ゲスト:中央区を描く会 代表 三輪正巳さん/コーナー:中央区観光協会特派員の「大好き!中央区」(ゲスト:寿敦卿さん)

みなさんは、図書館に行く機会はどれぐらいありますか?
私は図書館が大好き♪
昔は図書館でよく勉強(睡眠?)しに行ったものです。
大人になってからは、仕事での調べ物や自分の趣味など
読む本はいろいろですが、図書館に流れる時間がとても好きで
図書館でリフレッシュしています。

今日は、日本橋図書館で現在開催中の
「日本橋の街並み散歩展」をご紹介しました。
 

お話を、中央区を描く会代表の三輪正巳さんに伺いました!
  
写真は76歳の頃の三輪さんです。
ご自宅(月島)の近くで、よく絵を描かれています。
ステキな風景がいっぱい広がっていますもんね!

三輪さんは今年で85歳。
定年を前に「第二の人生」を考え、取り組み始めたのが”絵”
今では生きがいであり、元気の源でもあります。

驚きなのは、喜寿を記念して、ご自分に活を入れる思いもこめて歩かれた
イベリア半島写生40日間ひとり旅!
77歳でスペイン・ポルトガルを気ままに一人旅されているからすごいです。
旅される前には、スペイン語も勉強され
現地では、行き先はもちろん泊まるところも自分で交渉して決め
イベリア半島の西半分の15の都市を写生し歩かれたということです。
三輪さんがスーパーマンに見えてきました☆☆☆
  

年をとると、病気の話が多くなってきます。
うちの母もよく話します。
でも、三輪さんは絵を描いていると病気の話が出てこないんだとおっしゃいます。
三輪さんは病気と戦いながらも、本当に自分の人生を自分で描き楽しんでいます。

私は、すぐに田舎の母に電話して、三輪さんからお聞きしたお話を話しました(笑)
せっかくの自分の人生。楽しく悔いなく思いっきり過ごしたいものですよね。
勉強になりました!
三輪さん、貴重なお話をありがとうございます!

「日本橋街並み散歩展」は3月10日(水)まで
日本橋図書館の5階展示コーナーで開催しています。
ぜひ、足をお運びください♪
  

☆中央区観光協会特派員の「大好き!中央区」☆

毎週月曜日は観光協会特派員の「大好き!中央区」
このコーナーは中央区観光協会さんが主催されている
中央区観光検定に合格されて特派員ブログを書かれている方を
ゲストにお迎えし、中央区の話題をお届けしています。
特派員の方のブログと連動していますので、
ぜひ、中央区観光協会特派員ブログとあわせてご覧ください。

今回の特派員は寿敦卿さん☆
 

蛎殻町で生まれ、蛎殻町に70年、箱崎町に住み10年という
生粋の地元っ子でございます♪
仕事一筋でがんばってきたある日、
地元の変化などに気づかなかったことに愕然とした寿敦卿さんは
情報を集め、日々、地元の良さを発掘されています。

ご紹介したのは、2009年6月11日ピックアップの
「町ものがたり」・・・箱崎町今昔その1です。
永久島と呼ばれていた箱崎町。
古き良き時代の風景を、寿敦卿さんは色鮮やかに語ってくれました。
まだまだお話はいっぱいあるので、次回のご出演の時も
引き続き箱崎町界隈のお話を伺いま~す♪楽しみだな~!

次回は誰が登場するのでしょうか?お楽しみに~
明日も私アッコがナビゲーターです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください