「育フェスCHUO 2017」 11月3日(金・祝)開催@築地魚河岸 & 教えて!オハナ

「育フェスCHUO 2017」 11月3日(金・祝) 開催です!

スタジオに「育フェスCHUO」 実行委員会副代表の鹿子木さんとさかな芸人ハットリ君をお招きして、「うー大漁!!!」という元気な?!掛け声と共に始まった
「育フェスCHUO 2017」ご紹介コーナー。


今年で3回目となるこのフェス、今年の会場はなんと!アノ築地魚河岸3Fでございます!
スゴーイ、楽しそーー。
家族みんなで築地で遊べる1日ということで、中央区で子育てに奮闘するパパ・ママ・そして子どもたち、そして子育てを応援している様々な団体さんが一同に会して開催される大注目のフェスです。

今回は場所柄、「魚」についてみんなで知って、味わって、大好きになろう!という思いを込めて様々なイベントプログラムが組まれているとのこと。

食の体験プログラム(要事前予約)、ワークショップ(当日参加可能)、そしてステージとアクティビティという具合に、いろいろなことを家族で楽しめます。

さかな芸人ハットリ君の「おさかなスペシャルライブ」は11:45から30分間。歌あり紙芝居ありクイズありでテンションアゲアゲのライブになりそう。

このフェスでたくさんの人と出会い、様々な活動を知り、子育て中のパパ・ママたちと繋がって、リフレッシュしたり新しい発見をしたり出来るんじゃないでしょうか。
「育フェスCHUO 2017」を目一杯、楽しんでくださいねー。

「育フェスCHUO 2017」
開催日時:11月3日(金・祝)13:00-16:00
開催場所:築地魚河岸 3階 入場無料

イベントについて詳細はHPでチェック!
http://ikufes-chuo.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++
「教えて!オハナ」

お馴染み、健ナビ薬樹薬局 人形町店の薬剤師の野村大祐さんと、管理栄養士の米谷ひかりさんに教えていただきます。

今回のテーマは「更年期障害」について

更年期障害は女性にとっては必ずと言っていいほど身体の変化を実感するもの。一体、身体にどんなことが起こっているのでしょうか?
「更年期障害」は女性だけではなく男性にもあるということも聞いたことがありますし。。。
男性の場合は個人差が大きいと言われていますが男性ホルモンの低下が始まる40代以降はどの年代でも起こると言われています。男性は更年期障害の認識が女性に比べて薄いので分からずにいる方も多いようです。

女性の更年期障害の具体的原因は、、、
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の大幅な低下と変動です。この変化に身体がついていけずにおきるのが更年期障害。

一番気をつけなければならないことは?
発症に気付かずに身体が意のままにならない自分への不満がストレスになって精神的症状をさらに悪化させるケースが多いので更年期なる前に症状について正しい知識と対処法を知っておくことが一番大事。

更年期障害の症状を和らげる食べ物はあるのでしょうか?摂取の際に気をつけることは?
女性ホルモンの産生を促す栄養素としてマグロや鮭などに多く含まれるビタミンB6、
かぼちゃ,ごまなどに含まれるビタミンEが挙げられます。
更年期の症状を和らげるには、イソフラボンがおすすめです。大豆に含まれる成分で、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。よく食べられる大豆製品として納豆や豆乳、豆腐、大豆の水煮、みそなどがあります。サラダや煮物などに加えて積極的に摂るようにしましょう。
更に注目は、エクオール。大豆イソフラボンを摂ると腸内細菌によってエクオールという成分です。このエクオールがイソフラボン関連の中では強く女性ホルモンと似た働きをし、更年期の症状を和らげてくれるということが最近の研究でわかってきました。しかし、すべての方がエクオールを体内で作れるわけではなく、日本人では約半分の方が作れていないといわれています。エクオール(イソフラボン)は体内に留まらず排出されるので、毎日こまめに摂るように心掛けましょう。

<健ナビ薬樹薬局 人形町で今後開催予定のイベント>
10月25日(水)13:30~14:00
「栄養講座~腸内環境を整えよう~」開催

「何だかお腹の調子がよくない・・」「腸内環境を整える食事について知りたい」
という方におススメの講座です。お電話でご予約下さい。
電話:03-5643-5287 

++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日のメッセージテーマは。。。「あなたの小さい頃の思い出」
教えてください

*ジュミさん、こんにちは。
小さい頃、遊び場は田んぼや野原だったので、花摘みや虫取をして遊んだことが、忘れられない楽しい思い出です。春の田んぼにあるカエルの卵を家に持ち帰り金魚鉢に入れておくと、おたまじゃくしになり、足がでて、ある日カエルになって知らないうちに居なくなるのですが、おたまじゃくしがカエルになることを目の当たりにした時は衝撃で体験学習そのものでした(笑)
(AKさん)
☆懐かしー。おたまじゃくしに関する思い出、私も数々あるー(笑)(JUMI)

++++++++++++++++++++++++++++++++++
明日10月25日(水)のメッセージテーマは、、、
「あなたが最近 困っていること」教えてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です