教えてオハナ & 「アンテプリマ カーサ・クチーナ」@GINZA

教えてオハナ

健ナビ薬樹薬局 人形町のオハナ、薬剤師の野村大祐さんと、管理栄養士の今井千尋さんに教えていただきました。

オハナ8月2週分
今回のテーマは「夏の疲れ解消法」。
夏は家族、友人などとの行事も多く、ついつい大人も子供も張り切りがち。でも8月も終わりに近づくと、それまで気づかなかった疲れがドッと出てくる、なんていうことありませんか?夏の疲れを効果的に解消する方法はあるのでしょうか?

夏の疲れってあまり感じにくい気がするのですが、みなさんはどんな時に疲れを感じますか?
具体的に夏の疲れはどんな症状として出てくるのでしょうか?
疲れをためたままにしておくとどんな支障があるのか、具体的に夏の疲れ解消法を教えていただきました。

夏の疲れに有効なのは「運動」「休息」「食事」の3つ。
「運動」は自律神経の働きを整えて夏バテ解消に大きな効果があるそうで、自分に合った運動を習慣にするとよいとのこと。

「休息」は良質な眠りとリラックスを意識して。ハーブやアロマなども効果的だそうです。

「食事」で疲れを解消するためには、様々な食品を組み合わせてバランスよく摂取すること。夏場は豚肉、うなぎ、たらこ、さらに梅干し、レモンなども組み合わせて摂取すると良いようです。
ちょっとした工夫で夏バテ解消ができそう