Art Focus @ Tokyo & 中央区へようこそ!小林未郁さん & お花のお話「C’mon A Kamon」

Art Focus @ Tokyo
「並河靖之 七宝展」@東京都庭園美術館で開催中!

アートライターのヒロさんに紹介していただきました。

(1) 並河靖之の仕事をクローズアップ
七宝には「有線七宝」と「無線七宝」がありますが
その違いは、模様の輪郭線の有無によるものです。
並河靖之が手掛けていたのは「有線七宝」で
素地の上にテープ状の銀の線で図柄を描き
その中に釉薬を流し込んで焼成する技法です。
銀線の間隔はなんと0.5mm以下のものまであるとのこと。
下絵、植線、釉薬担当の職人たちをディレクションして
すばらしい作品を世に送り出した人物が七宝家・並河靖之なのです。

(2)有線七宝の優品に触れる
釉薬(ガラス質に顔料となる金属を加えたペースト状のもの)は
焼成されると金属の化学変化で色が変化します。
並河は研究によって多色の釉薬を開発し
多彩な配色の作品が魅力になっています。
背景には「黒色透明釉薬」を用いた
モチーフを引き締めるデザインの作品が目立ちます。
並河には跡継ぎがおらず弟子もとらなかったため、その技術はもはや再現不能。
ひとつの作品に凝縮された凄技をご覧ください。

(3)すばらしいセンスの作品90点
超絶技巧ブームで近年注目されている明治工芸ですが
当時は日本の技術の提示と外貨獲得のために輸出を目的につくられたものが圧倒的で
並河の作品も9割は輸出用だったため、国内にある作品はそれほど多くありません。
同展には、国内美術館博物館の他、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館からも借用し
七宝作品90点、下絵等40点が出品されています。
並河靖之の優品をまとめて見られる貴重な機会です。

◎展覧会インフォメーション
東京都庭園美術館 http://www.teien-art-museum.ne.jp/
2017年4月9日(日)まで 第2・第4水曜休館
午前10時〜午後6時(3/24-26、4/1-2、4/7-9は午後8時まで) ※入館は閉館の30分前まで 
一般1100円

全体的にこぶりな作品が多いので、精緻で美しい七宝を堪能するには
拡大鏡を持参することをおすすめします。
「蝶」のモチーフを身につけて来館すれば100円引きになりますよ!

01:会場風景

02:会場風景
++++++++++++++++++++++++++++++
中央区へようこそ!
シンガーソングライター&ヴォーカリスト 小林未郁さん


8年前からヨーロッパで舞台活動を行ってきた剱伎衆かむゐ×小林未郁さん。
日本語の美しさについて歌を通して多くの人に伝えたいと活動を続けていらっしゃいます。
ヨーロッパツアー凱旋公演で好評を博した舞台が中央区で再演されます。
歌と刀を使った世界を感じてみませんか?

剱伎衆かむゐ×小林未郁  ヨーロッパツアー凱旋公演
「ウタカタナセカイ 再演」
4月 28日(金) @中央区立日本橋公会堂
開場18時/開演19時

チケットは、e+(イープラス)にて発売中
「花道サイドチケット」はどんな演出が繰り出されるのか楽しみです!

小林未郁オフィシャルサイト
http://miccabose.com/

+++++++++++++++++++++++++++++
お花のお話「C’mon A Kamon」
東京スクエアガーデン地下一階の「花門」さん♪
今日のお花はコチラ!

詳しくはFacebookページへ!
https://www.facebook.com/KAMON.FLOWERGATE
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日のメッセージテーマは
「3月になると思い出すこと」教えてください

*こんにちは JUMI さん
「3月になると思い出すこと」
東日本大震災を思い出します。
昨日も宮城・福島で震度5弱の余震があり、
注意しなくてわ! と思いも新たにしました。(蛎殻町 ヤスコさん)
☆6年前の2011年3月11日は忘れてはならない日ですね。地震国・日本に住む私たちは日頃から地震への備えを怠らず、復興への支援も続けていきたいですね。(JUMI)
+++++++++++++++++++++++++++++
明日3月2日(木)のメッセージテーマを。。。
「あなたが好きな春の花」教えてください

ワクワクする気持ちを花に託してー、みたいな!

One thought on “Art Focus @ Tokyo & 中央区へようこそ!小林未郁さん & お花のお話「C’mon A Kamon」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です