レジスタ!vol.10「ママのためのCSCA④」ゲスト:(株)ナファ生活研究所代表取締役 相田雅彦さん&NPO法人チルドリン代表理事 蒲生美智代さん&レジリエンスカフェプロジェクトリーダー神村 咲妃さん


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio200330-takefu02/s-iIzcH

みなさん、こんにちは。なかやまみかです。
先週24日には区内小学校で卒業式が行われましたね。卒業式中止を決定する学校がある中で無事にできたこと、本当によかったなと思います。卒業生の皆さん、おめでとうございます。
翌25日は修了式でした。約1か月ぶりに会う子供たち。どんな話をしたのでしょうね。1日会えただけでまた新学期までバイバイです。そしてクラス替え。こんな怒涛の学年末になるなんて誰が予想していたでしょうか。我が家は学校がご近所なのですが、学校から子供たちの元気な声が聞こえるってやっぱりいいですねー!当たり前の音がしないってなんだか寂しいです。

 

さて今回のママスタもレジスタをお届けします。
ゲストは引き続き(株)ナファ生活研究所代表取締役 相田雅彦さん、NPO法人チルドリン代表理事の蒲生美智代さん、レジリエンスカフェプロジェクトリーダー神村咲妃さんです。
ママたちの防災にはヒトやコミュニティのつながりがとても大切。有事の時に頼れるコミュニティつくりを。平時からできるちょっとした心がけを。このレジスタがみなさんのアクションにつながったらうれしいなと思っています。
さぁ今日もみんなでレジっちゃおう!!

前回ご紹介したTAKEFU、チルドリンさんでは防災のツールとして取り入れています。取り入れたきっかけは「おかあさんを感じられるもの、安心」
ではなぜ、TAKEFUに安心を感じるのでしょうか?
「自分の体温が布に伝わる感覚、すっとなじむ感覚、違和感がないということが安心につながるのではないでしょうか?」と相田さんニコニコ。相田さんは終始穏やかで、にこにこされていてこのスタジオだけ時間がゆっくり流れているようでした(笑)

「TAKEFUはもともと白地なので、今後は草木染めや藍染め、刺しゅうなど思いは広がります。」と蒲生さん。
今後いろいろなワークショップを通してママたちのコミュニティ作りにTAKEFUを取り入れていきたいとのこと。

東日本大震災の時は被災地にTAKEFUの肌着や靴下、ガーゼやショールを送り、その柔らかい肌触りがとても喜ばれたそうです。
TAKEFUについて詳しくはチルドリンさんのホームページのお問合せフォームからどうぞ。

レジスタをきかっけにご家族で、お友達同士で、防災のこといっぱいシェアしてくださいね。

☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママとサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)
ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です