2011年1月テーマ:「子育てと住まい」~後半~

Play

ど~も!アッコです♪
先日「小鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド」を購入しました~!
鉄道が見えるお散歩スポットや公園などを紹介している本です。
電車大好きのオチビふたり。
まいど「この電車は何?」と聞かれ、適当に答えると・・
「違うよ!これは○△□だよ」と。。。
知ってるんなら聞くなよ~とちょっと思いつつ、ダメだしくらってます(笑)
その本にあったタイヤ公園に行ってきました!
電車を見ながら遊べます~。
 

今月のテーマは「子育てと住まい」
前半ではママさんミーティングの様子をお伝えしました~!
ママサポのみなさま

中山美佳さん&翼くん
近藤久美さん&朱莉ちゃん
田中詩子さん&薫ちゃん

住宅選びのポイントとして
・間取り
・交通の便(特にパパにとって仕事がしやすい環境)
・家賃

子育てが始まると、この3つが一番気になるところのようです。

今回のインタビューはお電話で伺いました!
本社が茅場町にある山万株式会社のマンション事業部谷早奈江さんに伺いました♪

みなさんは、ユーカリが丘ってご存知ですか?
山万さんの本社前に「働くママに優しい街」というキャッチフレーズがあり
私は食いつくように見ていました(笑)

どんな街なんだろう?
そんな思いで、パパとおチビちゃんを連れてユーカリが丘に遊びに行きました。
まさにキャッチコピー通りの街がそこにはありました!
働くママにとっては・・・
・家から、または駅から保育園が近い
・買い物がしやすい
・安全である
この3つがあれば、とても働きやすいなと思いますが、それがすべて揃っているんですよね~。
ユーカリが丘には夏に遊びに行ったのですが、なんと!カブトムシがいました。
子どもにとっては自然が広がり、都会に居ながら自然をも感じられるとあって
「いいところだな~」と思ったのが感想です。

谷さんのお話では、ザリガニもいるそうです!(笑)

というのも、ユーカリが丘のまちづくりには「日本一豊かなまち」を創りたいという思いが詰まっています。
街の開発やマンションの分譲と聞くと、
山を削り、短期で売りに出すというイメージがありますが
ユーカリが丘は40年をかけて、じっくりと、今も尚、まちづくりを進めています。
年間200戸づつしか販売していないのも、
里山を大切にし、一気に環境が変わらないように配慮されているからです。
一度に大量分譲してしまうと、同じ年代の人ばかりが集う街になり
高齢化問題が出てきたりします。
様々な年代の方の交流も、大切な街の財産として考えているのです。
ここに住みたい!というご年配の方も大変多いようです。

人と自然を結ぶ家。
そんなまちです♪

詳しくは↓ブログ下のインタビューをお聴きください♪
 

 

posted by アッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です