Ryntenバイエル #501 imagineを弾こう Pt.4

我が家の猫の額ほどの庭に、初めてポピーの花が咲きました!しかもかなりの本数です。色は全てオレンジ色。可愛いの、可憐なのって嬉しかったですねえ。ついつい写真をたくさん撮ってしまいました。花の季節ですね。ワクワクします。いかがお過ごしでしょうか?

間もなく、暑くてハーハーする季節へ移って行きます。
一ヶ月ほど前、4月の初旬、3年ぶりに長野県飯田市を訪れました。今年は桜の開花が早く、山あいの飯田とて葉桜が目立っていました。街を囲む山々には山桜がポツリポツリと咲き、しかもその遥か向こうにそびえる南アルプスの山々は雪で覆われてました。春の訪れと冬の名残を同時に感じさせてもらいました。日本って本当に素晴らしい四季を持ってるなあ、と。今度、飯田の方に伺う時には、どんな季節になっているでしょうか?

■Ryntenインプレッション
今週は前回に引き続き「一度は耳にしたことがあるクラシックの名曲たち vol.4」として、クラシックの楽曲を紹介します。
#0: 「ラデツキー行進曲」/ J・シュトラウス
#1: ”アルルの女”より「メヌエット」/ G・ビゼー
#2:「シシリエンヌ」/ G・フォーレ

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回はジョン・レノンの「イマジン/imagine」の4回めです。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、ボク岡崎倫典のオリジナル「LivingNaturally」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【Dolphy@宮崎高鍋】
前日の夜、宮崎空港に降り立つと、まず目に入ったのがこの神々の系図。名前がなかなか覚えられない(苦笑)。数年前、地元スタッフに〝高千穂〟に連れて行ってもらったことがあり、この系図を覚えたい、と写メしましたが、イマイチよくわからない。。。

夜は主催者の〝永友さん〟と名物〝鳥ももの炭火焼〟を囲んで芋焼酎で乾杯!これがまた絶品です。うまかった〜。

ライブをやらせてもらう〝ドルフィー〟。看板が新しくなってました。
昼間はカレーランチをしているそうです。なかなかうまし!

店内は、というと、相変わらずお宝の宝庫。売ったらいくらになるんだろう?と頭をよぎりました(笑)。

今年の高鍋ライブもたくさんの人たちが集まってくれました。初めて僕の音楽に触れた方々も。有難い事ですね。
打ち上げも盛り上がりました〜。終盤では、恒例となったマスターの演奏。これを聞かないと、高鍋に来た!という感じがない(笑)。そんなこんなで夜も更けて行きました。

帰り際の記念撮影。

翌朝、福岡に移動する電車を待っていると、永友さんが見送りに駆けつけてくれました。畑仕事で忙しい時間帯に…有難う!

【音茶@福岡朝倉】
宮崎空港から飛行機で40分、福岡空港に到着。待っててくれたのは…音茶の番犬…ではなくアイドルの〝勘太郎君〟(笑)。

今回も、オープニングはバンド〝ざ・もー〟と小学校の先生〝櫻井健一郎さん〟。

ゴールデンウイークの真っ只中ということもあってか、初めての人たちが…。「ずっとファンだったんですが、なかなかライブに来れなくて。やっと来れました。」という女性も。嬉しいですねえ。また、ちょくちょく来てくださいね。

打ち上げでの今回のミカちゃんショー。笑わせてもらいました〜。

このライブの少し前、以前飼っていた番犬〝ちびとクロ〟の命日でした。写真を見るとやっぱり寂しい。

【エフサウンドカフェ@大分】

一年ぶりの大分。途中、〝とりめし〟が絶品の〝こむた〟で昼食。夜にライブがあるので、ビールはオアズケ。今度、仕事のない時に、ビールととりめしを食べたいものです(笑)。

ここでも初めて僕のライブに来られた方が。本当に有難いです。その中には、春に開催された「フィンガーピッキングデイ」にエントリーした青年のお母さんが!「〇〇さんのお母さんですよ。」とエフのマスターに紹介してもらった時には、びっくりでした。また、遠くは岡山から来てくれたファンクラブの方も。嬉しい限りです。

オープニングは、前日もご一緒したミカちゃん。セッションもやりました。
楽しかった〜。

そのミカちゃん、打ち上げで僕のパロディー三度!笑わせてくれました。

エフでのライブでは必ず来てくれる〝エムちゃん〟。早速、新しい譜面集から〝デイドリームビリーバー〟を披露してくれました。早速弾いてくれて有難う。来年もまた、ぜひお披露目をお願いします(笑)

■Ryntenライブ
・5月20日(日)東京ハンドクラフトフェス2018@すみだ産業会館サンライズホール
 15:00~15:35に出演。一日券1,300円
http://handcraftguitar.jp

・5月27日(日)福島いわき「The クイーン」
 15:00スタート 4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0246-35-5332 

・6月2日(土)「ソロギターの日スペシャルコンサート2018~History&Sprout」@東京新宿文化センター小ホール 
 17:00スタート 前5,000円 当5,500円
(問)Acoustic Guitar world TEL 080-4208-5304
 チケット販売:ぴあ、Acoustic Guitar World

・6月23日(土)東京水道橋「らいん」バンドバージョンでお届けします。
 キーボード:平井宏、パーカッション:土屋祐介
 (問)同 TEL 03-3262-4675

・7月19日(木)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(オーダー別)
 (問) TEL 03-3353-4655

■台湾公演
・6月29日(金)台北・誠品松菸表演廳(eslite Performance Hall)
 スペシャルゲスト:ドン・ウンチャン(董運昌)
 ※先日開催した「日中友好アコースティックギターコンサートツアー」で台湾より来日した、ドンさんがゲスト出演します。
 19:00スタート
 (問)奇想楽器台北店 TEL +886 2 2382 0201

●北海道ツアー
・6月6日(水)増毛「うしだや」
 18:30スタート 3,000円(要別途1ドリンク)
 (問)同 TEL 0164‐56‐1814

・6月8日(金)旭川「Jazzそば放哉」
 19:00 3,400円(1かけ蕎麦付き)
 (問)リンテン・ツアーサポート北海道 森 TEL 090-1399-1440

・6月9日(土)赤平「常照寺」会場が変更になりました。
 〝お堂ライブ〟19:00スタート 3,500円(1ドリンク付き) 交流会込み5,000円
 (問)同 TEL 0125-32-6685

・6月10日(日)札幌「ジャムジカ」
 18:00スタート 3,000円
 チケット販売:ぴあ、ローソン、エヌチケ http://www.ticket.ne.jp/nt/、ジャムジカ
 (問)同 TEL 011-612-1900 info@jamusica.jp

・6月12日(火)釧路「ジャマ マート」詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です