ウィークリー声の架け橋 第290回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。
区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。
あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。
番組の内容は毎週水曜日に更新します。
放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、
2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。
3回目は午後9時40分から午後10時までです。
土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、
2回目が午後3時から午後3時20分まで、
3回目が午後9時40分から午後10時までです。

皆さんこんにちは!
リポーターのすずきももこです。
今回私がリポートしたのは…
「第14回 子どもとためす環境まつり」です!

このイベントは、毎年中央区内の小学校で開催されているそうで、
今年は有馬小学校で開催されていました。

風船などで可愛く飾り付けられた校内からは、
子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきていましたよ!

そんな「子どもとためす環境まつり」について
まずは実行委員長の則武孝政さんにお話を伺いました。

地域の子供たちへ対する思いや、イベントへの情熱が
言葉からとても伝わってきました!

そして次に
中央区環境保全ネットワークの代表である、伊藤美智子さんにお話を伺いました。
伊藤さんにお聞きしたのは「サーモンプロジェクト」について!

サケが、生まれた川に戻ってくることに因み名づけられたプロジェクト名。

中央区の子供たちも大人になり、一度中央区を離れてしまっても
いつか地元に戻り、地域を活性化させてくれることを願い活動を行っているそうです!

サーモンプロジェクトに参加している子供たちにお話を聞きに、体育館へ。
参加者の印であるピンク色のTシャツを着た子供たちの、
いきいきと楽しそうな姿が、とても印象的でしたよ。

中には、小学生の頃に参加したことがきっかけで、
ボランティアスタッフを志願した中学生の女の子もいました。

これからも、たくさんの子供たちが羽ばたき、
そして、大人になったら中央区を盛り上げていってくれることを期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です