「ひとりLINEで夢を叶える!~後編」ゲスト:㈱メイクステージ 原麻衣子さん

https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio200928-02/s-eyeIgfONjTV

みなさん、こんにちは。なかやまみかです。
ここのところ雨の日が続いていましたが、今週は秋晴れとの予報。スカッと晴れた秋空を見たいですね。
秋空というと小学校の運動会で毎年歌っていた【運動会の歌】を思い出します。🎵秋空高く~澄み渡り~🎵ってやつ。私がこどもの頃、田舎の運動会は秋と決まっていました。グラウンドを囲むように町会のテントがぐるーっと並んで、そのまた外側をお祭りの屋台がぐるーっと並んで。お昼休憩にはくじ引きの屋台でおもちゃの銃を当てた男の子たちがステージと化したグラウンドでパンパンやって遊ぶ(笑)こんな光景を毎年見ていた気が・・・。今思えば学区総出のお祭りでしたね。中学校の運動会では校歌のほかに応援歌として「若い力」という歌を歌っていました。調べてみたところ1947(S.22)年に作られた国民体育大会の「大会歌」だったみたいです。知りませんでした💦ちなみに私、幼稚園から大学までの園歌、校歌、応援歌ほとんど全部今でも歌えるんですけどね、うちの旦那さんほぼ全部歌えないっていうんですよ。そんなことありますぅ?男子ってそんな感じなんですかねぇ??


さて、今回のママスタ♪は前回に引き続き1年ぶりの登場☆すごろく先生こと原麻衣子さんに今回出版されました3冊目の新刊【いつでもどこでも自分に送るだけ ひとりLINEで次から次へと夢は叶いだす】についてお話を伺っています。

世の中がステイホーム真っただ中だったころ、麻衣子さんは「私に何かできないかな?」と考えたそうです。そんな時にこれだっ!となったのがひとりLINE。大人も子供も我慢という状況の中、抱え込みがちなネガティブな感情やブラックな感情をひとりLINEに吐き出してみる。吐き出してみるとフッと心が軽くなって楽になれます。麻衣子さんは「負の感情を悪者にしないで欲しいんです。喜びや悲しみと同じように誰にでもあるいろいろな感情のひとつ。だから抱え込まないで出していいんですよ」と。パパやママだって面倒くさい時もあるし、しんどい時もある。大人だから、親だからってツライと言ってはいけないことはないんですよね。ひとりLINEのいいところは公開されないこと。誰にも見られない自分だけの場所です。もし心が重くなってきたら、ひとりLINEでそっと荷物を降ろしてみてはいかがでしょうか?

さぁひとりLINEで具体的にどんなことをどんな風に始めるか?本をテキスト代わりに始めてみようという方に朗報ですっ!!自粛期間中に麻衣子さんがオンラインで開催した【ひとりLINE超実践セミナー】大好評だったこのセミナーが動画セミナーとして受講できるようになるそうです。ただいま絶賛準備中✨動画セミナーについて詳しくは麻衣子さんのブログをご覧ください。

実はひとりLINE就活中の方にもおススメ!集めた情報をスクショしてひとりLINEにバンバン貼っておいたり、見学や面接のスケジュール管理、自己分析にも使えます。つまり、同じような作業が必要な受験生パパ&ママにもおススメってことです。はい。
麻衣子さんのおススメは志望校ごとにLINEの背景を変えたりカスタムすることだそうです。そのLINEが見たい!と思うページにカスタムすることでモチベーションも維持されてひとりLINEもどんどん進むそう。志望校の制服や校舎、校章なんかをアイコンや背景にしたらテンション上がりそうですよね~✨
是非チェックしてみてくださいね☆

☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)
ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

FacebookTwitterLineCopy Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です