円 当 4,000円(ドリンク別)
 高校生以下:前 2,000円 当 2,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

●ギターセミナー開催
 9月20日(日)福岡朝倉「音茶」
 全プライベートレッスン 50分 8,800円
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

●中止または延期になったライブ
●延期
・9月20日(日)山口「sonoda Coffee」(問)同 TEL 090-9733-5053
●中止
・9月予定「2020年岡崎倫典ギター教室発表会」年内の開催はありません。

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ

10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

One thought on “Rynten #623 インプレッション ”ギターインストのルーツを辿る旅 #3 / Bert Jansch(バート・ヤンシュ)””

  1.  久しぶりの投稿です。どうしてもギターを全く弾かない(弾けない)小生にとって、投稿するのはバイク関連になってしまうので、、(笑)
     さて、冒頭の台風の話題では9月6日(ラジオミューさんのサイマル放送拝聴中)現在、台風10号がまさに九州に近づいている状況です。予知能力??日本の各地に演奏に出かける倫典さんにとって、顔見知りの人が多くやはり災害にはより敏感になられているからでしょうか。
     漢字の話題、横浜(賓にサンズイ)についての考察興味津々に拝聴しました。20代に横浜(といっても会社は品川、寮は緑区でいわゆる海沿いからは離れていましたが)の田園都市線沿いに住んでいました。懐かしく当時を思い出しながらアコースティックサウンド特集を楽しみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です