2011年3月テーマ:「産後のカラダ」~後半~

Play

アッコです。

地震発生から10日が経ちます。
まずは、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

10日経っても、まだ安否情報が足りないという現状にやきもきしています。
情報を早く届けてあげてほしい。
津波の悲惨な現状を報道するのではなく、
避難所に貼られてある安否情報のメモをずっと読み上げていってもよいのではないか?
どこかの機関が代表して情報を集約してもいいのではないか?
と悶々として、全国放送を見てしまいます。

被災地ではより細かい情報を発信しようと、コミュニティFMががんばって放送していると聴きます。
ラジオだからできることも沢山ある。コミュニティFMにたずさわる身として今すぐにでも飛んでいって
お手伝いしたいって思います。
でも、いまは自分ができることは募金と節電。

今こそ、自分に出来ることを、みんなで力を合わせてやりましょう!
ひとりのちからは微力かもしれないけど、無力ではない!

がんばろう日本!がんばろう東北!

今月はアッコがお伝えする最後のママスタです♪
テーマは「産後のカラダ」
取材に伺ったのは、明石町にある「聖路加産科クリニック」

以前はマタニティヨガを取材させていただきました!
今回はマドレボニータ産前産後クラスに潜入!アッコも体験してきました~☆
 
赤ちゃんを抱っこしながら、バランスボール♪
赤ちゃんも心地よいのか、寝てしまう子も。

 

マドレボニータとはスペイン語で「美しい母」ということば。
実は、わたし産後うつだったころ、このマドレボニータの記事を見て復活できたのです。
そのとき初めて知った”産後うつ”という病気。
そしてそこには、愚痴になるからと誰にも言えず心の奥底に隠していた思いと同じことを
赤裸々につづってありました。
心救われた瞬間でした。

マドレボニータのお教室では「美しい母が増えれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに
子育ての導入期という不安定な時期にある女性の体と健康をサポートしています。

詳しいことを、NPO法人マドレボニータ理事で
産後セルフケアインストラクターの吉田紫磨子先生に伺いました。
(以降、吉田先生=吉、アッコ=ア)

Q.まず、聖路加産科クリニックでのお教室内容を教えてください。

吉:妊娠12週以降の方、出産後の方を中心に行っています。
妊婦さんは安産するための体作り、産後の方は出産後のカラダのダメージをリハビリするための
エクササイズをお伝えしています。

ア:今日は臨月という妊婦さんがいましたね!

吉:そうなんです。今日は予定日を過ぎた妊婦さんがいらっしゃって
助産師さんが早く生まれるよう弾んできなさい!と送り出してくれたようです(笑)

ア:すっぽんと安産で生まれるといいですよね~。

Q.吉田先生のご紹介

ア:お子様は何人ぐらい・・?

吉:8歳・4歳・1歳のこどもがいます。

ア:おお~!ということは産後まだ間もないですね。
おいくつのときに出産されたのですか?年齢がばれちゃうかも知れませんが。。

吉:ははは。別にいいですよ~。
今39歳で、3人目は38歳のときに出産しました。

Q.産後のカラダで悩まれたことは・・?

吉:はい!すっごいありました!
カラダのみならず心も病んで、産後ウツになりました。
それがきっかけとなって、こういうお教室を開きたいと思いました。
 

Q.マドレボニータを実践されて、カラダはどのように変わりましたか?

吉:私の場合はうつ症状がだいぶ進んでいたので、体にかなり症状が現れていたのですが
まず、体が元気になりました。
体が元気になると、もっと赤ちゃんがかわいく思えました。
気持ちの変化までありましたね。

ア:わかります。
ママの体に元気がないと、赤ちゃんに泣かれるとかわいく思えなかったり・・。
そんな自分が嫌になったり・・。
産後の体のケアってとっても大切なんですね。

吉:出産までは体のケアの大切さはわかっていて検診などにはよく行くわけですが
産後もとっても大切なんですよね。出産でかなりのダメージを受けていて
その体で子育てをすぐに始めなければならないんですよね。
しかも産後は出産した興奮で、私は”産後ハイ”とよんでいるんですけど、興奮してる状態にあるんです。
そのため、体の痛みに気づかないままに生活してしまっていると・・・

ア:産後って赤ちゃんばかりに注目が行き、ママのSOSに気づいてもらえなかったりして
孤独感があったりしますよね。

吉:しかも、それを口にしてはならないような風潮があったり・・。
おめでとう~幸せだよねの雰囲気の中で、実は~って言えないですよね。
でも、ちゃんと産後1ヶ月休むということは大切なんです!
赤ちゃんが生まれて孤独じゃないはずなのに、大人と喋る機会が少なくなって孤独な気持ちになる
ってことありますよね。
マドレボニータの教室ではワークという教室があって、ママたちはいい表情で堰を切ったようにおしゃべりして
言葉が溢れている感じです。

Q.メッセージを!
吉:出産は人生の中で一番ダイナミックに変化するときです。
だからこそ、この時期に自分のからだに目を向けて欲しいです。
赤ちゃんがかわいいだけじゃなく、それ以上の喜びがあると思います☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東北地方太平洋沖地震では、被災地で新しい命も誕生しています。
過酷な状況の中で産まれ、ママの苦労は計り知れないですが、
ひとりじゃない!!
ぜひとも、ママ自身のからだを労わり、愛情をたっぷりと注いで子育てしていただきたいです!!

さて新年度からも、もちろん続きます♪ママスタ!
私アッコは修行にでます!が、戻り次第、またママスタで取材に出かけるかと思いますので
末永~~~~~~~いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします♪

posted by アッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です