ウィークリー声の架け橋 第272回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。
区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。
あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。
番組の内容は毎週水曜日に更新します。
放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、
2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。
3回目は午後9時40分から午後10時までです。
土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、
2回目が午後3時から午後3時20分まで、
3回目が午後9時40分から午後10時までです。

皆さんこんにちは。
リポーターの新宮志歩です。

6月2週目の声の架け橋は、老舗めぐり。
今回は大伝馬町にある刷毛屋「江戸屋」を取材してきました。

お話を伺ったのは、代表取締役の浜田さんです。

創業299年、来年300年を迎える老舗中の老舗。
創業当時は大奥の皆さんの化粧刷毛や絵師の刷毛としても
使われていたそうです。

その形は今も変わらず残っていて、
歌舞伎役者や芸者さん、またメイクさんなども化粧刷毛・髪ブラシなど
使っている方も多いそうですよ。

刷毛の種類は約3000種類。
染色用刷毛、化粧刷毛、漆を塗る刷毛、塗装など・・・
刷毛といっても様々な用途があり、毛の種類も様々。

ちなみに人の毛が刷毛として使われているものもあり、
私もダメージを受けていない黒髪で良い刷毛になる!と
浜田さんからお褒めの言葉をいただきました。

旧奥州街道であった江戸屋がある大伝馬町の通り。
当時は一番の繁華街だったそうですよ。

江戸屋のように当時から残っているお店も中には存在しています。
ぜひお出かけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です