2010年6月テーマ「ワーク・ライフ・バランス」~後半~

Play

ど~も!アッコです♪
先日、田舎から母が来ていました。
孫を見るのは1年ぶり。その頃は・・
お兄ちゃんはおしゃべり上手になってきたところで、弟はよちよち歩き。
ところが。。今ではだんご状(笑)になって兄弟喧嘩している始末。
その姿をみて目が点に・・。
 
でも、いつの間にか仲良し~。
大人になってしまった私には、その技がうらやましくて仕方ありません。

さてさて、「ワークライフバランス」~後半~行ってみましょ~。

今月は、第1回中央区ワーク・ライフ・バランス推進企業に認定された
株式会社ダンクソフトさんに取材に行ってきました♪

前半では、会社のご紹介をお届けしましたが、後半では
実際にインターネットをつないでテレビ電話式?インタビューを行いましたので
その様子をお伝えしましょう~♪
  

ドラマなどでしか見たことがない、遠隔会議。
イメージでは、遠くの会社と遠くの会社をつなぎ会議する。
出張の手間も省け、とっても便利♪というもの。
機械オンチな私には、ITとワークライフバランス・・・ピンときませんでした(汗)

でも、実際にその様子を間近で見させていただき、衝撃が走りました。
今回の遠隔会議は会社と家をつないでいるわけで、
より、実用的というか日常的というか・・
無理なく仕事をされている!という感じでした。
ITとワークライフバランスが、こんなにもスムーズにつながるなんてっ!!!

まさに「ITが働くママを救う!」です♪

ダンクソフトさんでは、このように在宅でお仕事ができる環境が整っています。
お話を伺ったのは、中香織さん。
入社して7年目で、主にデザインを担当されています。
一緒に抱っこされて映っているのは、蔵之介くん、2歳。
(お昼寝のところ、おこしちゃいました~。ごめんね~蔵之介くん。)

中さんは、今年の4月に仕事復帰する予定でしたが、
蔵之介くんを保育園に入れることができず、待機児童となり断念。
子育てをしながら、在宅ワークされています。
ご自宅は神奈川県藤沢市。
通勤時間もかかるし、小さいわが子のことを思うと
今の形で働けることにとても感謝していますとのことでした。

もちろん、中さんからすれば、出産前の仕事量に比べれば
少なくなるし、会社に甘えているのでは?という葛藤もあるでしょうが
理解ある環境で仕事が出来るのは、
結果的に仕事の効率アップにつながるのでは?とも思いました。

また、やっぱり、顔を見ておしゃべりできるっていいですね~。
ITが普及し、メールを使えば意見交換もできて、事足りる仕事もあるでしょうが
無機質な中での仕事は、アイデアに欠けます。

それでは、株式会社ダンクソフト代表取締役、C.E.Oデジタルアーキテクトの
星野晃一郎さんに、ひきつづきお話を伺いましょう♪

☆会社内でワークライフバランスの取り組みを活用されている人は?☆
育児休暇1人(男性の育児休暇は昨年1人)
在宅勤務1人
時間短縮勤務を活用し子育て中の男性社員 数名
リフレッシュ休暇(6ヶ月)1人
有給を利用しての2週間程度の長期休暇 数名

ここまでくると・・・仕事の概念が変わります。
私が会社員だったころは、長期休暇なんて考えさえ持っちゃいけないんだわ
という雰囲気でしたし、それが当たり前でした。

☆ワークライフバランスを取り入れて、会社内の雰囲気は変わりましたか?☆
他の取り組みもセットですが、社内がきれいになり、効率も良くなったと思います。
また、伊豆高原にデザインセンターを設立、自然環境の中で仕事を行える
サテライトオフィスもあります。

☆最後にメッセージを☆
ヨーロッパの週40時間勤務を切るレベルには一気にいかないでしょうけど
日本も効率よく働いて家庭を大切にするという
お金以外の豊かさを求める方向に急激にシフトしています。
ITを利用して、無駄・無理・ムラを無くして
楽しく仕事をしていただきたい。
そういう時間を大切にされるみなさんのお役に立てるよう、あるいは
常に見本になれるような会社でありたいと思っています。

「Love your life,love your time」-時間は人生のために-

ダンクソフトさんの企業理念です。
仕事を人生という大きなスパンの中で考えたとき
時間の大切さをどのように感じ、それをどう活かすのか。
考えさせられました。
まさに理念を社員一丸で貫き通している会社でした。

星野社長!!お忙しいところ、ありがとうございました!

★☆収録後記★☆

~中山美佳さん~
私自身は、翼が大きくなってもう少し手が離れたら働きたいと思って【は】いました。
ただ漠然と・・・。でも実際に働くとしたら家事と仕事と育児を両立出来る、
自信ナシです。
そんなヘタレなワタシに一筋の光が☆
今回紹介された企業を始め、いろいろなサポート体制を持つ企業サンって
けっこうあるんですねぇ。びっくりしました。
ただ、企業の努力におんぶに抱っこという気持ちではダメですよね。勿論。
まずは家族の協力と働くママ自身の意識が両立のキホン??なのかな。
家事と仕事と育児を両立してきた母に改めて尊敬の念を抱いた
美佳ママなのでした・・・。

~大上久美子さん~
 初めての収録、しかもテーマが「ワークライフバランス」・・・・???
始まるまではドキドキでしたが、とてもアットホームな雰囲気で
いつの間にやら好き勝手におしゃべり。
出産後は子育てに奮闘するのみで、仕事をするなんて全く眼中にありませんでした。
が、テーマについて考え、他のママさんのお話を伺ううちに、
仕事と家庭、子育ての両立ができたら今より更に充実した日々が過ごせるのでは!
と急に社会復帰に対して前向きな気持ちになりました。
自分でも驚きです(笑)。
先日、中央区から届いた世論調査の中にも
「ワークライフバランスを知っていますか?」という質問が。
このテーマ、近年のキーポイントになっているんだわ!と改めて感じました。
よきママ・よき妻で仕事もこなせるカッコいい女性になれたら・・・なんて、
夢が膨らみます。

~田中千佳さん~
先日はありがとうございました!初めてのラジオ収録と初めて耳にした
「ワークライフバランス」というテーマが難しそうで
収録当日までは、ちゃんと番組になるのか不安でした。
(しゃべれなくて放送事故!?にならないかと心配でした)
でも、翼くんママの上手な進行と、和気あいあいした雰囲気で、
あっという間に終わった感じ。
楽しかったです。
また、今まではあまり興味のなかった、育児と仕事の両立について
考えるきっかけとなりました。参加して良かったデス!

~原真由子さん~
暫く育児中心の生活だった私が、初めてのラジオ収録という経験を!
新鮮で楽しく、親子&友人とのよい記念になりました。
頭から「子供がいて働くのは厳しい」と思っていましたが、
そんなお母さん達の為に、よい環境を準備して下さっている会社が
増えてきているんですね。
まだ先の話しですが、新しく踏み出す1歩に勇気が持てました。
今回はどうもありがとうございました。 
楽しい収録でした。良い刺激をありがとうございました!!

ママサポのみなさま!
ご協力ありがとうございました~!
また、ぜひ、スタジオで熱く語ってくださいね~。

次回7月のテーマは「母乳とミルク」でお届けしま~す(^^)

posted by アッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です