ゲスト:「こどもの病気とこどもの居場所」(後半)NPO法人こどものちから 代表 井上るみ子さん 


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio160829

どーも^^あっこです。
本日のゲストは先週に引き続きNPO法人こどものちから代表の井上るみ子さんです。
rDSCF3909

今週は「こどものちから」の活動をご紹介しています。私も活動にお邪魔させていただきました。場所は築地にある国立がん研究センター中央病院の12階にある小児病棟の待合室です。
rこどものちから-7205 rこどものちから-7206 rこどものちから-7201 rこどものちから-7202 rこどものちから-7203 rこどものちから-7199
お邪魔したこの日は、手術を控えている女の子のご家族が訪れていました。待合室にあるおもちゃで遊びながら、最近夜泣きが多いことやゆっくりと食事ができないことなど、日々感じたことをお母さんが話してくださいました。治療のことで気持ちの整理がつかないときに、ゆっくりと日々の出来事を話せる場はとても貴重だなと感じました。こどもも親も、ここに来ると何か認めてもらえるような、そんな空気が流れていました。活動されている方々はみなさんボランティアで集まり、中には「第二の子育てをしているようだ」と話してくださる方もいました。

私自身、長い闘病生活を経験したことがなく、初めて知ることも多くて、こんな私が活動に参加して良いものかと躊躇しました。でも、待合室には笑い声が響いていました。一緒にその場に居れることが幸せでした。こどもの成長をみんなで見守りながら喜び、おもちゃで遊ぶ子どもたちのひとつひとつの行動に嬉しさが詰まっている。大切にしたいとみんなが思える場所でした。「こどものちから」ではボランティアさんを募集しています。病気で孤独を感じる兄弟が少なくなるよう、より長い時間を支えていきたいので、どうぞご協力ください!

るみ子さん!ありがとうございました!!
rDSCF3868
次週は秋のパパスタスペシャルをお届けします(^^♪
ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です