本日OPEN!!「GINZA SONY  PARK」*観光協会特派員の「大好き中央区」*「クリエイション・キッズ・ラボ」開催

本日OPEN!!「GINZA SONY  PARK」

今日、銀座、数寄屋橋交差点、歴史を刻んでいたソニービルの跡地に2020年秋までの期間限定で「GINZA SONY  PARK」がOPENしました。
これは新名所になること絶対です!

 
中央区ではこのところ古いビルを壊して新しいビルを建てるという建設ラッシュなのですが、SONYは「人のやらないことをやる!」「街に開かれた施設を目指す!」という創業者時代からのDNAを引き継ぎ、あえて2020年秋までの期間限定で「ビルを建てずに公園を作る」ことにこだわったとのこと。

GINZA SONY PARKは、1966年に建てられた「ソニービル」を地下部分の躯体を残して解体したわけですが、壁をはがしてみたらーーー驚き!!
今まで図面に描かれていなかったような窓や美しいタイル、配管跡などが出現したそうです。それを今回敢えて残しているというお話。
(これはかつてのGINZA MAXIMの豪華螺旋階段!)
私としては、こうした50年以上前のソニービルの建築当時に工夫されていたビル内の装飾を探しながらこのGINZA SONY PARKを探検する!という楽しみ方を見つけましたよ。
勿論、地下パークにはローラースケート場やライブ演奏が聴けるスペースや、あの!老舗の虎屋さんが出店したカフェなどなど話題満載。楽しめますよ。
場所は数寄屋橋交差点角ですから3方が開かれていて、見上げれば空が広く見えて、、、気持ちいいー空間。
(晴れたらホントに気持ちイイはず!!)
是非、今日OPENの「GINZA SONY PARK」、行ってみてください。
詳しくはコチラ→ https://www.ginzasonypark.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
観光協会特派員の「大好き中央区」

スタジオにお迎えしたのはブログネーム「にゃんボク」さんです。

観光協会特派員になられてから1年。「初心者マークが取れたばかり。。。」と控えめでいらっしゃいますが、何をおっしゃる!にゃんボクさん。
アクティブで好奇心旺盛で、フットワーク素晴らしいですよ。
そして「スウィーツ男子」男子ということを今日、改めて認識致しました !(^^)!

ご紹介くださったブログはまさに!そんなにゃんボクさんの神髄?!とも言えるスウィーツに関するブログ。
タイトルは「絶品の・・・」

この「・・・」が気になりますよねー。
中央区の絶品スウィーツ数々ある中、今回ご紹介くださったのは日本橋にある「清寿軒」さん。
どら焼きの名店をつぶさに取材なさって、その美味しさと150年以上続く老舗が味をどのように守っているのか、その老舗たる所以についても教えてくださいました。

詳しくはにゃんボクさんのブログをご覧くださいマセ。
→ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/04/post-5184.html

これからまだまだ、男性の鋭い?!目線で取材なさったスウィーツ紹介ブログを沢山書いてくださるようですよ。
参考にさせていただきます~~。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
「クリエイション・キッズ・ラボ」開催

お子さんの夏休みの学びの場、自由研究の場として最高!

開催場所:「クリエイションギャラリーG8」(中央区銀座8)
開催期間:
8月22日(水)〜8月31日(金)・・・ワークショップ
9月1日(土)・・・展覧会 (11時~17時30分。入場無料)

内容:8月31日まで行われるこのワークショップ。
ジャンルは、キャラクターデザイン、ファッション、タイポグラフィー、絵本・イラストレーションなど。
さまざまな分野で活躍する9組のクリエーターさんが講師を務め、子どもの豊かな想像力や、伸び伸びとした表現力を引き出しながら講義、作品制作のアドバイスなどしてくださるとのこと。
この夏、新しい発見、出会いがありそうですね。

*ホームページからの事前予約が必要。
詳細はコチラから
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201808/201808.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日、8月10日(金)のメッセージテーマは。。。
「あなたがこの夏!食べたいもの」教えてください

メッセージの宛先は、メール voice”アットマーク”fm840.jp

あなたからのメッセージ、お待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください