本とアートとcoffeeと「Art in Tokyo YNK」開催中!

本とアートとcoffeeと

銀座蔦屋書店、文具コンシェルジュの鄧さんとお電話を繋いでお話を伺いました。

今日のメッセージテーマ「レトロの魅力」について、最近、とても古い蕎麦猪口を手に入れたとのこと。そのレトロな魅力にとても惹かれてしまったというお話でした。

現在、銀座蔦屋書店5周年記念企画として
人気金属インクペン「DRILLOG(ドリログ)」の限定色を展示・販売中!
そのオリジナル限定色はアクアグリーン。
「もしも海の中に文房具屋があったら……」と幻想的な海底の光をイメージしたカラーで制作された銀座蔦屋書店のみで販売です。

インク・ガラスペンはこれまでにありましたが、金属インクペンは0.2mm・0.5mm・0.8mmの3種類。
絵を描いたり、細い線を引いたりと繊細な線を描けるとのこと。

岐阜県の工房が制作するMade in JAPAN!!
インクはどのようなブランドでも使えるそうですが相性は要チェックです。
鄧さん曰く、この「DRILLOG(ドリログ)」は『個性が強い子です!』とのこと。
大切に扱って大事に使いたい逸品です。

[販売について]
商品名|DRILLOG classical spiral(クラシカル スパイラル)」銀座 蔦屋書店限定色
価格|16,280円(税込)※ペン先は別売り
販売方法|4月26日(火)19時より、オンラインストアにて追加予約販売。
店頭では5月6日(金)~発売中

https://store.tsite.jp/ginza/event/stationery/25196-1528400303.html
::::::::::::::::::::::::::::::
「Art in Tokyo YNK」開催中!

スタジオにはお二人のゲストの方をお迎えしました。
京橋にあるギャラリー「四季彩舎」代表の石井さん(前回のラジオご登場は「東京アートアンティーク」参加ギャラリーさんとしてでした。)、
そしてもうお一人はPODの宮下さんです。


「京橋からアートを発信」をキーワードに、中央エフエムもあるここ東京スクエアガーデンにて、
これから活躍が期待できる7名の若手アーティストの個性豊かな作品を展示。
京橋に勤務している皆さんに、アートをより身近に感じて欲しいとの思いから、これまでとは一風変わった展示レイアウトになっています。
どなたでも気軽に立ち寄ってアートに触れることができる素敵な場所になっています。
同じ作品を朝~昼~夜まで、何度でも観ることができ、時々の感じ方がある!というのもユニークなこと。
期間中、是非、何度でも足を運んでアートを楽しんでいただきたいと思います。
 
<イベント概要>
期 間: 2022年4月18日(月)―5月27日(金)
*土日祝閉館
場 所: 中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 1階エントランスホール
時 間 :  10:00 – 19:00 (5/27最終日は18:00まで)
入場料: 無料

<出演アーティスト>*アルファベット順
あおき さとこ / 飯島 秀彦 / 小林 繭乃 / 三平 硝子 / Morita Manabu by WOOD / ayaka nakamura / 谷敷 謙

WEBサイト: https://guidetokyo.info/culture/art/art17.html
#ArtinTokyoYNK

『東京街人』
https://guidetokyo.info/join/event/00926.html
:::::::::::::::::::::::::::::::
明日のハロラジ、ラインナップは。。。
八重洲地下街・ヤエチカから広報ご担当の常野さんがご登場!
そして協働ステーションナビ、コーナーにはお馴染み、協働ステーション中央・スタッフの西村さんがリアルにスタジオに来てくださいます!
さらに京橋彩区芸術文化講座、今月の講座を京橋彩区の竹下さんにご紹介いただきます。
明日もどうぞお楽しみにー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください