5開催予定!珠玉のコンサート@ヤマハホール&コンサートチケットプレゼント!❀本日から開催!MINAKO YOSHINO「Lovers」@銀座 靖山画廊❀Art Focus @ Tokyo「ピーター・ドイグ展」

5月開催予定!珠玉のコンサート@ヤマハホール&コンサートチケットプレゼント!

スタジオには銀座7丁目、ヤマハ銀座の「ザ・エレガンス」山田さんをお招きしました(^^)

新型コロナウイルス感染拡大防止ということで3月、4月と様々なイベントが中止、延期になっています。
5月は!?
心癒される音楽の世界、コンサート、是非無事に開催されることを願うばかり。
今回ご紹介くださったのは・・・

『珠玉のリサイタル&室内楽
小菅 優、佐藤俊介、トゥーニス・ファン・デァ・ズヴァールト スペシャル・トリオ』

https://www.yamahaginza.com/hall/event/004177/
「ナチュラル・ホルン」の音色とは?
そしてベートーヴェンやブラームスがホルンのために書いた楽曲とは?
スペシャル・トリオが奏でるなかなか聴くことができない特別なコンサート。ヤマハホールでお楽しみください。

開催日:5月28日(木)
開演時間: 開演19:00(開場18:30 )
会場:ヤマハホール

<コンサートチケットプレゼント!>
『珠玉のリサイタル&室内楽
小菅 優、佐藤俊介、トゥーニス・ファン・デァ・ズヴァールト スペシャル・トリオ』
コンサートチケットをペア1組・2名の方にプレゼント致します。

ご希望の方は「ヤマハホール チケット希望」と書いて
〒・ご住所・お名前・ご連絡先を明記の上、メールでご応募ください
メール宛先:voice”アットマーク”fm840.jp
応募締め切り:4月15日(水)

ヤマハホールの極上空間で是非、お聴きください。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
本日から開催!MINAKO YOSHINO「Lovers」@銀座 靖山画廊

前回はベルギーご出身の鋳金作家、バレンタインさんと共にスタジオにいらしてくださった靖山画廊 スタッフの佐甲さん。
今回は画廊と電話をつないで、大理石を彫って作品を作り続けていらっしゃる二ューヨークを拠点に世界で活動する芸術家、吉野美奈子さんの作品展をご紹介くださいました。


日本で仕事をしながらアートを学び、渡米してからさらに活動の場を広げて、NYには代表作「Lovers」が設置され注目を集めたとのこと。
2020年には彼女の故郷、富山県にも日本初の「Lovers」が設置されたばかり。
その作品はメッセージ性があり、空間に溶け込んで多くの人に愛される存在になっているそうです。
今回の個展では、大理石の彫刻や「Lovers」に至る様々な作品が展示されています。

吉野美奈子 -Lovers-
開催期間:03月27日(金) – 2020年04月10日(金)
開催時間:11:00-19:00
※土・日・最終日は17:00まで
※28日(土)・ 29日(日)休廊

http://art-japan.jp/
http://art-japan.jp/exhibitions/4031/

実際に作品を観ることで感じる充実感、是非ゆったりと鑑賞していただきたいです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Art Focus @ Tokyo「ピーター・ドイグ展」

アートライターのヒロさんがご紹介くださる今、注目の展覧会。
今回は、東京国立近代美術館で開催中の「ピーター・ドイグ展」をご紹介

●不思議な思考展開が魅力
ピーター・ドイグ(1959-)は、イギリスを拠点に活躍する現代アーティストを表彰する「ターナー賞」に1994年にノミネートされて以来、評価が高まった作家です。
彼の作品を一言で例えるなら、捉えどころがない絵画だということです。このタッチはマチス? ムンクに似ている・・など著名作家作品の構図やモチーフ、映画のワンシーン、広告、身近な風景など様々なイメージを取り入れて制作しています。
カテゴリーとしえは人物のいる風景画が多く、物語の一場面のような印象を与えます。展示室を行き来すると、画面を3分割している作品が目立つこと、モチーフを繰り返し描いていることに気づき、どことなく不思議な世界観に興味が湧いてきます。
ありえない光景でありながら、どこかノスタルジックさが漂い、既視感すら覚えるのは、人間の普遍的な〈感覚〉そのものを描いているからなのでしょう。描かれていない部分を想像させる構図など、想像以上に思考的な作品なのです。

●大作揃いで迫力の個展
展覧会は以下の3章立てで構成されています。
 第1章 森の奥へ(1986-2002年)
 第2章 海辺で(2002年-)
 第3章 スタジオのなかでーコミュニティとしてのスタジオフィルムクラブ(2003年-)
絵画とじっくり対峙して〈見る〉楽しさを喚起させる展覧会です。大作が揃い見応えのある展示空間になっています。

◎展覧会インフォメーション
東京国立近代美術館 https://www.momat.go.jp/am/
2020年6月14日(日)まで 月曜休
午前10時〜午後5時 ※入館は閉館の30分前まで(金・土曜は午後8時まで)
一般1700円
※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため
 同館は現在当面の間臨時休館となっております。
 訪問の際は事前にご確認ください。

展示風景(左:「スピアフィッシング」2013年 作家蔵/右:「夜の水浴者たち」2019年 作家蔵)
展覧会グッズ
:::::::::::::::::::::::::::::::
<中央区観光情報センター 臨時休館のお知らせ>
新型コロナウイルスの感染拡大防止および東京都による外出自粛方針を受けて
3月28日(土)および3月29日(日)の2日間、臨時休館になります。

(所在地:中央区京橋2‐2‐1 「京橋エドグラン」地下1階・1階 )

https://www.chuo-kanko.or.jp/?p=we-page-entry&spot=321294&cat=10679&pageno=4
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今週末はお天気が大きく崩れ、日曜日はとっても寒くなる予報。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛要請もあり、お家で過ごす方も多いのでは?
ゆっくり身体を休めて、リラックスして、ご自分含め大切な人、多くの人の健康を守ることを改めて考える時間にしたいものです。

さて来週、3月30日(月)のハロラジ、ナビゲーターは新宮志歩さんにバトンタッチ。
特別編成で収録でお送り致します。よろしくお願い致します。

今日も素敵な午後を、そして良い週末をお過ごし下さいね。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください