レジスタ!vol.9「ママのためのCSCA③」ゲスト:(株)ナファ生活研究所代表取締役 相田雅彦さん&NPO法人チルドリン代表理事 蒲生美智代さん&レジリエンスカフェプロジェクトリーダー神村 咲妃さん


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio200323-takefu01/s-9oQx3

みなさん、こんにちは。なかやまみかです。
土曜日の人形町。桜が6~7分咲きといったところでしょうか。世の中がどんな状況であれ、桜はきれいに咲いています。
先日知り合いからお礼にとお菓子をいただきました。お菓子の上にそっと南天の葉が添えられていました。難を転ずる。言葉だけではない、こんな心づかいのできる大人になりたいなと思いました。
見本になってくれる素敵な大人がいてくれることに感謝。

さて今回のママスタもレジスタをお届けします。
ゲストは(株)ナファ生活研究所代表取締役 相田雅彦さんと、引き続きNPO法人チルドリン代表理事の蒲生美智代さんとレジリエンスカフェプロジェクトリーダー神村咲妃さんです。
ママたちの防災にはヒトやコミュニティのつながりがとても大切。有事の時に頼れるコミュニティつくりを。平時からできるちょっとした心がけを。このレジスタがみなさんのアクションにつながったらうれしいなと思っています。
さぁ今日もみんなでレジっちゃおう!!

今回ご紹介するのはチルドリンさんが防災コミュニティづくりの新ツールとして取り入れている【TAKEFU】です。TAKEFUは漢字で書いたら竹布。そう、竹からできている繊維なんです。竹というと固そうなイメージがありますが、TAKEFUの生地はとてもやわらか、しっとり。
蒲生さんも神村さんも大ファンだそうで、TAKEFU愛が止まらないおしゃべりになりました。

相田さんのTAKEFU誕生秘話について詳しくはOAを是非お聞きください。相田さんの信念が生んだ新素材TAKEFUです。

TAKEFUにはいろいろな効果があるそうですが、蒲生さんが防災ツールとして取り入れた決め手は「おかあさんを感じられるもの」だということ。TAKEFUの柔らかさや、包み込むような感触はお母さんを感じさせ、それは平時から身に着けることで安心につながるというもの。
有事の際にパニックにならない、大切なことです。
有事の際、子供が一人ということもあるでしょう。そんなときおかあさんを感じられるものが身近にあったら心が落ち着くかもしれません。心が落ち着けば冷静な判断ができるかもしれません。

レジスタをきかっけにご家族で、お友達同士で、防災のこといっぱいシェアしてくださいね。

☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママとサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)
ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です