取材:365日親子で遊びをクリエイトする「原っぱ大学」(前編)


https://soundcloud.com/fm840jp/mamastudio160404
こちらをクリックするとお聴きいただけます↑

どーも!あっこです。
今回は中央区から飛び出し、逗子の山に取材に行ってきましたよー♪区内在勤の方でお住まいは区外の自然多い土地という方も多いですよね。アスファルトジャングルに居ると、大人も子どもも自然を求めたくなります。
取材したのは遊びを自分で作る親子になる365日間の遊びの場を提供されている原っぱ大学さんです♪
_MG_1429IMG_2661_MG_13810001_originalIMG_2702

実は我が家は昨年の夏から逗子に通っています。私が原っぱ大学に行くようになった理由は、こどもたちを思いっきり遊ばせてあげたい!!!そんな思いからでした。小さなアパートに住んでいる我が家は、家に帰れば「どたばた走らない・大きな声出さない・ソファーからジャンプしない」などなど、やっちゃいけないことのオンパレード。私自身は田舎で育ったので、そんな注意を受けたことがないだけに、注意する私もかなりのストレス。男の子だからこそ、ゲームじゃなくお友達と遊びをクリエイトして欲しいな~と常々思ってました。そんな時に出会ったのが原っぱ大学でした。我が家は1期生。逗子の手付かずの山の中、昨年の夏から秘密基地を作ったり、泥んこ滑り台で泥だらけになったり、五右衛門風呂に入ったりと、自分で遊ぶことを生み出し、自由に作り、豊かな時間を過ごしてきました。
IMG_2645

今回は参加者さんにインタビューをさせてもらったのですが、「私は田舎育ちで~」という方も多く、共感できることも多々ありました。やっぱり子どもには自然豊かな遊び場で思いっきり遊んで欲しい!!とか言いながらも、インタビューしたお父さん、お母さんのほとんどの方が、子ども以上に楽しまれているのも面白い光景でした(笑)
_MG_1342
原っぱ大学はガクチョーの塚越暁さんと子育て経験豊富なお父さん、お母さんスタッフさんなどで構成されています。いろんなお話をしながら、焚き火を作ったり、料理をしたり、小屋作りをしたり、と、とっても濃くて豊かな時間が過ごせます。
IMG_2667
(ガクチョーと一緒に撮影♪撮影者は、原っぱ大学でおなじみの小学生カメラマンのちーちゃん☆)

インタビューの中で、塚越ガクチョーが「遊ばせるではなく、遊ぶ」について語ってくれましたが、どきっとしちゃいました。自分の中に遊ばせる感覚がどこかにあったなあと。。。(笑)遊びって与えられるものじゃないほうがいいですよね。子ども達自身に見つける楽しさを味わって欲しいって思います。

次週も原っぱ大学についてお届けします~☆
原っぱ大学
☆ママスタでは皆さんからのメッセージをお待ちしておりま~す☆
番組へのご意見・ご感想やこんなテーマ取り上げて!私もママサポとして番組に出たいっ!
(グループも歓迎♪) などなどコチラまでお寄せください。
お子さんへメッセージを贈ってみませんか?ママスタがお手伝いします。
記念日やお誕生日などラジオを通してママからのメッセージを是非どうぞ。
すべての宛先はコチラまで。
FAX:03-5542-1917
Mail:voice★fm840.jp (★は@に置き換えてね!)

ママスタはママみんながつくる番組です。みなさんの参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です