「10月はピンクリボン月間です~後編」ゲスト:若年性乳がんサポートコミュニティ ピンクリング西日本支部代表 井上裕香子さん

https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio210913-02/s-HpAlsAns3JV

みなさん、こんにちは。なかやまみかです。
なんだか毎日ぐずぐずしたお天気で、気分もスッキリしません。お洗濯も干していいのか?毎日スマホのお天気アプリを眺めるばかり。先日は学校帰りの息子から「雨がすごくて帰れないから傘持って駅まで迎えに来て!」とSOSが。傘を片手に駅まで行ってみるとそこには同じように救助を待つ人たちがたくさん💦バケツをひっくり返したような…というのはまさにといった雨でした。さて、いつまで続くのでしょう?このぐずぐず。残暑も来るって言ったっきりなんですけど。ほんとに来るのかな?このまましれーっと秋になっちゃう気がしなくもないですが。このお天気のおかげで葉野菜が高騰していますね。困ったものです。この間なんて某スーパーでレタスが498円でしたよ。庶民にはなかなかのお値段です💦我が家がレタスを買える日はいつ??

さて、今回のママスタ♪は前回に引き続き10月のピンクリボン月間を前に乳がんについて、若年性乳がんサポートコミュニティ ピンクリング西日本支部代表 井上裕香子さんにお話を伺っています。
ピンクリングは〝若年性乳がん体験者のための患者支援団体〟として、体験者と医療者が協働で運営し、活動しています。詳しくは前回の放送を是非お聞きくださいね。

ピンクリングが若年性乳がんに特化するのはなぜなのでしょうか?若年性だからこその悩みは多岐にわたり、大きくは医学的問題と社会的問題に分けられます。医学的問題には妊娠・出産・遺伝性・乳房の再建など。社会的問題には就労・治療費などの経済・医療資源などがあります。治療しながら妊娠・出産をどう考えるか?そこには適切かつ正確な情報と自身の大きな選択が求められます。妊娠・出産を希望するのか?希望した場合、それは可能なのか?どんな選択肢があるのか?がん告知を受けてパニックになりそうな心を抱えるなか、正確な情報を調べ、集め、精査し、決断する…できるでしょうか?

私の母は46歳で乳がんに罹患しました。検査結果を聞きに行ったつもりが、まさかのがん告知となり…。病院からの帰り道、運転する車から見えた最初の景色が家のすぐ近く!!そこまでどうやって運転してきたのか、病院で会計したことすら全く覚えていなかったそうです。

ピンクリングでは同じような経験をした先輩の体験談や、仲間との意見交換の場であるオンラインおしゃべり会を毎月開催しています。ウィッグの話や下着の話など今欲しい、すぐに役立つ情報交換もされているそうです。
井上さんは「乳がんはいま9人に1人の女性が罹患すると言われています。他人事と思わずに罹患する前から正確な情報に触れておくことがとても大切だと思います。それと、早期発見も大切ですね。是非、乳がん検診に行って欲しいなと思います。」と話してくれました。

おしゃべり会について詳しくはピンクリングのホームページでご確認ください。

中央区の乳がん検診は36歳以上の偶数歳の方が無料検診の対象になっています。奇数歳でも昨年検診を受けていない方は対象になりますので是非お問合せください。今年の乳がん検診は年内12/28までの期限になっています。対象の方にはすでに受診券が発送されています。失くしてしまったかも?という方もお問合せください。
お問い合わせは健康福祉部 管理課 保健係 03-3546-5397 までどうぞ。

是非この機会に乳がん検診、行ってみませんか?
パパはママに「検診行ってきたら?」と声をかけてみてはいかがですか?
ママはつい自分のことは後回しにしがちですよね。でも家族のためにも検診、行きませんか?

☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)
ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です