ウィークリー声の架け橋 第339回目

今回の老舗巡りは皆さんご存知、鰹節の「にんべん」にお邪魔してきました。

お話を伺ったのは、日本橋本店 店長の大場さん。
1699年創業、来年で320年を迎える老舗です。伊勢出身の創業者が江戸に進出、日本橋のたもとで鰹節を売っていたのがお店のはじまり。

現在でも、鰹節そのもの(かたまり)を販売中。もちろん購入する方もいらっしゃるそうで、本店では鰹節削り体験も行っています。
“にんべん”という名前の秘密、鰹節ができるまでの期間どんな工程をたどるのかなど詳しくお話を伺いました!取材のご協力ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です