Home > Archives > 2015-04

2015-04

「Happy Time♫(前半)」取材:「しゅんさくの部屋」に潜入♪アーティストのしゅんさくさんインタビュー! 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150427
番組は↑こちらからクリックでお聴きいただけます♪

ど~も!あっこです(^^)
今日はグロースリンクかちどきにお邪魔しまして、話題の「しゅんさくの部屋」にお邪魔しましたーーーー!!
こちらがしゅんさくさん♪
20
まともに写真に写ってくれないwww

お写真のように、もしゃもしゃヘアのしゅんさくさん。大泉洋さん似だと私は思いました(笑)ひょうきんなのに飄々とした所が、人見知り世代の子ども達を「しゅんさくの部屋」に引き込む要素なのかもしれません。

そして、面白いのが「しゅんさくの部屋」のスタイル。工作を「教える」というスタンスではありません!!!「興味あればやってみれば?面白いから」といった感じで、押し付けるところは一切なく、でも、しゅんさくワールドに入ってきたら「ほれほれ」といろんな材料を渡して、しゅんさくさんがこどもたちに発破をかけていくので、それぞれのタイミングで子ども達のアート魂に火がつくといった感じでした。
16
ごちゃごちゃしてます(笑)
9
でも、なんだか慣れてきました(笑)
16
夢中になっています!
18
芸術は爆発だー!!
11
自由な発想で、思いっきり遊ぶ!!!こんな経験を沢山した子は、きっとしなやかにたくましく伸びていくと思います。「教育」ということに頭でっかちになると、大切なことを見逃しちゃうかもしれませんね。遊びはこどもの仕事!!めーいっぱい遊ぶことは、学ぶことと同じように大切ですね♪

次週は、参加していたこどもたちにも感想を聞いていますので、しゅんさくさんのインタビューと一緒にお届けしま~す☆

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

「Happy Time♫(後半)」ゲスト:NPO法人子育て学協会会長・チャイルドファミリーコンサルタント 山本直美さん 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150420
番組は↑こちらからクリックでお聴きいただけます♪

ど~も!あっこです(^^)

今回のゲストは、NPO法人子育て学協会会長でチャイルドファミリーコンサルタントの山本直美さんです♪
山本直子さん2r

今週の放送も山本直美語録が飛び交い(笑)心に響く時間でした♪♪♪わくわくしちゃいますね。
救われた言葉のひとつに「できない親はいない。知らないだけなんです」があります。6000人ものご家族の相談を聞いてこられた山本さんならではの言葉だと思います。沢山の相談の中で一番多い相談が「自己嫌悪の相談」。子どもを怒りすぎちゃうことへの反省や、親としての自信がなくなるといったご相談が多いそうです。わかります。私もそうでした。これでいいのかなあ?と思いながらの子育てです。きっと、ひと昔前はおじいちゃんやおばあちゃん、ご近所の方がアドバイスを気軽にかけてくれる環境があっただろうし、どうしたらいい?とすぐに相談できたのだと思います。でも、現代では、その環境が無い人も沢山います。どうしたら良いのか、自分以外の人の考えを知るだけでも、子どもへの対応ってずいぶん変わってきますよね。できないのではなく、知らないだけ。この言葉にとても救われました。また、心にぐさっと刺さった山本直美語録(笑)のひとつに「こどものことばっかりどうにかしようと思って、親自身が整っていない。」もあります。どきっとしますねー。そのとおり!!こどものことを考えてるけど、うまく行かないときは、もしかして自分が整っていないからかもしれません。子どもを授かり親になると、様々なことを教える立場になります。しかもいきなり(笑)「教える」という行為は案外難しいときもあって、知らなければ教えられないし、知っていると沢山の事を教えられるものです。その「知っている」ことも深く知っていれば、豊かにわかりやすく教えられます。我が家は3人息子がいますが、長男からは「地球が青いのはなぜ?」「東京はなぜ東京っていうの?」など、私にとっては考えたこともない質問が飛んできたり、次男からは「なぜ1+1=2なの」と究極の質問が飛んできたり、三男にいたっては「どうして?」の連発で、日々「なぜ?」と問答を繰り返しています。

話は少し逸れちゃいましたが、何を言いたいかと言うと
「こどもの成長は大人にとっても成長する大チャンス!」ということです。山本さんのお話を伺って強く思いました。
こどもと一緒に学んで、良いチーム(家族)作り。大人も学ぶことは沢山ありますし、学ぶチャンスを子どもからもらってるんだと、とても幸せな気分になりました。
山本直子さん3r
そして、今月26日(日)には、講座「後悔しない親になる!ちゃんと大人にするために幼児期にできること」が開かれますので、ぜひお聴きください!!
【後悔しない親になる!ちゃんと大人にするために幼児期にできること】
日程:4月26日(日)10:00~11:30
会場:中央区立環境情報センター
定員:先着20名
費用:無料
託児あり(お子様1人4600円)
お申込み&お問い合わせは子育て学協会HPをご覧下さい♪
山本直子さん5r
山本直美さん!貴重なお話をありがとうございました!!

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

「Happy Time♫(前半)」ゲスト:NPO法人子育て学協会会長・チャイルドファミリーコンサルタント 山本直美さん 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150413
番組は↑こちらからクリックでお聴きいただけます♪

ど~も!あっこです(^^)

今回のゲストは、NPO法人子育て学協会会長でチャイルドファミリーコンサルタントの山本直美さんです♪
山本直子さん1r
「すべての子どもには、無限の可能性がある」
子育て学協会HPの冒頭に出てくる言葉です。そのおとり!ぐぐーっと心に染みますね。山本さんの言葉一つ一つが、心に飛び込んでくるインタビューでした。

子育てをしていると、子どもの可能性を感じることってたっくさんありますよね。小さな小さな首も据わらない赤ちゃんが、1年後には立つわけで、成長というよりも進化?さえ感じる、目覚しい発達。まさに無限の可能性です。そんな可能性に溢れるこどもたちに、私達大人は何をしてあげられるのか、今日のテーマは「こどもへのことばかけ」でした☆

NPO法人子育て学協会では「With book」プログラムという、絵本を通して親も子も学ぶ取り組みをされています。なんと同じ絵本1冊を、1ヶ月間繰り返し読むそうです。大人の感覚だと、飽きてしまうのでは?と思いますが、子どもにとっては夢中に読み込む時間なんだそうです。幼稚園で保育士をしていた経験がある山本さんは、絵本の重要性を熱く語ってくれました。「保育士時代、子どもが何かをするときに受動的か能動的か、関わり方が2分化することがあったのですが、自分から進んで物事をする子は絵本好きが多かったんです。絵本ってすごいなと思いました。」絵本と遊びと学びを繋げたい、そんな思いから、独立されて、オリジナル絵本教材を作り、親子教室をスタートさせたのが20年前。それ以来、多くの家族を見守り、サポートされています。
山本直子さん4r

山本さんの言葉で印象に残った言葉の一つ
「こどもの強みは”概念”がないことにあります」

ファンタジーとリアルの世界を行き来する子ども達。大人はリアルの世界ばかりに居がちなために、良かれと思ってかけた言葉が、良くない方向へと導くこともあるそうです。怖いですねー。先を心配して、大人のものさしで「これもだめ、あれもだめ」になってしまいますが、そんな言葉をかけ続けると、言葉通りの人格形成がされてしまうわけです。今回、お話を聴いていて、子ども以上に親となった大人は勉強が必要だなと思いました。ついつい言い放ってしまう言葉達を、ちゃんと整理し、こどもにとって本当に心に響く言葉をかけるてあげたいですね。

そしてもうひとつ。これは、実際に取り組まれていることなのですが「ユーモアアプローチ」
魔の2歳のお子様に振り回されているパパ・ママはいませんか?山本さんは魔の2歳を、ぜんぜん魔じゃない!!と断言されていました(笑)むしろ、信頼の証だと話してくれました。「イヤイヤって大人になったらなかなか言えなくなるんだから、今のうちに思いっきり言わせてあげなさいよ(笑)言えるのは信頼してるからよ」と。そのことを頭に入れて、ユーモアアプローチですよ!!ユーモアアプローチとは、こどものイヤイヤにも無理してユーモアで答える。ユーモアで答え続けると余裕が出て笑いになるというものでした。言葉をそのまま真正面から受け止めるのではなく、面白おかしくして返すと、「イヤ」が変化する。北風と太陽みたいなものですね。

こどもの成長を真剣に考えると、親も大成長するのではないでしょうか。わくわくしてきました!!カモン!魔の2歳!

山本直子さん6r

今月26日(日)には、講座「後悔しない親になる!ちゃんと大人にするために幼児期にできること」が開かれますので、ぜひお聴きください!!
【後悔しない親になる!ちゃんと大人にするために幼児期にできること】
日程:4月26日(日)10:00~11:30
会場:中央区立環境情報センター
定員:先着20名
費用:無料
託児あり(お子様1人4600円)
お申込み&お問い合わせは子育て学協会HPをご覧下さい♪

次週も引き続きチャイルドファミリーコンサルタントの山本直美さんに伺います☆

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

「Happy Time♫(後半)」ゲスト:日本おひるねアート協会代表理事 青木水理さん 「おひるねアートスタジオstory」について


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150406
番組はコチラから↑お聴きいただけます♪

ど~も!あっこです。
今日のゲストは、先週に引き続き、赤ちゃんのいるママさんに大人気!おひるねアートの作家さんであり、日本おひるねアート協会代表理事の青木水理さんです♪
rohirune3
えいちゃんも一緒に参加!!!トークしている間中、アンパンマンに出てくるかびるんるんが気になって「かびかびー」と連呼(笑)BGMとしてお聴きくださいwww♪
ohirune1
さてさて、まずは大切なお知らせから!!グランドオープンの日にちが決まりました!!4月25日です☆☆☆楽しみです~!
前回はプレオープン前のお忙しいときに、スタジオを見学させていただきました。講師の方々の高まる気持ちが伝わってきて、みなさん、背中には赤ちゃんを背負って真剣に話合ってました。その姿はとっても素敵でした。
ohirune6
後半ではおひるねアートの魅力や、ママとしてイキイキしながら働くには?というお話を伺っています。おひるねアート講師のほぼ100%近くがママさんということで、講師としてお仕事するときも子連れでされていることが多いそうです。事務局として支える方も、子連れでお仕事しやすいようにと、普通の会社のような環境ではなく、赤ちゃんが過ごしやすいような環境を整えて、ママ同志で助け合って育児しながらのお仕事に励まれています。おんぶをしながら働くお母さんって、ひと昔前には沢山いただろうに、最近では見かけませんよね。でも、ココには沢山いらっしゃいます!!おひるねアートの魅力にもつながると思うのですが、やっぱりこどもも親も楽しいときってハッピーな気持ちになりますよね。そして、そのお仕事にはママだからこそできることがエッセンスとして光り、おひるねアートを通してイキイキ働くママの笑顔の連鎖がありました。

子どもがいるから働けないという選択肢がなくなるといいなと思う。私は育児と仕事の垣根がなくて、だから、両立はできてないんです。やるしかないって感じ。
青木さんのコメントが胸に突き刺さりました。

わが子の成長を心から楽しむすばらしさ。おひるねアートで感じてください!

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

Home > Archives > 2015-04

Return to page top