☆大注目!「みうらじろうギャラリー」☆ぶらっTokyoさんぽ「ENGLISH TOURS 」☆くすりミュージアムとは!?

☆みうらじろうギャラリー

皆さん、大伝馬町にある「みうらじろうギャラリー」をご存知でしょうか。孤高の輝きを放つ、私も大好きなギャラリーです。どのような作品が見られる、どのようなギャラリーなのか!?店主の三浦次郎さんにお越し頂き、お話しを伺いました。

ダンディーでお話がとっても面白い三浦さん

小伝馬町駅そばにあるみうらじろうギャラリーは、二つの展示室を持つポートレートを中心としたギャラリーです。オープン当初は写真をメインに展示されていたそうです。現在は、胸がザワつくような、美しい少年少女の肉筆画を中心とした展示をなさっています。もちろん、全ての作品は購入が可能!

2年前に「美人画ボーダレス」という画集が発売され、現代の美人画が広く注目されるようになりました。みうらじろうギャラリーはその中心にいます。美人画は江戸以前の昔からありますが、現代はどのようなものになっているのでしょうか。コレクターでもある三浦さんの「作品の見方」のお話はとても面白く、興味深いものでした。解釈や前情報に拘らず、心のままに作品を見たらいいというお話には元気付けられました。

今後は紺野真弓さんの個展「Llayers」が開催されます。デジタルで使われるレイヤーという単語を、あえてアナログで表現していく不思議さと色の美しさ、こちらを射抜くような少女の目線をぜひご覧下さい。
会期は2019年 11月16日(土)~ 12月1日(日)12時~ 19時、月曜・火曜はお休みです。

紺野真弓さんの作品や、今後の企画展の予定なども見られる公式サイトはこちら!

http://www.jiromiuragallery.com/index.html

皆さま、どうぞ足をお運びください。

 

☆ ぶらっTokyoさんぽ「ENGLISH TOURS」

みんな大好き街歩き!本日はちょっと変わった外国人旅行者向けの街歩きツアーをご紹介致します。

中央区観光協会の近藤さん。お名刺が可愛いんです!

中央区に遊びに来たならぜひ利用して頂きたいのが「ガイドツアー」。テーマ毎に様々なタイプがあり、おしゃべり上手なガイドさん達が短時間で楽しく案内してくれます。その中で今回注目したのが、外国人旅行者向けの街歩きツアー。
銀座の大通りから細道まで、見て楽しい歩いて楽しい場所を英語でご案内。お詣りの仕方や歌舞伎についての意外な質問など、少人数の丁寧な対応でズバッと答えて貰えます!銀座の大体の歩き方が分かったら、ゴール地点では着付け体験も無料で楽しんで頂けます。

今後の開催日は11月16日(土)11月30日(土)、どちらも10:20集合で約2時間、2kmの街歩きです。お値段は1100円、ネット決済となりますので現地でのお金のやり取りはありません。最大6名の少人数ツアーです。外国から来て下さるお友達やお知り合いがいらっしゃる方にぜひご紹介下さい。とっても楽しいコースです。

詳細は公式サイトでご確認下さい。

https://burattokyosampo.com/en/

 

☆くすりミュージアムで頭の体操!

新日本橋駅すぐにある「くすりミュージアム」をご存知でしょうか?
第一三共さんがやっている、お薬と病気の仕組みがよくわかる体験型無料ミュージアムなのですが…こちら、とっても頭の体操になるミッションクリア型の面白施設でした!

日本橋本町は江戸の昔からは薬品取引の中心地でした。今も名残は多く、薬祖神社もあります。そこにできた「くすりミュージアム」、近未来的な施設で、かなり詳しく薬の作り方やその効用を学べるのですが、体験ゲームが多く設置してあるのです。それが難しい!そして面白い。中々病気を撃退できません。薬を作る大変さの片鱗を実感できます。

そんなに混んでいることもなく見やすいので、とってもオススメです。そして物販にある「胃クリアファイル」がすっごく可愛いです!

ミュージアム詳細は下記の公式サイトをご覧下さい。

https://kusuri-museum.com

 

本日もお聴きいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください