Home > Archives > 2015-03

2015-03

「Happy Time♫(前半)」ゲスト:日本おひるねアート協会代表理事 青木水理さん 「おひるねアートスタジオstory」について


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150330
番組は↑こちらからお聴きいただけます♪

どーも!あっこです(^^)
今日のゲストは、赤ちゃんのいるママさんに大人気!おひるねアートの作家さんであり、日本おひるねアート協会代表理事の青木水理さんです♪
rohirune4
なんと、大人気のおひるねアートのスタジオが水天宮さん近くに出来るということで!!お忙しい中、えいちゃんと一緒にスタジオにお越しいただきました。BGM担当はえいちゃんですwww
ohirune2
4月のグランドオープンに先駆けて、3月27日~30日までオープニングイベントが開催された「おひるねアートスタジオstory」さん。アクセスが集中してサーバーがパンクしてしまうほどの人気です♪
オープニングイベント前のお忙しいときに、ちょっとお邪魔しまして雰囲気をのぞいてきましたー。
IMG_0381IMG_0387IMG_0382IMG_0388IMG_0389IMG_0385
おひるねアートの魅力については、次週たっぷりとお伝えするとして、今週はこのオープンする前からアクセス殺到の「おひるねアートスタジオstory」について伺いましたー!
コンセプトは童話の世界♪ファンタジー&クラッシックな世界で赤ちゃん撮影ができます。監修はすべて青木さん。おひるねアートの世界観をスタジオにぎゅっと詰めたということでした。おひるねアートのそもそものコンセプトは、ママがお家で、お家にあるものを使って様々な背景を演出して撮影するというものでしたが、沢山のおひるねアートファンが増え、大きくなってもおひるねアートで写真を撮りたい、自分では撮れないような背景で撮りたいなどなど、要望も沢山寄せられて、今回のスタジオオープンに繋がったそうです。カメラマンとアシスタントを務めるのは、おひるねアートの講師のみなさん。100%と言ってもよいほど、ほぼママさんです!!呼び名はカメラマンではなく「ストーリーテラー」。番組中は、青木さんの笑いが止まらず(笑)自分で付けておきながら、なんだか笑ってしまうということでした。”語り手”という意味なんですよ~。

おひるねアートを通じてママの輪も広がります。プレオープン前のスタジオでは、沢山のストーリーテラーさんが、お客様をお迎えする準備をしていました。グランドオープンが楽しみです!!

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

ママミーティング後半♪「卒園・入学あれこれ」ママサポ:羽柴由美さん&橋元実希子さんwith優和(まな)ちゃん

 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150323

みなさん、こんにちは。なかやまみかです。
先週、息子の修了式がありました。
あっという間だった3年間。先生方には本当にお世話になりました。
泣いてばかりだった息子も、修了式ではしっかりと修了証書を受け取り大きな声で将来の夢を発表しました。
息子の通った幼稚園は1学年単学級ということもあり、3年間を一緒に過ごした子どもたちのことは私も全員知っています。
そんな子供たちの成長した姿を見ていたら、感動しないわけがありません。
式の途中に子供たちと先生方と保護者みんなで歌った歌が【よろこびのうた】その歌詞が。

  『子ども』 お母さんたち 見てみて 今日は うれしいうれしい 修了式
        こんなに大きくなりました もうすぐ1年生
『先生・保護者』ほんとにこんなに 大きくなって 入園した頃思い出す
        小さかったあなたが もうすぐ1年生    つづく・・・。

もう、ダメです。涙腺崩壊・・・。このブログ書きながらまた思い出して一人でウルウルしてます(泣)
もうすぐ桜が咲きますね。つぼみの先がピンクになっているのを見つけて春が来たんだなぁと実感する今日この頃。
桜が咲いたら、ママも1年生です!!

今回のママミーティングは「卒園・入学あれこれ」のなかでも「入学」をメインにお話を聞いています。
blog2

新しい環境に飛び込んでいくのは、大人も子供も同じこと。同じようにドキドキするものです。
しかし中央区の場合、区立幼稚園と区立小学校が併設されており敷地も一緒ならば小学校との交流もあったりで、
区立幼稚園から併設の小学校に進学する場合あまりその~ドキドキが~ないんですよ、ね。
幼稚園も小学校に準じた学区制なのでクラスのほとんどが同じ小学校だし。
通う場所は入り口は違うけれど幼稚園とほぼ同じだし、学校の中だってもう知ってる。
親も一応場所には慣れています。だから何も知らなかった3年前に比べればちょっとは気が楽☆
20150303_103339blog1
でも、知ってること・慣れていることばかりじゃないですよね。
学年の半分は保育園からのお友達!!そこはドキドキ!!もちろんママも!
新しいお友達もたくさんできるといいなぁ。
これから長い長いお勉強生活も始まる。はぁ。

ドキドキ・わくわくな反面、心配や不安があるのもまた事実。
3年ぶりのこの気持ち(笑)

中央区では4/6(月)が区立小学校の入学式です。
ちょっと大きい標準服を着た子供たちがきっと最高の笑顔を見せてくれるのでしょうね。
今から楽しみです!

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

ママミーティング前半♪「卒園・入学あれこれ」ママサポ:羽柴由美さん&橋元実希子さんwith優和(まな)ちゃん

 

 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150316

みなさん、こんにちは。なかやまみかです♪
先日、息子が通う幼稚園で謝恩会がありました。
企画から会場の装飾、食事やお花の手配などすべてお母さんたちが行う一大イベントです。
私も微力ながら司会のお手伝いをさせていただきました。
年長さんが入園してから関わってくださったすべての先生方をお招きし、楽しい時間はあっという間でした。
会の途中に今まで何度も集まって練習したお母さんたちの合唱があったのですが…。
何人かのお母さんが曲の途中で泣き始め、それを見た指揮者が泣き、指揮者を見ていた全員が泣くという。
思い出に残る合唱になりました。
涙あり、笑いありとっても素敵な謝恩会でした。
何より、子供たちを心から愛し、大切に育て指導してくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

さて、そんなわけで。
今回のママミーティングは「卒園・入学あれこれ」でお届けしています。
ママサポは羽柴由美さんと橋元実希子さん。そして新メンバーの優和(まな)ちゃんです。
blog2

まずは。
今年、御卒園(業)・御入学(園)を迎える皆さん、そしてパパ・ママ。
☆おめでとうございます☆

入園した3年前を思い出すと。うちの息子は毎日泣いて泣いて、幼稚園までの道のりは1年間抱っこ。
私の抱っこから~先生の抱っこに…。靴いらないね、そんな年少さんを過ごしました。
おそらく学年で一番最後まで泣いていたのがうちの息子だったと思います。お恥ずかしい。
おかげですべての先生方にあっという間に名前を覚えてもらえました(笑)

ママと遊びたいと泣いて登園拒否をしたことも。そのときは話し合いの末、大遅刻をした上にパジャマで登園しました。
ママは走って家に帰り着替えを持って幼稚園に届けたっけ。
そんな甘ったれくんもあと数日で修了式を迎えます。
当たり前かもしれませんが、年長になった今では泣くことはおろか抱っこもしなくなりました。3年間、毎朝手をつないで
歩いた道も4月からは一人で歩くんだなぁ。こうやって少しずつ私から離れていくのだなぁなんてママはしみじみしてしまいます。
blog1

去年の今頃は、卒園していく年長さんを見て「あんな立派になれるのかしら?」と本気で思っていました。
ごめんよ息子。
でも1年経ってみて、親バカですが…「立派になりました!」
まだまだヘタレなところも満載ですが、スタートがね…泣いて抱っこですもん。しっかりしましたよ!

次回のママスタは。
今度は入学をメインに引き続きママサポの皆さんにお話を聞いています。お楽しみに!
blog4

☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

「ワークライフバランス編(後半)」ゲスト:社会保険労務士 小山貴子さん 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150309
番組は↑こちらをクリックするとお聴きいただけます♪

どーも!アッコです(^^)
今回のゲストは先週に引き続き小山貴子社会保険労務士事務所代表の小山貴子さんです♪
rDSCF1522

今回は小山さんの華麗なる!!経歴をご紹介しつつ、山アリ谷アリの人生から学ぶ「働くことと子育て」を考えました。

小山さんは12年間リクルートにお勤めで、求人を扱う事業部門に所属されていました。なぜ、大企業を辞めてしまったのか?!私はまず、そこが聞きたかった!(笑)もったいないと思う気持ちや、辞めることへの不安はなかったのか?など、いろいろ聞いちゃいました。退職されたのは出産後およそ1年後。家庭も仕事も大忙しでしっちゃかめっちゃかな中、旦那様から「海外に行きたい」という話しがあり、先のことを考えず飛び乗った海外転居の道だったそうです。仕事を辞め、一家でオーストラリアへ。おしゃべり上手な小山さんにとって天職ともいえるリクルートでの「対話」のある世界から、まったく会話のない外国の世界へと行き、とても落ち込んだ時期もあったそうです。大企業で働き、一転、海外での専業主婦を経て、帰国後はパートで働きながら資格を取得、そして独立されています。紆余曲折な環境にも臨機応変に対応し、正社員・パート・専業主婦を経験されている社労士さんって、ものすごく頼りがいがありますよねー!どんな方向の話しでも解決してくれそうな勢いが、小山さんにはあります!!

そして、30代は自分探し時代だったと語ってくれた小山さん。この自分探しって、私もまさにその状態なので、とってもよくわかります!きっと、私も!!と同じ気持ちのママさんも多いと思います。出産を機に「自分の生き方」を考えることって多くなりました。どんなバランスで働くことが家族にとって、自分にとってよい形なのか、どんな働き方が幸せにつながるのか、自分にとっての幸せって何なのか!!!!!!この番組でよく出てくるキーワードです♪探し続けて生きたいですねー。最後に「遠回りしたかもしれない人生だけど、今はそのすべてが活きている」と語ってくれたことが、とても印象的でした。

いつ寝ているんだろう?と思ってしまうほどパワフルにフットワーク軽く動かれている小山さんは、かっこいいのひとことでした。そして、幸せをちゃんと掴み取っていることがまた、かっこいいです。

小山さん、ありがとうございました!!!

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

「ワークライフバランス編(前半)」ゲスト:社会保険労務士 小山貴子さん 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio150302
番組は↑こちらをクリックするとお聴きいただけます♪

どーも!アッコです(^^)
今回のゲストは銀座に事務所がある小山貴子社会保険労務士事務所代表の小山貴子さんです♪
rDSCF1522

中央区のワーママを救う!といっても過言ではないパワフルな小山さん。様々な経歴をお持ちで、お話されるひとつひとつが心に染みます。小山さんの経歴や子育てのお話は次週たっぷりとお届けしますので、次週もお聴きのがしなく(笑)今回は、社労士としてよく聞くワーママさんのお悩みにスポットを当てています。

「女性活用」が声高に叫ばれていますが、まだまだ制度は追いついていないのが現実。そこから派生する、子育てママならではのお悩みは沢山あると思います。実際に小山さんが受けた相談には、「保育園が決まらなかった場合の処遇は?」などママさんからのお悩みや、「初めて産休に入る社員がいるのですが、どうしたらよいのでしょうか?」という企業側からのお悩みなど、個人からも企業からも相談が寄せられるということでした。

4月に仕事復帰を控えているママさん多いですよね。毎度、子育て番組をして様々なママさんにお話を聴いて思うことは、育休明けのママの心情は「不安しかない」といった感じで、仕事に戻れる嬉しさはあるけど先が見えないという方がほとんどです。そんな中、小山さんにご相談されたワーママさんは「明日から頑張ります!」と言って、前進できる方が多いということでした。それはやはり、多くの企業さんの人事の相談に携わり、女性として同じワーキングマザーの道を進んでいる小山さんだからこその技だと思います。

小山さんご自身、小学6年生の息子さんがいらっしゃいます。育休明けは子育てと仕事でぐちゃぐちゃな時期もあったそうです。そんなお話を聴き、思わず叫びました。なぜ、女性ばかり振り回されなければいけないのか!!!!もっと心地よく働いて、心地よく子育てできる社会にならないかなーって。小山さんは社員・パート・個人事業主と様々な雇用形態の中、子育てと仕事を両立されているので、人一倍、その苦労をご存知です。

最後に「幸せを感じながら働くには?」という問いを小山さんに聴きました。キーワードは「近い将来を映像化する」3年後、5年後、自分はどんな形で働いているか、どんな形で働いていることが幸せなのか、子どもの成長に合わせて具体的に映像化してみることが大切ということでした。子どもが保育園児のとき、小学生のとき、中学生のとき、その成長過程で母親がこどもの世話をする内容や時間が大きく変わってきます。それによって、母親の働ける環境も変化します。子どもが小さいときはなおのことですよね。子どもが風邪をひいたときの対応は、自分が休むか、身内にお願いするか、業者を頼るか…。どの選択が一番理想なのか、人によって違います。細かく映像化してみましょう!そして、自分の幸せにベクトルが向かっている映像を、パパとも共有していきたいですよね。

ママスタ♪では皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

Home > Archives > 2015-03

Return to page top